いのちの写真と光の言葉
静かに聴き入る
2010-07-13 Tue 06:51
                                            『苔の夢』
苔の夢ーmoss-37_10
  写真をクリックすると、1024サイズの大きな画像でご覧になれます。
  ぜひ大きな画像でご覧ください。↑click
 


『静かに聴き入る』     
  
自分の根底的な願いが明確ではない。
自分が真に望むものがわからない。
私には、私自身の願いすらわからない・・・

昨日の日記に対して、そういうコメントがあった。
それは多くの人の実感かもしれない。

自分自身の真の願いは何だろう?
今生はどんな願いを持って生まれてきたのだろう?

誰かに聞いてもわからない。
チャネリング情報に頼っても、それが本当かどうかわからない。
結局、わからない・・・

今、わからないならば、わからないままでいい。
無理にわかる必要はない。
わかろうと思って、すぐにわかるものでもない。

でも、「自分の真の願いは何だろう?」という疑問は、自分の中で持って
いた方がいい。
それを意識していると、意識していないでは、天と地ほどの差が生じる。
意識していない限り、何も気づくことはない。
まず意識することから、すべてが始まる。
疑問に思っていれば、やがてわかる時が来る。
真剣に求めれば求めるほど、それは早くなる。

絶えず自分自身に問うこと。
「本当は何をしたいの?」
「本当にしたいことは何なの?」

自分の気持ちを聴く。
静かに聴く。
ありのままの正直な気持ちを聴く。
どんな気持ちでもいい。
ありのままの素直な気持ちを聴く。

それは日替わりかもしれない。
気持ちは気分屋かもしれない。
それでも、静かに聴く。
ありのままの正直な気持ちを聴く。
それを気がついた時に、絶えず繰り返す。
そうする中で、徐々に自分の深い気持ちが表面に表れてくる。

良い悪いは一切ない。
ただありのままの気持ちと一緒にいる。
それが正直な自分。
ありのままの素の自分。

それでいいのだ。
ありのままの正直な自分が一番。
それが今の自分。
肩の力を抜いて、楽にありのままに生きればいい。
無理をしないで、見栄をはらないで、ありのままでいい。

絶えず自分の気持ちを聴く。
気づいたら聴く。
何かあったら聴く。
いつも自分の気持ちを聴く。
そうすると自分が落ち着く。
ありのままの自分でいられる。

良いも悪いもない。
優れているも劣っているもない。
正直にありのままの自分の気持ちを聴く。
それしかない。
それしか自分の深みにふれる方法はない。

人に聞いてもわからない。
結局、自分で納得しない限り何も変化は起きない。
自分自身に聴くことだ。
無理をしないで、お金をかけないで、ゆったりと聴けばいい。

自分の中にすべてはある。
すべてがあるのだから、ただそれを聴けばいいだけ。
何も難しいことはない。
ただ、そういうことをしたことがないだけ。
ただ、そういう習慣がないだけ。
だから、新しく始めればいいだけ。

ゆっくり自分自身と一緒にいる。
そして、自分自身の気持ちをよーく感じる。
別にそれを言葉にしなくてもいい。
ただ一緒にいればいい。
それだけでも気持ちは落ち着く。
気持ちが落ち着いたら、更に深い気持ちを感じてみる。
ふと、「何をしたいの?」と聞いてみてもいい。
そして、静かに自分の内に聴き入る。
自分と一緒にいる。

自分と一緒にいることが何よりもすばらしい。
ただ一緒にいる。
何の目的も何の意図もなく、ただ自分と一緒にいる。
自分の気持ちと一緒にいる。
自分の気持ちをよーく聴いてあげる。
何もしなくていい。
ただ自分と一緒にいて、自分の気持ちを感じていれば・・・

静かに、静かに自分と一緒にいる。
静かに、静かに自分自身に聴き入る。
               
                  >>日記 無色透明 『268日目 - 静かに聴き入る』 より

      
  人気ブログランキングへ  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧ください。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

  
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<今ここの意識 | いのちの島=屋久島 | リッチ?>>
この記事のコメント
>それは日替わりかもしれない。
>気持ちは気分屋かもしれない。
>それでも、静かに聴く。
>ありのままの正直な気持ちを聴く。

世界には色んなことがある。
色んなことに夢中な人がいる。
数字と格闘する人。
化石から大昔を再現してみる人。
宇宙を知ろうとする人。
未来を切り開こうとする人。
自然を見つめる人。
自然を楽しむ人。
冒険をする人。
音楽を生み出し奏でる人。
アートを生み出す人・・・・

そういう人々、
地球の素晴らしさ、
宇宙のすばらしさ、
自然の輝き、
生きもの達の不思議。

そういうものを私たちに伝えようとする人・・・・

で、私はどうしたいのか?

私はそういう人々の仕事、
そしてその人を知りたい。
ドキュメンタリーが好きだ。
それに、身の回りの自然を感じたい。

私は知りたい、感じたい・・・、
受動体の私。
私が能動的になるのは、
ごく身近な人に、よかったよって言う位のこと。

役立たずだとしても、
これが私。
ありのままの私。

こんな私にとって、
今の世界は宝の山。
私はなんて豊かな世界にいるんだろう。
色んな人の夢中のおかげで、
私はそのワクワクをお相伴できる。

神様は私のような方かも知れない。
宇宙の、地球のあらゆる興亡、
美しさ、輝き・・・
すべてを愛しく思いながら、
楽しんでおられる。

私は、何と贅沢な事をしているんだろう!!

この贅沢を堪能するあまり、
何をするべきか聞こえてこない・・・。
2010-07-17 Sat 00:34 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

平凡じゃいけないような、そんな感覚ってどこかにあるけれど、
特別も平凡も、そう名前がついているだけで、すべての人が豊かなんですよね。

心が平安なのが、いちばんいいと思います。
たとえ、波乱万丈でも、心は平安。安らいでいる。
そういう心境って、自分に静かに聴き入っていられてこそだと思います。

2010-07-18 Sun 16:11 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |