いのちの写真と光の言葉
編集便り - 7
2009-04-25 Sat 11:56
                                           『一条の光』
一条の光ー20-mar_09
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 7

   『真実』

   人の内なる光は真実に生きることを要求する
   それは真実に生きることを要求し続ける
   そして結局 それは真実を実現する
   しかしその間 自我は迷い続ける
   内なる真実の発露を押しとどめるものは
   限定された経験で生きる思考 即ち自我である
   しかしその自我も 
   様々な経験を通して自らの限界を自覚する時が来る
   そこから自然な意志の停止が起きる

   思考の中にのみ自由意志がある
   しかしそれは物質的経験に条件づけられた
   一定の自由でしかない
   真実に選択の自由はなく 真実は真実に生きるしかない
   自由意志があるのは 真実に生きる以前の 
   本能と真実の中間状態である
   その自由意志が消える時 自他の分離も消える
   自我とは固有の経験に基づいて生きる生であり
   英知とは固有の経験を用いて生きる生である

   光は光
   光は闇を照らし光と化す
   全ての次元を光で貫く

                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
別窓 | 木霊の森 | コメント:2
編集便り - 6
2009-04-20 Mon 07:49
                               『田植えが終わった永田集落』
田植えが終わった永田集落ー28-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 6

   痛みや苦しみや悲しみと共に留まれば、それは癒されていきます。
   ただそれと共に留まっていれば何もしなくても自然に癒されていきます。
   共に留まるということが、即、ヒーリングのようです。
   ハートから慈しみのエネルギーがあふれ出します。
   本当に何もする必要はなく、ただ静かにそれと一緒に留まっていれば全ては癒
   されていきます。
   一切外に求める必要はなく、ただ静かに自分の全存在で留まっているだけで全
   ては癒されていきます。

   たぶんこのことは対人関係についても当てはまることではないでしょうか。
   相手を変えようとしなくても、心から相手と一緒にいれば、それだけでヒーリング
   効果が生まれるようです。
   意識的に何かをする必要は全くなく、ただゆったりと落ち着いて相手の話を心か
   ら聞いていれば、自然にヒーリングが起きるのではないでしょうか。
   問題は、頭の中で思考がいろいろ考えたり、騒いだりすることです。
   それをやりだすと関係はできません。
   ただ一緒にいるということは、思考が全く動かないことを意味します。
   思考ではなく、自分の全存在で共にいる時、生の本質である、全てを生かす生命
   エネルギーが自他に流れ始めるようです。
   共に留まる、一緒にいるということは、愛を意味しているのではないでしょうか。 

                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
別窓 | 風景 | コメント:0
編集便り - 5
2009-04-17 Fri 13:50
                                        『コバノタツナミ』
コバノタツナミー29-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 5

   見るエネルギーというのは思考力よりも遥かに精妙なエネルギーです。
   それはエネルギーの質が違うとも言えるし、エネルギーは同じだけれども、思考
   力はその荒い部分で、見るエネルギーはその精妙な部分であるとも言えるように
   思います。
   あるいは、その同じエネルギーが異なる脳の部分に作用することによって生じる
   違いであるとも言えるかもしれません。

   具体的に言えば、感覚を司る部分、感情を司る部分、そして記憶や思考を司る
   部分、最後に全体を感受する部分。
   この全体を感受する部分はやはり脳の中心に位置しているのではないでしょうか。
   そこがここ数年来動いているところです。
   ここが思春期以降固着して活動が低下していたのが、徐々に回復してきているの
   を感じます。
   最近は以前よりも脳の中心部から鼻にかけて非常にスッキリしているのが感じら
   れます。
   全体を感受する部分が活性化してきているのがはっきりと感じ取れます。
   それは思考のように断片化したものではなく全体と繋がった分離のないものです。

   意識が冴え冴えと透き通る時、それは光としか形容のしようがありません。
   中心部だけでなく脳全体が活性化する時、全体で生きるということが実現するの
   でしょう。
 
                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
別窓 | | コメント:0
編集便り - 4
2009-04-15 Wed 00:48
                                         『満開の山桜』
満開の山桜ー18-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 4

