いのちの写真と光の言葉
祈り
2010-09-23 Thu 01:59
                                              『満月』
満月ーmoon-05_10
  写真をクリックすると、1024サイズの大きな画像でご覧になれます。
  ぜひ大きな画像でご覧ください。↑click
 


『祈り』       

昨日のコメント欄に「祈り」について次のような書き込みがあった。

「私は祈りをしますが、周りの人、出会った人、キリがないですよね。
そう、先祖供養と一緒な感じです。
おまけに、なんて祈っていいかわからなくなる。
病気が治るように?とか、いい方向へ行くように?とか、幸せになります
ようにとか、勝手ですよね?
私自身が、その方が幸せではないとか、病気が悲しいとかの判断をして
メッセージを送っている気分になります。
これって、本当の祈りなのでしょうか。
私の外に出すと、なぜか自我になってしまいます。
私自身が『祈り』になればよいのかな?
でも祈りの本当の意味がまだわかりません。

祈りって、外に出してしまうと、叶わないと思う気持ちもうまれます~。
『まだ祈りがたりない』と、欠乏しているように感じる。
祈りに操られている。
日記の偶像崇拝と一緒のような気がします。
外に祈るより、この前のホームワークみたいに、イメージ現実化やった方が
よいかもですか?

私は、昔は祈りを馬鹿にしてましたが、病気になって周りの悲惨(と決め込ん
でしまった)人達を見て祈りが復活しました。
でも、途中で、不幸な人に祈るなんて嫌じゃ~!!とキレてしまいました。
『誰が不幸って決めてるんじゃ、ご飯が食べれなければ?事故が重なれば?
病気が重なれば?だまされ続ければ不幸?』
そう、不幸って決めていたのは私だったです。
自我を満たす祈りをしていた気がします。

祈りという言葉さえいらなくなる、祈る主体がなくなるなんて!
全てを抱き参らせている時でしょうか?

愛の中のエネルギーのひとつなのかなあ?
愛っていうのは、自分がどのエネルギーが相手に必要っかなあって判断しない
時、自然に流れていくものなのかなあ。
私が今までやってきたことは、小さい愛だったのかな。
相手が苦しそうだから、励まそう、悲しそうだから同調しようとしていた私。
おまけに、その人をそんな苦しめた相手をひどいって言ったりして。
判断の先に出たエネルギーで包もうとしてましたが。
それを越えた愛、その愛の種類でしょうか。
愛が溢れるようになる自分に出会えば、わかってくるかな。
まだ出し惜しみしてるのかな。
自我様の砦で。」

祈りとは何だろう?
人はどんな時に祈るのだろうか。
自分ではどうにもならない時?
何かの助けがほしい時?
なんとかしてほしい時?

子供が病気の時?
悲惨な現実を目の当たりにした時?
死が避けられない時?
苦しみが増す時?
心理的に耐えられない時?

現状をなんとか変えたい時に、人は祈るのだろうか。
現状を認められない時に、人は祈るのだろうか。
現状を見るに耐えないので、人は祈るのだろうか。
現実逃避?

人は何に対して祈るのだろうか。
神に祈る?
どんな神に?
自分が信じる神に?
仏に祈る?
どんな仏に?
御利益のありそうな仏に?
天使に祈る?
守護霊に祈る?
御先祖様に祈る?
祈りがかなえば、感謝する?
お礼参りする?
かなわなかったら?
もう信じない?
神も仏もない?

必死の祈りが実現したという話は、たまに聞く。
自分の命と引き替えに子供の命をお守りくださいという母の必死の祈りは、
聞き届けられることもある。
しかし、いつも聞き届けられるとは限らない。
子供が自ら死を選べば、母親の願いは虚しく消えるしかない。
子供にとっては、それで十分。
母親も子供を亡くした体験を今生ではすると潜在意識で決めている場合もある。
悲惨な現実が、必ずしも悪いということではない。
必要があって、そのような現実を引き起こしている場合もある。

交通事故によって、これまでの生き方を見直す機会に恵まれる。
重病になって、生きていることのすばらしさに目覚める。
障害児が生まれることによって、何が大切なのかに気づく。
一般的に悪いと思われていることが、必ずしも悪いわけではない。
現象の利害得失だけでは推し量れないものがある。

「人生万事塞翁が馬」という諺もある。
何が吉となるかわからない。
表面の浅はかな気持で判断すると、大きな過ちを犯すこともあり得る。

ただ事実と共に留まる。
事実と一緒にいる。
事実を直視する。
事実から逃げない。
事実と居切る。

相手は苦しいだろう。
早く楽になってほしい。
楽にしてくださいと祈る。
それも悪くはない。
でも、もう少し深く相手と一緒にいることはできないだろうか。
どうしてこんなに苦しんでいるのか。
もっと深く感じることはできないだろうか。
相手と一緒に居切ることによって、相手の状態を更に深く感じることはできない
だろうか。

本当に相手と一緒に居切れたら、相手の状態が手に取るようにわかる。
それと同時に、こちらから相手へエネルギーが流れる。
何もしなくても、一緒にいるだけでエネルギーが流れる。
祈るまでもなく・・・

祈りには、願いがある。
その願いはどこから来るのだろう?
自分の願望?
愛?

