いのちの写真と光の言葉
セッションレポート - 6
2009-10-29 Thu 07:57
                                      『後光のような太陽』
後光のような太陽ー24-mar_09
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F 光のネットワーク より

   セッションレポート - 6

   U 私はそういう感じはしないです。
   F それは我々の想像を遥かに超えているということ?
   U 言葉で・・・う~ん・・・星からの働きかけ・・・それは常に存在していますけれど
     も、それだけじゃない・・・星からの働きかけというのは、磁石みたいな感じで、
     星と星との相性みたいなものもあって、それで、人間のオーラが感応し合うみ  
     たいに星と星とも感応し合うんですよ。
     そういう意味での働きかけというのはあるんですけど、そうじゃない。
     そういう場合は地球もどこかの星に与えてるんですよ。
     でも、そうじゃなくて一方的なもの。あくまで与える側から、もらう側への一方
     通行なんですよ。
   F そういう働きかけがあるんだね。
   U そう。
   F いまの地球に?
   U ええ・・・そう・・・
   F そういう働きかけがある時に、地球の人間はそれを手助けする必要はあるの
     かな?
   U 手助けなんかできないです。
   F できない・・・
   U それに反応する人はするし、反応できない人はできない。
     反応できない人は肉体レベルで勉強することをやるだけだから。
     善悪はないんですよ、それには。
     ・・・意識体がどうしてそういうことをするのかというと、それも愛なんですよね。
     愛というより、愛は意志になるんですよ。愛はもっと強ければ意志になるから
     ・・・意志なんですよね。
   F いま、ここで、T&Fで使っている光というのは何なの?
   U え? T&Fの光?
   F いま、この場で使っている光というのは何なんだろう?
   U この場で使っている光?
   F そう。
   U 古沢さん・・・古沢さんの光?
   F 古沢さんの光なの?
   U 古沢さんを通じて・・・これは古沢さんの光もそうなんですけど・・・いろいろ混じ
     ってるみたい・・・介在している愛からも来ているし・・・地球と行き交っている星
     から来ているものも取っているし・・・ブレンド。
   F ブレンド?
   U ブレンドのほうがいいんですよ。というのは、一つの光だけだと肉体レベルには
     きびしいんですよ。
     それで古沢さんの身体を媒体として通しているのかな。それによってバイブレー
     ションを変えているんですよ。肉体レベルに耐えられる限度に・・・
     そういう意味ではすごいですよね・・・
     だから、古沢さんはいろんな光を利用しているんですよ。 一種類じゃないんです
     よ。 ― そうなんですか。
   F わからない、自分でも・・・
   U でも、勝手に喋ってるんですよ、これ。すごくいやだ。嘘ついてるみたい。
   F いいよ。勝手に喋ってるほうが自分の意識で喋るよりも、よほどいいかもよ。
   U だって、普通はそんなこと言わないもの。
   F いつも言ってないということは、逆に表面意識ではないのかもね。
   U ええ・・・
   F ブレンドしてるのか・・・
   U そういう感じ。

                             ・・・セッションレポート - 7へ続きます
                                       
                    T&F News Letter №14 (1997年6月15日発行) より
                                    >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


     
関連記事
別窓 | | コメント:3
<<コスモス畑 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート - 5>>
この記事のコメント
宇宙のチェスゲーム
子供のころ、
私にこびりついたひとつのイメージ。

地球を取り巻く神々のような存在が・・・・
決して崇高な神のイメージではなくて、
ギリシャ神話の神々のごとく、
好奇心満々の意識の塊のような3,4人の存在が・・・・
地球を取り巻くようにして興じているチェスゲーム。

地球に何か投じては、
その結果どうなるのか楽しんでいるという風景。

地球に対する働きかけ・・・・
私には、愛なのかどうかわからないけど、
その働きかけが、チェスの駒のように思える。

働きかけというのは、
人類を救う救世主たる神の御手ではなく、
地球の存在を楽しんでる宇宙の意識が投じる、
新しい駒、または、抜き取った駒・・・。

宇宙がそうなら、
神々がそうなら、
私も負けずに、この地球生活を、
メいっぱい楽しむしかないね♪
2009-10-29 Thu 16:07 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

お返事遅くなってごめんなさい。
それと、更新がなかなかできなくてごめんなさい。
それなのに毎日のクリック、ありがとう。
えっちゃんにはほんとうに、心から感謝です。

> 地球を取り巻く神々のような存在が・・・・
> 決して崇高な神のイメージではなくて、
> ギリシャ神話の神々のごとく、
> 好奇心満々の意識の塊のような3,4人の存在が・・・・
> 地球を取り巻くようにして興じているチェスゲーム。
>
> 地球に何か投じては、
> その結果どうなるのか楽しんでいるという風景。
>
> 地球に対する働きかけ・・・・
> 私には、愛なのかどうかわからないけど、
> その働きかけが、チェスの駒のように思える。

そのお話、いつ聞いても印象的ですよね。
神様たちは何をしていたのでしょうか・・・

その神々は、ある次元の神さまたちか。
もしくは、私たち一人一人が、神という姿でえっちゃんのビジョンに
現れたのかしら・・・
そうであるとすれば、チェスゲームを楽しんでいるのは、私たち
一人一人。
人生をゲームに見立てて楽しんでいるのかも。
そんなことを思ったりもしました。

> 働きかけというのは、
> 人類を救う救世主たる神の御手ではなく、
> 地球の存在を楽しんでる宇宙の意識が投じる、
> 新しい駒、または、抜き取った駒・・・。
>
> 宇宙がそうなら、
> 神々がそうなら、
> 私も負けずに、この地球生活を、
> メいっぱい楽しむしかないね♪

宇宙は完璧、愛であるので、すべて意識を宇宙の流れに添わせ
ゆったりと生きていればいいのよね。
どんなふうにでも、メいっぱい楽しめますね。(^^)

2009-11-01 Sun 22:59 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
おもしろいね♪
>もしくは、私たち一人一人が、
>神という姿でえっちゃんのビジョンに 現れたのかしら・・・

>そうであるとすれば、
>チェスゲームを楽しんでいるのは、私たち 一人一人。
>人生をゲームに見立てて楽しんでいるのかも。

・・・なかなかいい視点ですね。
2009-11-02 Mon 07:33 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |