いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
チベット紀行 - 3
2009-07-31 Fri 00:09
                                 『ヒメツルアリドオシの群落』
ヒメツルアリドオシの群落ー16-july_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   チベット紀行 - 3

   第3日目 (7/15)

   昨夜は激しい雨。
   朝もまだ小雨が降っていた。
   この時期チベットは雨期。
   しかし、昼間降ることは少なく、夜降って朝には止むことが多いらしい。
   チベット人は雨が降っても傘をささない。
   せいぜい帽子をかぶるくらい。
   みんな雨に濡れながら歩いている。

   朝食の後、9時30分からポタラ宮へ。
   ポタラ宮はチベットの象徴。
   本来ならダライ・ラマ14世の居住地であり、政治・宗教の中心地のはずである
   が、既にインドに亡命して40年以上 ― 今は主なき世界遺産になってしまった。

   しかし、その中に入って、チベット文化の奥深さをまざまざと感じさせられた。
   次から次と部屋があり、その中には黄金や巨大な宝石で飾られた仏像や仏塔
   が所狭しと並んでいた。
   ガイドさんによると、このポタラ宮内だけで、ゆうに上海の全財産に匹敵する文
   化財があるとのこと。
   さもありなん。仏像を一つもらって帰れたら、一生でそれで暮らせそう・・・
   (もちろん、もらえなかった)

   しかし、トイレはすごかった。
   床に四角い穴が開いているだけ。
   下をのぞくと5~10mはあろうかという吹き抜け。
   要は垂れ流し。
   しかし、空気が乾燥しているせいか、それほど臭くない。
   しかし、落っこちたら・・・こわ~いトイレ!

   ポタラ宮をゆっくり見学して、チベットのお茶で休憩。
   これはなかなか美味しかった。
   雨も上がり、チベットのお土産を物色して、昼食。
   それからホテルで一休み。
   1時間以上休んでから、昨日、外側から見た大昭寺へ。
   室内は暗く、蝋燭とお香の匂いがたちこめていた。
   観光客が多く、気分が悪くなりそう。

   それから昨日見た八角街へ。
   ガイドさんと別れ、恐る恐る私達だけで回る。
   気に入った物を見つけては、「ハウマッチ?」
   そうするとチベッタンのおばちゃんが電卓で数字を示す。
   それから電卓をよこし、「ユー、ハウマッチ?」 そうやって交渉するのだが・・・

   この日、みんなの気分は回復したが、高度順応のため早めに就寝。
   といっても夜の9時過ぎまで明るいので、変な気分。
   朝は7時ごろから白み始める。

                          ・・・チベット紀行 - 4 第4日目に続く
                                       
                  Light News Letter №5 (2000年8月1日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<チベット紀行 - 4 | いのちの島=屋久島 | チベット紀行 - 2>>
この記事のコメント
チベッタンのおばちゃんが店番しているのならいいんだけど・・・

ポタラ宮の管理や案内をしているのも、
ラマの街で、
商売していたり、
こざっぱりした新築の家に住んでいるのは、
移住してきた漢民族らしい。

チベットの民は仕事もロクになく、
貧しい、物乞いのような生活を強いられているようです。

ポタラ宮のような世界遺産のところは、
観光名所として残されているけれど、
巷にあった寺院はことごとく壊されていたりする・・・。

「チベットチベット」というドキュメンタリー映画。
民族の誇りという祖父母のこだわりは何か・・・
それを捜し求めて旅にでた、
在日韓国人の青年のチベット紀行、
チベット人の状況に驚き、
ダライラマに会いに行った彼の映像を観ていると、
先日の中国のチベット騒動は納得できる。

貧しくとも支配されないチベット人の世界、
もどってくるといいですね。

2009-08-01 Sat 02:00 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

へえ~~、そうなのねえ~~
なかなか、その国に入らないとわからないことだらけですね。
そういう背景があり、そのことを理解すると、
中国のチベット騒動も、より理解できますね。

チベット紀行、まだまだ続きます。
読んでね☆

2009-08-02 Sun 23:26 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。