   本当に知ろう、本当にわかろうという気持ちがあれば、心は自然に注意深くなりま
   す。
   そこでは注意深くなるための努力や方法は全く必要ありません。
   ただ必要なのは心から理解したいという気持ちだけです。
   その深い真摯な心が自然に静かな注意深さを実現します。
   それは極めてシンプルです。

   問題は常に心から自他をわかろうとはしていないことです。
   方法は必要なく、本当に心から相手を、自分自身をわかろうとすれば、心は即座
   に静かで注意深くなるのではないでしょうか。
   本当に問われているのは、自分自身の生きる姿勢ではないでしょうか。
 
                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
別窓 | | コメント:0
編集便り - 3
2009-04-13 Mon 11:49
                                        『屋久島の山桜』
屋久島の山桜ー11-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 3 (文中 K=Krishnamurti です)

   Kは思考にも理解できる言葉と論理を通して語りかけますが、それを思考の次
   元だけで受け止めたのでは本当の変化は起きないようです。
   それを自分の全体で受け止めた時、初めて変化が起きます。

   Kの問いかけを自分の全体で受け止める時、それは全体をゆすぶり、全体が活
   性化されるようです。
   他人のこと、客観的なこととして受け止めたのでは変化は起きません。
   あくまで自分自身のこととして正面から受け止める時、これまでとは全く違うエネ
   ルギー感が生まれます。
   自分で自分を真剣に見つめる時、どこにも逃げ場がなく自分自身に正面から対
   峙する時、あきらかに異なるエネルギーが発生します。

   全体が全体で受け止められる時、全体的理解が生まれます。
   全体とは静かさであり、真剣さであり、注意深さであり、溢れるようなエネルギー
   感ではないでしょうか。
 
                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
別窓 | | コメント:2
編集便り - 2
2009-04-09 Thu 00:53
                               『流木の上のリンゴツバキの花』
流木の上のリンゴツバキの花ー02-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 2

   《反応による意識の三段階》
   反応に関する状態から、意識を三種類の段階に分けてみました。
   (これはあくまでわかりやすくするための便法にしか過ぎません。)

   ① 【反応そのもの】
    表面意識のみにエネルギーが集中しており、見るエネルギーとは断絶している
    状態です。
    反応そのものになりきっており、反応に気づくということもありません。
    極端な例としては、怒り ― 自分がどうなってしまったのかさえ覚えていないこと
    もあるのではないでしょうか。

   ② 【反応に気づく】
    表面意識と共に、背後で見るエネルギーも機能している状態です。
    反応が出た後で気づきます。
    反応に絶えず気づいている意識が平行して存在します。
    それが強い場合は反応の直後に気づきますが、それが弱いと気づくのに時間が
    かかります。
    この場合、表面意識の反応は全て記録されており、表面意識が静まった時に、
    表面意識が見るエネルギーに同調し、その記憶がフィードバックされます。
    それによって自分自身に気づくことができます。

   ③ 【反応が出ない】
    表面意識も見るエネルギーに同調しているので反応が全く出ない状態です。
    見るエネルギーそのものであり、注意そのものであり、気づくということさえありま 
    せん。
 
                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 

別窓 | | コメント:3
編集便り - 1
2009-04-04 Sat 01:33
                                        『サツマイナモリ』
サツマイナモリー01-apr_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication №33より 『編集便り』 を連載します

   編集便り - 1

   自分の嫌な面があったら、本当にありありとそれを感じてみたらどうでしょうか。
   もし本当に感じられたら、それは嫌な面なのだから、イヤになって止めてしまうの
   ではないでしょうか。
   嫌にもかかわらずやっているということは、その嫌さ加減を十分に感じていないか、
   それとも本当はそれ程嫌ではないのか、あるいは単に観念的、社会通念的条件
   付けで嫌がっているだけなのか・・・

   もし本当に嫌なら、徹底的にその嫌さを感じて、嫌になって止めてしまったらどう
   でしょうか。
   嫌なことを止めるための 『方法』 は更に嫌なことを増やすだけでしょう。
   本当に嫌なら、言い訳をしないで即座に止めることではないでしょうか。 
 
                     K-Communication №33 (1992年 7月号) より
                                     >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


 
別窓 | | コメント:2
| いのちの島=屋久島 |