いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
編集便り - 6
2009-04-20 Mon 07:49
                               『田植えが終わった永田集落』
田植えが終わった永田集落ー28-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 6

   痛みや苦しみや悲しみと共に留まれば、それは癒されていきます。
   ただそれと共に留まっていれば何もしなくても自然に癒されていきます。
   共に留まるということが、即、ヒーリングのようです。
   ハートから慈しみのエネルギーがあふれ出します。
   本当に何もする必要はなく、ただ静かにそれと一緒に留まっていれば全ては癒
   されていきます。
   一切外に求める必要はなく、ただ静かに自分の全存在で留まっているだけで全
   ては癒されていきます。

   たぶんこのことは対人関係についても当てはまることではないでしょうか。
   相手を変えようとしなくても、心から相手と一緒にいれば、それだけでヒーリング
   効果が生まれるようです。
   意識的に何かをする必要は全くなく、ただゆったりと落ち着いて相手の話を心か
   ら聞いていれば、自然にヒーリングが起きるのではないでしょうか。
   問題は、頭の中で思考がいろいろ考えたり、騒いだりすることです。
   それをやりだすと関係はできません。
   ただ一緒にいるということは、思考が全く動かないことを意味します。
   思考ではなく、自分の全存在で共にいる時、生の本質である、全てを生かす生命
   エネルギーが自他に流れ始めるようです。
   共に留まる、一緒にいるということは、愛を意味しているのではないでしょうか。 

                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
関連記事
別窓 | 風景 | コメント:0
<<編集便り - 7 | いのちの島=屋久島 | 編集便り - 5>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。