いのちの写真と光の言葉
木霊の森のリンゴツバキ
2010-04-25 Sun 18:33
                                  『木霊の森のリンゴツバキ』
木霊の森のリンゴツバキーringotubaki_02
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 

     

   これから個の意識と全体の意識が融合する時を迎える。
   個であり全体であるという意識状態になる。
   極微でありながら、極大でもある。

   その時初めて、極微は真に極美となる。
   全体との調和の中で極美の花が開く。
   個々に独立しながらも、全体とも繋がっている。

   今は過渡期。
   断絶から融合への過渡期。
   やがて断絶していた意識がひとつに繋がり、
   個でありながら全体となる。
 
   極大から極微に至り、極美を極める。
   それが霊止(ひと)。

   極大の霊から極微の霊へ。
   極微の霊から極美の霊へ。

   美しい極美の花を咲かせ、
   やがてまた極大へ戻る循環の宇宙。
   人として極美の花を咲かせ、
   極大と繋がり、個であり全体である人生を生きる。

   それが今の課題。
   アクエリアスの時代の人類の課題。  
                       
                        日記 『無色透明』 より


      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
 
関連記事
別窓 | | コメント:0
<<サツマイナモリ | いのちの島=屋久島 | 苔のなかのリンゴツバキ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |