いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
チベット紀行 - 7
2009-08-24 Mon 08:21
                                         『巨杉の迫力』
巨杉の迫力ー22-july_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   チベット紀行 - 7

   第7日目 (7/19)

   一日、フリーデー。
   ゆっくりと起きて、朝10時から全員でショッピング。
   まずポタラ宮までガイドなしで歩いてみる。
   途中、露天でいろいろお土産を物色。
   チベット人のおじさんは良心的。
   おばさんは良く言えば商売熱心。悪く言えばしつこい。
   このおばちゃん達、50元札や100元札を出そうものなら、なかなかお釣りをく
   れない。
   他のものを持ってきて、これはどうだと押しつける。
   これには本当に閉口した。
   大きなお札を出したが最後、お釣りをもらうのは至難の業。
   しかも、お釣りをくれないので、次に買う時も大きなお札・・・
   この悪循環によって古沢仁宏は必要のないものをい~っぱい買わされた。
   (しかし、結果的には、それはお土産となり、喜ばれたが)

   ポタラ宮の下の商店街では露天よりも品質の良いものを売っていた。
   お互いに情報交換しながら、どんどん買う。
   日本円に換算すると格安なので、どうしても手が出てしまう。 (ポタラ宮が大きく
   刺繍されたTシャツが、なんと日本円で465円。刺繍だよ、印刷じゃないんだよ)

   買い物が一段落して、ホテルへ。
   その後は本当に各自の自由。
   古沢仁宏は中国の元がなくなって、最後の2万円を中国銀行へ両替へ。
   中国銀行のスローな対応を経験して、また八角街へ。
   仏像や仏画、チベット服やタルチョなど手当たり次第に買いまくる。
   たちまち2万円が消えたところでホテルへ。
   8時からチベットで最後の光のセミナー。

   セミナーの途中からYさんが泣き出す。
   終わった後で事情を聞くと、昨日、大草原で出会った娘さんの一人が過去世で
   自分の娘だったとのこと。
   娘が嫁いでいくのか、遠く離れていく姿が脳裏にやきつき・・・自分は母親として
   右わき腹の苦痛をこらえながら、ずっとそれを見送っていた。
   それ以来、二度と会うことはなかった・・・

   その後、すぐに母親は亡くなったのだろうか。娘のことを気にしながら・・・
   だから、はるばる時空を越えて娘の無事を確認するためにチベットへやって来
   たのだろうか。
   Yさんは現地で、その娘だけが気になって、何かと話しかけては近づこうとしてい
   た。
   その娘は一番の恥ずかしがりやで、最後まで写真撮影を嫌がっていたが、最後
   にYさんと一緒に写真に収まってくれた。
   Yさんはチベットでの最初のセミナーの時、どうしてここにいるのかわからないと
   言っていた。
   でも、やはり意味があってはるばるチベットへやって来たようである。

   Yさんは今回の参加者の中では最高齢。
   ハードなドライブは相当こたえていたようだ。
   実は、カロラ氷河のドライブから帰ってきた夜、明日は休みたいと言い出した。
   しかし、それは明日になってから決めましょうということで、一晩寝てもらった。
   翌日は不思議と元気になっていた。
   しかし未舗装の道路になってYさんの体が文句を言い始めた。
   そのうえ、Yさんのリュックだけが車のエンジンオイルがこぼれて、使えないほど
   汚れてしまった。
   とても苦しい旅だった。
   それだけに娘に会えた喜びもひとしおだった。

   Yさんのリュックについてはチベット人の運転手に1万円弁償してもらうことになっ
   ていた。
   が、結局、あそこまで連れていってくれたのは彼であり、Yさんがあの娘に会えた
   のも彼のおかげであるということになり、賠償請求は取り止めることになった。
   その代わり、一緒に撮った写真をあの一家に届けてもうらうことに。

   実は、Yさんは前々日のセミナーの時に美しいビジョンを見ていた ― チベットの
   美しい花をいっぱい手に持って人々に配っている・・・
   結局、リュックは古沢仁宏が八角街でチベットの美しいリュックをプレゼントする
   ことになった。
   このリュックにチベットの美しいものをいっぱい詰めて、日本で待っている多くの
   人に手渡してほしい ― そんな願いを込めて・・・
   (いろいろドラマがあるでしょう?)

   実は、Aさんも最後のセミナーでビジョンを見た。
   自分がどんどん大きくなり、お釈迦様と一体になって地球を見ている。
   お釈迦様は、地球は”すべて”うまくいっていると思っている。
   彼女はチベットツアーの一ヶ月ほど前に個人セッションを受けた。
   その時、チベットの僧の過去世が出た。
   その人生ではポタラ宮内での権力闘争に嫌気がさし、聖職者と権力闘争との矛
   盾に納得がいかなかった。
   今生でも、すべてありのままでOKと頭ではわかっていても、いまひとつ心に落ち
   ずにいたのだが、お釈迦様と一体になったことで、ありのままを認め、受け入れる
   ことが本当にできるようになったようである。
   この方も時空を越えて過去の思いが完結した人である。

   残りの人もチベットとは深い縁があり、行く先々で感動したり、懐かしくなったり、
   セミナーの中でも多くのビジョンが見えたりした。
   今回参加した5人は全員がチベットと深い縁があり、何の違和感もないグループ
   だった。

                           ・・・チベット紀行 - 8 第8日目に続く 
                                      
                  Light News Letter №5 (2000年8月1日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0
チベット紀行 - 6
2009-08-18 Tue 09:51
                                        『名もない巨木』
名もない巨木ー21-july_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   チベット紀行 - 6

   第6日目 (7/18)

   朝7時30分、7,000m級の山々が見えるというニエンチェンタングラ山脈へ向
   かう。
   しかし、ラサ市内を出たとたん、すぐに未舗装の道となり、昨日11時間あまりの
   ドライブをしたばかりなので、これにはまいった。
   今日は特別にランドクルーザーをチャーターし、万全の備えのつもりだったが、や
   って来たのがポンコツのジープ。
   まるで馬に乗っているかのようなクッション。
   話が違うとブツブツ不満がもれる。
   (気持ちはわかるけど、今さらどうすることもできない ― 今日は日本語ガイドなし
   で、英語も日本語もわからないチベット人のおっちゃん=昨日までとは違う運転手
   しかいないのだ)

   道の真ん中を羊の群れが歩いていて、車は立ち往生。
   ここでは動物優先。彼等がどいてくれるのを待つしかない。
   しかし、そのようなドライブも慣れるにつれて、だんだん楽しくなってくる。
   不思議なもので、チベットに直にふれているという感じに。
   羊や牛を追っていたのは子供が多かった。
   あまり学校へ行ってるようには見えない健康的な子供達。
   馬に乗ってさっそうと通り過ぎるチベットの若者。(これがなかなかカッコよかった)
   空気はどこまでも澄み渡り、青空は目に痛いほど青い。
   6時間ぐらい車に揺られていると、突然、前方に白銀に輝く山々が。
   それは待ちに待ったヒマラヤの山並み。
   近づくにつれ白い山々と大平原が広がる。
   まるでモンゴルのよう。
   羊やヤクがた~くさん・・・

   昼食のため草原の中に車を進める。
   ぐんぐん山に近づいて下車。
   私達が昼食を食べていると、近くに住むチベット人の人達がやって来た。
   最初は二人ぐらいだったが、だんだん増えて最後は家族全員(6人)という感じ。
   チベットはどこでもそうなのだが、私達が野原などで食事をしていると、近くの人達
   が後ろで食べ終わるのを待っている。
   食べ終わると、運転手やガイドさんは残ったものを彼らに与える。
   どうもそれがチベットでの暗黙の了解のようだ。
   私達も同じように残りものを渡したが、特にお礼を言われることもなく、これがチベ
   ット流?

   しかし、今回はそれ以上のことがあった。
   彼等はすぐ近くに住む家族で、観光客相手の人達ではなかった。
   特におじいさんは気さくな人で、この辺りで採れる茸の採り方を身ぶり手ぶりで教え
   てくれたり、気軽に一人一人と記念撮影に応じてくれたりした。
   とても大きな掌で私達の倍はあっただろうか。
   私達との交流のしぐさがおもしろく、その度にそこにいる全員が大笑いした。
   二人の娘はとても恥ずかしがり屋で、最後まで写真撮影を嫌がった。
   言葉は全然通じなかったが、心が通じ合っている実感があった。
   雪の山々に囲まれた大草原で羊やヤクを飼って暮らしている一家は、まるでアメリ
   カインディアンより、はるかにインディアンらしかった。(?)