愛自体には方向性はない。
相手と一緒にいれば、自然に相手に流れる。
何もしなくても相手と一緒にいることによって、愛の方向性が決まる。
愛のエネルギーは癒し。
無条件の癒し。
何の願望もない。
自我の入る余地はない。
ただ純粋な愛が流れるだけ。

本当に深く人と居切れるだろうか。
自分の思いの混じらない純粋な愛が流れるほど、相手と一緒に居切れるだろうか。
目の前の現象に目を背(そむ)けないで、その現象と共に居切れるだろうか。
目の前の事実から逃げないで、事実と共に居切れるだろうか。
どんな悲惨な現実でも、どんな苦しい状況でも、それらと共に居切ることができるだ
ろうか。

安易な祈りに逃げないで、事実と共に居切る。
それができるだろうか。
できれば、人生が変わるかもしれない。
思いの次元から自由になれるかもしれない。

思いを超え、ただ静かに一緒にいる。
深い深い静けさの中で、共にある。
その時、思いを超えた次元から別のエネルギーが届く。
その時、必要であれば必要な変化が起きる。
自我の判断を超えた変化が・・・

自我で判断し、祈る。
一歩間違うと、欲望の祈りとなる危険を孕(はら)んでいる。
もし祈るのならば、自分自身をよーく見つめながら祈るといい。
それが意識のどのレベルから来ている祈りか・・・
自我ではないという思い込みに注意しながら・・・

できるだけ相手を尊重する。
相手の存在を、そのまま尊重する。
自分の希望を押しつけない。
自分の祈りを押しつけない。
相手の生き方を尊重する。

ただ相手と一緒にいる。
ただ事態と一緒にいる。
その時、どれだけ深く一緒にいられるかが問われる。
どれだけ意識の深いレベルで一緒にいられるか。
意識のどの次元で生きているか。
日々の生き方が問われる。

思いを超えた次元で、ただ一緒にいる。
いかなる思いもなく、ただ一緒にいる。
共に苦しみ、共に泣く。
ただ涙がこぼれる。
苦しんではいない。
泣いてもいない。
ただ涙がこぼれるだけ。

色の世界の苦しみや悲しみと共にいる。
空の世界の、それらを超えた次元と共にいる。
共に苦しみ、共に悲しみ、それらを見守る。
苦しみや悲しみの心は伝わる。
それは涙となって頬を伝う。
それでも静かに見守る。
ただ見守る。
思いを超えて見守る。


『人類の 非苦の事実を 逃げないで 思いの次元 超えて見守る』

『現象に 囚われないで その奥の 深い意識を 静かに見守る』

『必要な 変化はすべて 本人が 自分で決める 応援するだけ』

『縁のある 一人一人の 生き方を ただただ静かに 黙って見守る』
               
                   >>日記 無色透明 『437日目 - 祈り』 より

      
  人気ブログランキングへ  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧ください。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

      
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<地獄 | いのちの島=屋久島 | 観音菩薩>>
この記事のコメント
出来ていなかったなあ・・・
>できるだけ相手を尊重する。
>相手の存在を、そのまま尊重する。
>自分の希望を押しつけない。
>自分の祈りを押しつけない。
>相手の生き方を尊重する。

介護でお世話させていただいてた雇い主。
知的な方だっただけに、
目が見えなくなったことや、
時に思考が混乱することを受け入れられず無理難題を言い出す。
それに振り回されて疲れ果ててヒステリー状態になってしまった私。

相手を理解してたつもりになってたけれど、
相手をそのまま尊重できなかった・・・
つい希望や祈りを押し付けようとしていた。

生意気にも、
父親のような相手に現状を受け入れるようお説教までぶった。
自分が楽になりたいためだった。
相手の苦悩に付き合いきれなかった。

この仕事を辞めるようになって、
自分が背負うことで無くなるととても気楽になり、
見えてきたことがある。

>ただ見守る。
>思いを超えて見守る。

出来ていなかったなあ・・・

無理難題に振り回されただけだった。
結局、自分自身も見守れてなかった。

でも、変化はいいね。
澱みが出来ていた私のこころ。
今ならやり直せるかも・・・と気付いた時は、
もう速い流れに流されていた。

いつも、
出来ていなかったというワラを掴んで、
流れを泳いでいくわけですね。



2010-09-24 Fri 05:10 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

その状況のさなかにいると、見えないことってあるんですよね。
何事においてもそうなんだけど、目の前の事象から、数歩引いて
見ること、見守ること、目の前のことに精一杯すぎると、どうしても
それができないんですよね。
でも、それが悪いのじゃないですよね。

えっちゃんは精一杯、その時々に良いと思ったことをしたから、
それでいいんですよね。
徒労にだけ終わったのではないと思います。
えっちゃんは、たくさんのことを学んだし、きっと雇い主さんも、
今この意識では自分のことで精一杯でわからないかもしれないけれど、
きっと潜在意識は、いろんなことを受け止めていると思います。

お互いの共同作業なんですよ、きっと。
表面だけ捉えると、苦しく不毛な共同作業のように見えるかもしれないけど、
魂どうしは、お互いを切磋琢磨させあっていたんだと思います。

何もかもが、すべて恩寵だと思いますね。
縁があって、どんな係わりであったとしても、それはきっと、お互いにとって
大切な出会いだったんです。

えっちゃんは、ひとつステージを終えて、またこれから新しいステージに
シフトするんですよ。

2010-09-26 Sun 23:48 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |