いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
カルマ
2017-04-16 Sun 20:06

カルマというのは、自分の中にある。
自分の中に生きている。
カルマに負けるのも、カルマを乗り越えて行くのも自分しだい。

突然、理不尽なことを言われる。
どうにも納得のいかないことをされる。
思ってもみないような事態が起きる。
そういう時に、どうするか。
それがカルマの行く末を決める。

反発し、怒り、争う。
現実をはね除けるために戦う。
それも一つの生き方。

恐れ、萎縮し、恨み、憎む。
現実から逃避し、自分の世界に引き籠もる。
それもまた人生。

基本は、そのどちらかのパターン。
各人は、そのバリエーション。
反発するか萎縮するか。
外に向かうか内に向かうか。

どちらのパターンをやっても、カルマは解消されない。
外に向かえば、更に争いのカルマを積み重ねることになる。
内に向かえば、孤独と絶望のカルマパターから抜けられなくなる。

いずれも自分を見失っている。
ただ状況に反応しているだけ。
パターン通りに行動しているだけ。
カルマに翻弄されて生きているに過ぎない。

それではカルマの理解は起きない。
いつまでもカルマに振り回される人生が続く。
しっかり自分自身にグランディングできていない。
ただ状況に左右されているだけ。

戦って相手を抑え込もうとするか、それとも、恐れをなして逃げ回るか。
極めて単純。
間違っても、相手を理解しようとはしない。

相手を理解する。
相手の言いたいことをわかろうとする。
相手の行動の真意を理解するように努める。
キーワードは、理解と冷静さ。

しっかり自分自身にグランディングして、冷静に対応する。
何を言いたいのか理解に努める。
客観的に判断し、冷静に対応する。
けっして感情的に反発しない。

じっと踏みとどまる。
冷静に聞く。
冷静に見る。
そして、理解する。

自分のできること、できないこと。
冷静に相手に伝える。
そこで自己中心的になると、トラブルが発生する。
冷静さを見失うと、カルマの鎖に呑まれてしまう。

できるだけ相手の気持ちを尊重する。
相手の気持ちをわかり、十分に受け止める。
それから行動する。
自動的に反応しない。

自動的に反応している限り、カルマの鎖から自由にはなれない。
怒りに怒りで応じている限り、カルマの連鎖は続く。
攻撃に攻撃で反応している限り、カルマから自由になることはできない。
すべてを受け止め、理解し、冷静に対応する。
その意識があるかどうか。
それがカルマからの自由を決めていく。

自分の中の傾向に負けない。
癖、パターン。
無意識であれば、それらのままに突き動かされる。
反応のままで人生が終わる。
カルマは解消されないで次の世まで続く。

カルマは、時間の経過と共に自然に現れてくる。
現れる時は、消える時。
そのままにしておけば、自然に消えていく。
しかし・・・

それに対して自動的に反応すれば、また新たなカルマをつくってしまう。
それでは、いつまで経ってもカルマは消えない。
無意識で反応している限りは、カルマの鎖が途切れることはない。
しっかりと意識すること。
明確に自覚すること。
それなくしてカルマからの自由はない。

自動的な反応から自由になるためには、注意深く生きるしかない。
自動的に反応している自分に気づくこと。
イージーに生きていると、自動反応の虜。
いつまで経っても、カルマから自由にはなれない。

真剣に注意深く生きる。
そのように生きていると、自然に注意深さが働くようになる。
いろんなことに自然に気づけるようになる。
自分自身の反応が見えてくる。

カルマから自由になりたかったら、真剣に注意深く生きること。
それ以外にカルマから自由になる道はない。

誰かにカルマを断ってもらう?
そんなことをしても、あまり意味はない。
自分で自覚できない限り、パターンは変わらない。
いつのまにか新しいカルマを再生産するだけ。

自分で自覚しない限り、真の自由はない。
他力本願では、依存心を生むだけ。
依存があるところに自由はない。

正真正銘自由に生きるためには、注意深く自分自身を理解していくしかない。
理解の後に自由がある。
自由を制限しているのは、結局は自分自身。
自分以外に心の自由を縛ることができる人はいない。

新興宗教の教祖は?
メシアは?
誰であれ、本人が信じ込まない限り、人を縛ることはできない。
自縄自縛。
それが真実。

だからこそ、自分自身を理解すること。
自分自身を理解すれば、縛っていたものを解くことができる。
自分を縛っているもの。
それは無意識という闇。
無自覚という無明。

無明とは、光がないこと。
意識とは、光。
無意識は、闇。

見るという光の意識を持ち込まない限り、カルマという闇の連鎖を断ち切ることはできない。
意識は光。
カルマは闇。

すべてを意識化する。
意識化するということは、光化するということ。
意識化するということは、明確に自覚するということ。
気づくということ。

無明の闇の中を彷徨う時は終わろうとしている。
光を灯し、光の中を歩く時が近づいている。
光とは、自分自身の意識。
明確に自覚すること。
自分の闇を自覚すること。

自分の闇に光を当てることによって、光は強くなる。
意識は一段と光り輝く。
闇を照らすことこそが光を強める道。
本来の光に戻る道。

意識とは、光。
人は、光。
人の本質は、光。
その光に目覚める時。
それが今。

カルマとは、光が足りないということ。
無自覚のままに闇に翻弄されてきたということ。
何もわからないまま、カルマの虜になっていたということ。

しっかりと闇に光を当てる。
明確に意識化する。
それは自分の光を輝かせることでもある。

闇を恐れることはない。
闇とは、ただ光がないだけ。
光を当てれば闇は消える。
自覚されれば、カルマは消える。
闇とは、無意識。
カルマとは、無自覚。

人は、光。
意識は、光。
光として生きていく。






スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0
| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。