   海抜4、200m地点で、私達は手をつないで輪になり、光を降ろした。
   それを彼等は不思議そうに見ていた。
   最後に全員と握手をし、懐かしい人達と別れた。
   ただ目をみつめただけで心が通じ合う ― 今回の旅で一番楽しいひとときだった。
   本当にチベットの人と心の交流ができたという実感があった。
   私達日本人が忘れてしまっていたものを彼等は持っていた。
   経済優先社会の中で置き忘れてきたものを・・・

   彼等に会えて、私達の心もずいぶんゆるんだようだ。
   真っ白い雪の峯々、広い草原・・・広々とした心になって、私達は帰途についた。
   帰りはまたまた遠かった。
   朝の7時30分に出発して、ホテルに着いたのは夜の9時30分だった。
   延々14時間のドライブ。
   体はコチコチだったが、心は満たされていた。
   みんなの中にチベットの人とふれ合えたという実感があった。
   その夜は食事をして風呂に入って、ダウン。
   光のセミナーをする時間はなかった。

                           ・・・チベット紀行 - 7 第7日目に続く 
                                      
                  Light News Letter №5 (2000年8月1日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | 未分類 | コメント:2
チベット紀行 - 5
2009-08-14 Fri 08:56
                                          『おとぎの国』
おとぎの国ー07-july_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   チベット紀行 - 5

   第5日目 (7/17)

   朝8時、神秘の湖・ヤムドク湖へ向けて出発。
   途中まではスムーズだったが、1時間もすると山道へ。
   目も眩むような断崖絶壁を猛スピードで4、750mのカンパラ峠まで登る。
   途中、ヤクがいっぱい放牧されていた。
   峠には観光用のヤクがいて、少しお金を払うとヤクに乗って記念写真をとらせて
   くれる。
   しかし、それ以上に印象的だったのは峠から見るヤムドク湖の美しさ。
   エメラルドブルーの透明感あふれる湖面。
   ところどころに菜の花の黄色がまぶしい。
   ここでチベット人の運転手さんがタルチョというチベット語のお経の書かれた五色
   の旗を高いところに掲げる ― これは彼のためのもの。

   峠を越え、5、050mのカロラ氷河へ向かう。
   道がところどころ決壊して川になっている。
   川の中をバスで渡る ・・・私達は無事に通れた。
   ところが、後から来たバスが深みにはまってしまった。
   私達のバスにロープをつけて引いてみても全然動かない。
   中国人の観光客を全員降ろし、近くにいたチベット人も手伝って、みんなでバスを
   押したり引いたり・・・それでも動かないので、最後の手段として私達のバスをバッ
   クにして引いたら、やっと動いた。
   期せずして拍手がわく。

   苦労しながら、やっと5、050mのカロラ氷河にたどり着く。
   しかし、なんとここにも観光客待ちのチベット人が・・・
   先程の峠でも子供達が金をせびりに来た。
   人は悪くないのだが、写真一枚撮るのにも 「マニー、マニー」
   彼等は観光客を待って、ここでキャンプを張っているらしい。 (海抜5、050mだよ)
   それでもなんとなく心が通じてしまうのだから、彼等の商売気もたいしたことはない。
   ここでチベット人の運転手さんが、今度は私達のためにタルチョ(五色の旗)を張っ
   てくれた。
   20m以上もある五色のタルチョが5,050mの風にはためく・・・

