いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
フォーカス
2009-06-30 Tue 07:15
                               『大川の滝の滝壺に架かる虹』
大川の滝の滝壺に架かる虹ー17-apr_09
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   - フォーカス -

   相手のどこを見るかということは、自分がどこにベースを置いて生きている
   かということ。
   外見だけに惹かれる人は、自分も外見ベースで生きている。
   精神の深みを見る人は、自分も精神の深みにベースを置いて生きている。
   人は、自分の生き方を反映して相手を見ている。

   相手が醜く見えるのは、自分も醜いからだろうか。
   相手が美しく見えるのは、自分も美しいからだろうか。
   相手の感情に振り回されるのは、自分も感情をベースに生きているからだ
   ろうか。
   相手の信念に揺さぶられるのは、自分も信念をベースに生きたいと思って
   いるからだろうか。

   人は、自分がベースを置いているところから相手を見ている。
   相手のどこにフォーカスするかということは、自分がどこにフォーカスして生
   きているかということ。
   肉体か、精神か、魂か、それとも、もっと深いところか・・・
   自分のベースはどこだろう。

   どこにベースを置いた方がいいということはない。
   どこに置くこともできる。
   変化することも可能。
   しかし、それを自覚しておいた方がいい。

   自分のベースを自覚していないと、すべて相手のせいにしてしまう。
   自分の拠り所が不明確だと、相手に振り回される。
   主導権が相手にいってしまう。
   自分の主体性が希薄になる。

   肉体を体験し、感情を体験し、思いを体験し、魂を体験する。
   いろんなレベルの体験がある。
   それぞれを体験すればいい。
   しかし、自分のベースはどこだろう。

   時には自分の依って立つ基盤を再確認するのもいいかもしれない。
   自分の基盤に沿って物事は見える。
   どこにフォーカスするかによって物事の見え方は違ってくる。
   同じ相手でも、どこにフォーカスするかによって相手は違って見える。

   意識の表面にフォーカスしていると、一喜一憂・喜怒哀楽。
   相手に振り回されることになる。
   深い意識にフォーカスしていると、多少のことでは動揺しない。
   安定した精神状態となる。

   湖面は波立ちやすい。
   湖底は安定している。
   どこにベースを置くかで、人生は違ってくる。
   自分のベースを置いたところに応じて、人生の見え方も違ってくる。

   相手は自分の意識の投影。
   相手が自分にどう写るかは、自分の意識の反映。
   相手だけが独立している訳ではない。
   受け止める自分サイドによって相手は違う顔を見せる。

   自分サイドをよく理解しておくことだろうか。
   相手サイドだけではなく。
   そうでないと客観的な見方はできない。
   主観的な見方を絶対だと思ってしまう。

   どこに意識をフォーカスするか。
   自分のベースはどこか。
   自分の原点はどこにあるか。
   それを自覚した方がいいだろう。

                       『690日目 - フォーカス』 より抜粋

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


     
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2
心の鏡
2009-06-26 Fri 05:27
                                      『大川(おおこ)の滝』
大川の滝ー16-apr_09
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   - 心の鏡 -

   姿形は、ありのままを見れる。
   しかし、自分の心は、なかなか見れない。
   心のなかを直視しない限り、心の歪みはわからない。
   心が歪んだままでは、人生も歪んでしまう。

   真っ直ぐな人生を生きれずに、右往左往することになる。
   右にぶつかり左にぶつかり、傷つきボロボロの人生となる。
   自分の心のなかを鏡のように見れれば、対処のしようもある。
   さて、では、どうしたらいいのだろうか。

   自分の心を映す鏡は、ある。
   それは、自分の目の前にいる人。
   人は、自分の鏡。
   相手を見れば、自分がわかる。

   相手がどのように見えるか。
   それが、自分の心の鏡。
   相手の状態は、自分の状態。
   相手によって自分の心が、どのように反応するか。

   相手を見ているつもりが、実は自分を見ている。
   自分のフィルターを通して相手を見ている。
   相手の姿は、自分のフィルターの投影。
   相手の姿は、実は自分が解釈している相手。

   相手そのものではなく、自分が解釈し判断した相手を見ている。
   だから、相手の姿は、実は自分自身の心の投影。
   相手を見ているつもりが、実は自分を見ていることに。
   自分の解釈や判断のパターンで相手を見ているだけ。

   心が透明であれば、相手の姿がそのまま映る。
   それは、きれいな鏡と同じ。
   心が澄み切れば、事実としての相手がいるだけ。
   解釈も判断もない。

   良いも悪いもない。
   美しいも醜いもない。
   ただ事実がある。
   その人がいるだけ。

   心のなかが動く時は、自分の心のなかを見る時。
   心の動きが、心の歪み。
   それを見極める。
   しっかりと自覚する。

   明確に自覚されれば、心は自然に真っ直ぐになっていく。
   鏡に映った歪んだ自分の姿を見れば、誰でも姿勢を正す。
   自然にそうする。
   それが、自然な動き。

   心の歪みが自覚されれば、自然に真っ直ぐにしようとする。
   それが、自然。
   素直。
   あるがまま。

   人と対峙した時に、自分の心の動きを自覚することだろうか。
   自覚しながらコミュニケーションすることだろうか。
   そのなかで自分のパターンを自覚することだろうか。
   自分の偏りを直視することだろうか。

   ありのままの自分を見る。
   鏡で肉体を見るように、相手を通して自分の心を見る。
   良いも悪いもない。
   事実を見極める。

   解釈し判断し、独り悦に入ってる自分。
   相手を否定することによって、自分を肯定する癖。
   悪いのは、いつも相手。
   自分は、いつも正しい。

   自己正当化によって、自分を維持しようとするパターン。
   アイデンティティを保つための自己正当化。
   心のなかで、いつもブツブツ相手を非難し、自己正当化している。
   それもまた自己保存の一つのパターン。

   根深い根深い自己保存の本能と思考のドッキング。
   気がつけば、ほとんどのパターンが、ここから生じている。
   自分を守るために、相手を否定したり、自己主張したり。
   逆に、自己を卑下し、自分を弱者にして自分を守ろうとすることもある。

   自己保存のパターンは、たくさんある。
   被害者になって、自己正当化することもある。
   どんな状況であれ、自己正当化を試みる。
   自分を守るためには、ありとあらゆる手を使う。

   心の歪みは、すべて自己保存から来ている。
   単純な歪みもあれば、複雑に錯綜した歪みもある。
   複雑過ぎて簡単には見極めがつかないものもある。
   人の心は、複雑怪奇。

   しかし、そのルーツを訪ねれば、すべて自己保存に行き着く。
   すべては、自分を守るため。
   自己保存の本能と思考のドッキング。
   そこを見極めることだろうか。

   自己保存の本能も思考も否定することはない。
   ただ事実を見極める。
   自分の心の仕組みを知る。
   しっかり自覚する。

   明確に自覚されれば、それなりの行動が起きる。
   自分を知らないから、自分を苦しめる行為を繰り返す。
   心の鏡を持っていないから、自分の心がわからない。
   相手を見て、自分の心を知る。

   相手は、自分の鏡。
   相手を見ながら、自分の心のなかを見守る。
   心が動けば、注意する必要がある。
   しっかり注意しながら見守る。

                      『1296日目 - 心の鏡』 より抜粋

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


     
別窓 | | コメント:2
メッセージ - 10
2009-06-22 Mon 01:50
                                       『落(おとす)の滝』
落の滝ー15-apr_09
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   メッセージ - 10

   最初から調和された波紋なら、どんどん周りが調和されていく。
   最初の一歩を間違えると、とんでもないことになる。
   最初の一歩が、最後の一歩。
   最初の一歩は、心して踏み出す方がいい。

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | | コメント:0
メッセージ - 9
2009-06-16 Tue 07:18
                                   『霧のなかのシャクナゲ』
霧のなかのシャクナゲー27-june_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   メッセージ - 9

   表面的な些細なことに囚われることはない。
   その奥で静かに運命は流れている。
   自分にとってベストの運命が。
   それを信頼することだろうか。

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | | コメント:2
メッセージ - 8
2009-06-11 Thu 08:44
                                      『屋久杉のバラ?』
屋久杉のバラ?ー14-june_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   メッセージ - 8

   必要なものは、必ずやって来る。
   それを静かに迎え入れる。
   心の豊かさが、豊かなものを惹きつける。
   心が貧しいと、貧しいものしかやって来ない。

   焦らない。
   慌てない。
   しっかりグランディングする。
   静かに落ち着いてチャンスを待つ。

   そういう時に、すてきな出会いがある。
   ゆっくり、じっくり、味わいながら生きることだろうか。
   自我で力まかせに生きないことだろうか。
   天の時を待つことだろうか。

   静かな深い心だけが、奇跡を生み出す。
   静かな歓喜(よろこび)の心が、奇跡を呼び寄せる。
                                  
     
   今日のトップは、大きな屋久杉に着床したシャクナゲです。
   まるでバラの花のようですね。
   写真を撮っている時、ちょうど霧がかかって、すばらしい風景になりました。
   霧は、すべてのものを神聖にしてくれますね。


      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | | コメント:4
メッセージ - 7
2009-06-03 Wed 08:23
                                     『ピンクのシャクナゲ』
ピンクのシャクナゲー10-june_0
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   メッセージ - 7

   自分自身の本質を深くわかり、真の自分自身を生きることが、結局は最も
   隣人の役に立つのです。
   その内側から溢れる波動が周りにも影響を与えていくのです。

   自分自身を生きましょう。
   他の人に影響されたり、過去の記憶に支配されたりしないで、今、この瞬間
   の自分の感性を大切にしましょう。
   それが結局は自分自身の真実に至る近道なのです。

   静かに自分自身を感じてみましょう。
   そこから限りない意識の広がりや、永遠の今という感覚が生まれてくるでしょう。
   そして、それが最も隣人に役立つ道なのです。
                                       
                  Light News Letter №5 (2000年8月1日発行) より
                                 >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   
別窓 | | コメント:0
| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。