   実は ―
   前夜のセミナーの時、私たちは気がついた ― なぜ5人で来たのかを・・・
   雨の日、私達はそれぞれカッパを着た。
   赤、青、黄、緑、そして白に近いグレー・・・ 気がつくと、それはチベットの五色の旗
   の色であった。
   五色の旗は地・水・火・風・空を表す。
   私達は性格的に見て、一人一人が地・水・火・風・空を代表していた。(だから五人
   で来たのだ)
   私達ははるばる日本から、このチベットの五色の旗を再び力強くはためかせるた
   めにこの地へやってきた。
   それに気づいた私達は、「明日、五色の旗が欲しいね」 「それをチベットの空に飾
   りたいね」 「行く途中で買えたらいいね」 と話し合っていた。
   それが出発間際になって、チベット人の運転手さんが五色の旗を近所の店から買
   ってきたのだ。
   それも二組。(自分と私達の分)
   ― 私達はそのことを一言もしゃべってはいない・・・
   「信じられない!」 誰もがそう思った。
   だから、それが5、050mのカロラ氷河の前に掲げられた時、私達は感動した。
   (まるで一人一人がチベットの空に舞っているかのような気分だった ― まさに心
   は舞い上がった?)

   美しい6,000m級の雪の山々に別れを告げ、ホテルへ向かう。
   しかし、この帰り道はとても遠かった。
   朝の8時にホテルを出て、帰り着いたのは夜の7時半。
   11時間半のドライブ ― ご苦労様!
   光のセミナーでリラックスして、就寝。明日も早い。

                           ・・・チベット紀行 - 6 第6日目に続く 
                                      
                  Light News Letter №5 (2000年8月1日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | 未分類 | コメント:2
チベット紀行 - 4
2009-08-08 Sat 00:14
                              『緑の苔のなかの黄色いキノコ』
緑の苔のなかの黄色いキノコー06-july_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   チベット紀行 - 4

   第4日目 (7/16)

   この日も朝からラサ市内観光。
   今日はかなりバスに揺られる時間が長い。
   乗っているのは私達5人とガイドさんと運転手。
   3日間、マイクロバスを借りきって、かなり贅沢な感じ。

   最初に行ったのは山の上のデプン寺。
   ここには巨石がいっぱいあった。(さすがにエネルギーの良いところに造られて
   いる)
   息を切らしながら山の斜面に造られたお寺を歩く。(ほとんど山登り?)
   ここは文化大革命の時、そうとう壊されたようで、その時の落書きが今も残ってい
   た。
   しかし、最盛期はお坊さんが1万人もいたというだけあって、た~くさんのお堂が。
   背後の山の上には神秘的な湖があるとのことだったが、そこまで行くには2日間
   もかかると聞いて断念。

   昼食とホテルでの休憩の後、今度はセラ寺へ。
   ここもすごくエネルギーのいいところで、山の中腹には尼寺があった。
   ちょうど本殿の上を修理しているところで、男女が交互に歌をうたいながら工事を
   していた。
   それが日本の田植歌のようで、なにかしら懐かしいものがあった。
   ここにも巨石があり、ここからのラサ市内、ポタラ宮の眺めはすばらしかった。

   ラサ市内最後の観光コースは、ダライ・ラマ14世が造った夏の離宮ノルブリンカ。
   ダライ・ラマが亡命していなければ絶対に見れないような、彼の瞑想室や寝室、
   謁見室や母親のための浴室など、豪華な内部を見ることができた。
   しかし、彼が亡命していてよかったのかどうか・・・?

   この日の夕食はチベット料理。
   本家チベット人は遊牧の民で、肉が多く野菜が少ない。
   全員ベジタリアンと言ってあったので、料理する人も苦労したことだろう。
   このほかにもネパール料理や中華料理など、連日豪華な食事が続いた。
   (これはツアーに含まれていた)

   この日、やっと高度にも慣れ、チベットで初めての光のセミナーをおこなう。
   気がつくと、この夜は満月で皆既月食。
   セミナーを始める前は薄雲がかかっていて、ぼんやりと月が見える程度。
   しかし、セミナーが終わって窓を開けると、鮮やかな三日月が・・・
   セミナー中から街中が騒がしくなり、まるでお祭りのような歌声やラッパの音 ―
   満月の法要?

   セミナー中の光はものすごかった。
   二日間で見てきたチベットのカラフルな仏像のように、とてもきれいな色とりどりの
   光が宇宙から降りてきた。
   チベットの地がものすごいエネルギー場であることを実感。
   それは瞑想してみないとわからない・・・

                           ・・・チベット紀行 - 5 第5日目に続く 
                                      
                  Light News Letter №5 (2000年8月1日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | 未分類 | コメント:0
| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。