いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
富士山ツアー報告 - 1
2008-12-30 Tue 16:21
                                        『木の上の何か』
木の上の何かー29-may_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   富士山ツアー報告 - 1

   11月末のピラミッドセミナーで、屋久島ツアーに行ったTさんが、なんとなく屋久島
   のエネルギーを感じていると、「富士山の一合目から五合目まで歩いて、屋久島の
   地(地球)のエネルギーと富士山の天(宇宙)のエネルギーをつないでください。
   そうすることによって、グランディングが更に強まります」というメッセージが届いた
   そうです。

   それを聞いた古沢仁宏は、急遽予定を変更して、富士山ツアーを企画しました。
   この呼びかけに賛同した人は9人 ― 古沢仁宏を含めて10人で、12月12日~
   13日に富士山へ行ってきました。 (この文章は、1999年のものです)
   以下はその報告ですが、思わぬハプニングが続発したツアーではありました。

   《第一日目》
   9時30分、小田急線・成城学園前駅に集合。
   これ以前に、車で来るOさんと古沢仁宏が近くで落ち合うことになっていたのだが、
   合流できず、どうしたものかと思案しながら、みんなで車の方へ歩いていると、向
   こうからOさんの車がやって来た。(O(オ)-、グッドタイミング!)

   中央高速で河口湖インターへ。
   途中から天気も良くなり上半分が雪を被った富士山がくっきりと現れる。
   まず北口本宮浅間神社へ富士山登山のご挨拶。
   ここで古沢仁宏がレンタカーを駐車場のポールにぶつけるというハプニングが。
   (駐車場だと思って後ろも見ないでバックしたら、なんとそこにポールが立っていた
   のだ。信じられな~い!)
   発売されてまだ半年も経っていない新車の後部が、かなりへこんでしまった。
   (わざわざ ”ガイア” という、今回のツアーにふさわしい車を借りてきたのに・・・)

   衝突のショックで、みんながいくぶん目覚めた(?)ところで、昼食の手打ちソバ屋
   へ。(古沢仁宏だけが落ち込んでいた ― ショックが強すぎた?)
   目立たない山の中なのに、ここがものすごく混んでいた。
   それもそのはず、挽きたての香りのするソバが出てきたのだ。
   しかも焼き味噌がついていて、これがとっても美味!
   みんな大喜び。(これで先ほどの衝突の減点も帳消しか?)

   それから忍野八海(おしのはっかい)へ向かう。
   ここは富士山の伏流水が地面から湧き出ているところ。
   本当に心が洗われるような清らかな水。
   幸いなことにTさんと古沢仁宏以外は初めて。
   みんなその美しさに感動!(一人だけ感極まって迷子になった人がいた・・・17回
   のツアー史上初めて ― 実は一人でお餅を買いにいったとか ― 水より団子?)
   それから近くの忍野温泉へ。
   温泉を堪能し、夕食に舌鼓を打って、夜は光のセミナー。
   ここでビジョンが見えたり、スピリチュアルな体験をする人が続出。

   (それは次のようなもの)
   ☆ 富士山の上から紫色の光、下から赤色の光。それが五合目で融合して、純白
      の光に。
   ☆ 自由に動ける人間が天と地をつなぐということが重要で、人間が自覚して天と
      地をつなぐということは、すごいこと。
   ☆ 天地人の融合の象徴として、”天から降りてくるエネルギー、地から噴き出して
      くるエネルギー、天地が調和した光=人=ハート” のマーク(のビジョン)。
      (*実際に、News Letterではそのマークが描かれてあるのですが省略します)
   ☆ ここに参加した人は選ばれた人ではなく、自分で選択した人。自分で決めた人。
   ☆ 明日、富士山に登る時、大きな天使が誘導してくれる。
      そして、小さなエンジェルがみんなの周りでサポートしてくれる。
   ☆ 富士山の姿は見せかけで、本当は天と地をつなぐ装置 ― ピラミッド。

   セミナー中、部屋が異常に暑くなり、赤い地球の中心のエネルギーが噴き上げてく
   る感じ・・・そういえば、今日の参加者は紅い服を着ている人が多かった・・・

   《第二日目》
   朝起きると、周辺(あたり)は真っ白に霜が降りていた。
   しかし見上げると雲ひとつない快晴。
   あまりにもすばらしい天気なので、朝食前に忍野八海まで富士山を見に行くことに。

   忍野八海に着くと、そこにはずら~っとカメラマンが並び、富士山に向かってシャッタ
   ーを切っていた。
   快晴 ― 本当に一片の雲さえない。
   しばらく薄紅色の富士山に見とれてから、慌ててシャッターを切る。
   こんな日は年に何日もないだろうというぐらい、すばらしい天気。

   それから宿に戻って朝食。
   腹ごしらえを済ませ、いよいよ富士山へ。
   富士吉田口一合目の直前にある馬返(うまがえし)まで車で行って、そこから歩き始
   める。
   最初はけっこうきつかった。
   三合目あたりで、屋久島ツアーに行ったメンバーから行ってないメンバーに屋久島
   のエネルギーを回す。(行った人6名、行ってない人4名)
   不思議なことに、それから急に楽になる。

   途中、かなり雪が積もっていて、滑りながら五合目へ。
   五合目のすばらしい眺望の中、天と地を融合するためにみんなで輪になって瞑想。
   その時、まさに天からエネルギーが降り、地からエネルギーが噴き出し、手をつない
   だメンバーのハートの中で、それらが一つに統合された。

                            ・・・富士山ツアー報告 - 2 へ続きます

                 T&F News Letter №22 (1999年1月24日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代





スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0
真の瞑想
2008-12-27 Sat 14:10
                                           『木霊の森』
木霊の森ー31-oct_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   kimi2 Letter より

   『真の瞑想』

   いま、この瞬間に浸りきると、すべてがあります。
   もう何もいりません。
   満たされているのです。
   いま、ここ、即座 ― 何も難しいことはないのです。
   青い鳥は足下に、身近にいるのです。
   いま、ここ、即座 ― ただ、心がいろいろな経験をした末に静まるか
   どうかだけなのです。
   心が落ち着けば、そこに宇宙があり、真実があります。
   とてもシンプルです。

   真の瞑想とは、ただ心が静まるだけ。
   静めようとすることもなく、一切の努力なく、心が自然に静まること。
   それが真の瞑想なのですが、それは求めるものではなく、ただ自然に
   起きるしかないのです。
   (まだ求めている間は有為=作為の世界なのです。心が静まった状態
   ではないのです)
   何もしないで自然に心が静まる・・・それこそが真の瞑想です。

                   kimi2 Letter №7(2001年7月1日発行) より
                               >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代






別窓 | 木霊の森 | コメント:4
メッセージ
2008-12-25 Thu 13:27
                                    『大きな大きな杉だよ』
大きな大きな杉だよー09-oct_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   Light News Letter より

   『メッセージ』

   これからも、慌てることなく、ゆっくりと、着実に進んでいきましょう。
   どんなことがあっても、落ち着いて対応すれば大丈夫です。
   先のことをいたずらに思い煩うことなく、目の前に起きてくることを
   じっくりと味わいましょう。
   頭で考え過ぎたり、結果を気にしたりしないで、かすかな気配を敏感
   に感じ取り、思いきってチャレンジしましょう。
   古い乗り物に乗るのではなく、新しい乗り物に乗りましょう。
   過去の経験で判断すると、とても怖くて乗れないかもしれませんが、
   自分の中の感性を大切にしましょう。
   結局、最後はそれしかないのですから。

   ゆっくり、あせらないで、大きな心で見守っていきましょう ― 
   自分自身を、そして社会を。
   何事も冷静に対応しさえすれば大丈夫です。
   『何があっても大丈夫!』

                Light News Letter №7 (2000年12月8日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代






別窓 | 未分類 | コメント:2
手放す
2008-12-23 Tue 15:06
                                        『ジェットの軌跡』
ジェットの軌跡ー22-oct_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   『手放す』  News Letter №26 編集後記より

   部屋が暗いと、ゴミやホコリもあまり目立たないのですが、部屋が明るくなるに
   つれて、小さなゴミやホコリまではっきりと見えてきます。
   これは何も部屋に限ったことではなく、心も身体も同じようなものです。

   これまでは暗くて、あまり目立たなかった心身のゴミやホコリが、自分自身が明
   るくなるにつれて、いやに気になるようになります。
   そこで、以前の方が楽だったと思ったりすることもありますが、いったん明るくな
   ったものを元に戻す気にはとうていなれません。
   暗くても目立たないだけで、元々ゴミやホコリはあったのです。
   それにこれまでは気づかなかっただけなのです。
   ゴミやホコリにまみれて、これまでは生きてきたのです。
   ゴミやホコリがあることさえ気づかずに・・・

   しかし、今では自分自身が明るくなり、いやでも細かなゴミやホコリにまで気が
   つくようになりました。
   気づくということが、そこから自由になる始まりです。
   部屋のゴミやホコリを大事にしまっておく人はいないでしょう。
   気づいたら、すぐにゴミ箱に捨てるはずです。
   それと同じです。
   気づいたら、すぐに手放せばいいだけです。
   自分の中のゴミやホコリが気になったら、それに気づくことがそれから自由に
   なる始まりだと思ってください。
   そして、ゴミやホコリに気づいたら、即座に手放してください。

   これから地球全体がさらに明るくなります。
   そうなると、これまで闇に紛れていたものが、いやでも目につくようになります。
   自分自身の内側の見たくないものも白日のもとに晒されます。
   そのような時には、慌てて取り繕おうとしないで、あきらめて手放すといいでし
   ょう。

   もう手放して、手放して、軽くなる時代です。
   ただ、はっきりと見極めて、手放せばいいだけです。
   あれこれ詮索することも、後悔する必要もありません。
   過去のものはすべて手放して軽くなりましょう。
   よけいなことを考えることも、先のことを心配することもいりません。
   過去の自分自身が現れて、解き放たれているのだと思って、静かに見守って
   いてください。
   そうしていれば、時代のエネルギーがサポートしてくれます。
   ジタバタすれば泥沼にはまります。
   いらないものをゴミ箱に捨てるように、ただ手放せばいいのです。
   手放して、手放して、どんどん軽くなっていきましょう。
   それが今という時代です。

                 T&F News Letter №26 (1999年9月1日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代






別窓 | | コメント:0
全受容
2008-12-21 Sun 11:32
                                           『やさしい杉』
やさしい杉ー08-oct_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   『全受容』

   見守りは、思考ではありません。
   思考を超えた大きな意識です。
   自分自身を全受容することです。
   いっさい拒否しないことです。

   口や行動に出る前に、気持ちの段階で抱き止めるのです。
   しっかり受け止めてあげれば、気持ちは落ち着くものです。
   いっさい否定しないで、そのままわかってあげることです。
   じーっと一緒にいて、抱きしめるのです。

   自分の胸に抱いて、解かす感じですね。
   暖かく包んで、氷を解かすのですよ。
   一緒にいれば、少しずつ氷は解けていきます。
   強く抱きしめれば抱きしめるほど、解けていくのです。

   過去の悲しみ。
   苦しかったこと。
   辛かったこと。
   誰にも言えなかったこと。

   わかってもらえなかったことが、反応しているだけです。
   受け止めてもらえなかったこと。
   理解されなかったこと。
   それらが心の奥に残っているのですね。

   それらすべてを受け止めてあげることですよ。
   受け止めてあげない限り、それらは反応し続けます。
   あなたが受け止めてあげないと、誰も受け止めてはくれません。
   あなた以上にわかってあげられる人はいないのですから。

   すべてを無条件に受け止めてあげることですね。
   その上で、過去に振り回されないことです。
   過去を否定する必要はありません。
   過去から学べばいいだけです。

 
     
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | 未分類 | コメント:0
見守る
2008-12-18 Thu 12:43
                                 『黒味岳登山の途中の巨石』
黒味岳登山の途中の巨石ー20-oct_0
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 

     
     日記 『無色透明』 より

     『見守る』

     黙って見守る。
     無条件に見守る。
     静かに静かに見守る。

     自分を見守る。
     周りを見守る。
     すべてを見守る。
     すべてと共に生きながら、すべてを見守る。

     無限の無限の意識の奥から、すべてを見守る。
     すべてを見守りながら現実を生きる。
     揺れ動く心を見守りながら現実の中で生きる。

     見守ることは、瞑想。
     すべてを無条件で見守ることは、真の瞑想。
     無言ですべてを見守ることは、無上の瞑想。
     その時、意識はひとりでに輝き始める。
     静かに静かに宇宙に光を放つ。
     始まりも終わりもない光を放つ。

     『静寂に 独り静かに 見守れば 意識は輝き 光を放つ』


     
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | | コメント:4
旅人
2008-12-15 Mon 12:44
                                        『屋久島の源流』
屋久島の源流ー30-dec_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 

     
     日記 『無色透明』 より

     『旅人』

     長い永い輪廻転生の後に到達した今。
     数多(あまた)の経験の末に辿り着いた今生。
     その数えきれないほどの過去世を、今、統合する時。
     これまでの経験を生かして、この世に愛の花を咲かせる時。

     宇宙から地球に来て、また宇宙へ戻って行く。
     人は、旅人。
     宇宙の旅人。
     星から星への渡り鳥。

     何もないところから、すべてを創造する旅人。
     宇宙そのものを創造する旅人。
     内なる光を外に現わす旅人。
     光そのものである旅人。
 

     
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | | コメント:0
天と地
2008-12-13 Sat 02:41
                                     『満月の青バージョン』
満月の青バージョンー21-dec_07

  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 

     
   日記 『無色透明』 より

   『天と地』

   冷静は地、霊性は天。

   しっかりグランディングして、スピリチュアルに生きる。
   片方だけに偏らない。
   天と地の調和、バランス。
   ハートで繋ぎ、調和のなかを生きる。

   『天と地を ハートで繋ぎ 調和させ 光と共に この世を生きる』
 

     
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | | コメント:2
真理
2008-12-11 Thu 12:28
                                       『山を下りる紅葉』
山を下りる紅葉ー29-dec_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   日記 『無色透明』 より

   真理

   自分の意識のなかを整理整頓することだろうか。
   風通しを良くすれば、真理はおのずからわかる。
   わかれば、そのまま行動すればいいだけ。
   何の疑いも生じる余地はない。

   自分の意識の混乱を整理整頓することが、最も必要なこと。
   その先に真理はおのずと現れる。
   混乱した意識では、真理が目の前に出現しても疑うことしかできない。
   真理を真理として自覚できない。

   疑いは、いらない。
   必要なのは、理解すること。
   自分の意識構造を理解すること。
   理解して、整理整頓すること。

   自分のなかをエネルギーがスーッと流れるようになれば、真理は向こうから
   やって来る。
   疑いを差し挟む余地はなくなる。
   真理は、真理。
   ダイレクトにわかる。


   災いなるかな、疑い多きものよ。
   汝は、真理の何たるかを知らず。
   疑うことによって、無意識のうちに真理を歪める。
   真理に疑いという言葉はない。

   疑いは、相対的な思考の次元にあるだけ。
   真理を知らない次元に存在するだけ。
   迷える子羊とは、疑い多きもののこと。
   疑う故に、迷う。


      
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | 風景 | コメント:0
信頼
2008-12-09 Tue 11:11
                                           『森の紅葉』
森の紅葉ー14-dec_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
     日記 『無色透明』 より

     信頼

     人は自分を信頼しているだろうか
     人は自然を信頼しているだろうか
     人は宇宙を信頼しているだろうか
     人はすべてを信頼しているだろうか

     人は自分を信頼していないかもしれない
     人は自然を信頼していないかもしれない
     人は宇宙を信頼していないかもしれない
     人はすべてを信頼していないかもしれない

     究極は
     どれだけ深く
     体を信頼し
     心を信頼し

     自分を信頼し
     自然を信頼し
     宇宙を信頼し
     すべてを信頼するかに尽きる

     信頼があるところに不安はない
     では
     その信頼は
     どこから生まれるのだろうか

     それは
     理解
     深い理解
     真にわかることから生まれる

     知的な理解ではなく
     頭の理解ではなく
     表面意識の理解ではなく
     もっと深い理解

     真にわかることから
     信頼は自然に生まれる
     殊更に信頼を意識する必要もない
     深い信頼がそこにある


      
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | 未分類 | コメント:0
全身全霊 - 2
2008-12-08 Mon 08:38
                                           『山の紅葉』
山の紅葉ー20-dec_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
     日記 『無色透明』 より

     全身全霊 - 2

     深く深く人生を理解する
     理解から信頼が生まれ
     安心が生まれ
     心のやすらぎが生まれる

     心を込め
     魂を込め
     全身全霊で
     自分自身を理解する

     『心込め 魂込めて 全霊で 取り組む時に 扉が開く』


      
   ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | | コメント:0
全身全霊 - 1
2008-12-07 Sun 13:29
                                           『光射す森』
光射す森ー30-sep_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
     日記 『無色透明』 より

     『全身全霊 - 1』

     苦しみから
     逃げない
     直面し
     直視する

     直視して
     理解する
     深く
     全身全霊で

     その時に
     深い深いやすらぎがやって来る
     それは
     イージーな道ではない

     命を賭けるぐらいの気合がないと
     飛び込めない
     すべてを捨てるくらいの気合がないと
     真実はわからない

     心を込め
     魂を込め
     全身全霊で生きる
     それが必要な時もある


      
    ブログタグ1  
   ブログランキングに登録しています。
   写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
   愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
別窓 | 木霊の森 | コメント:2
編集便り - 6
2008-12-05 Fri 10:52
                                     『クリアーな木霊の森』
クリアーな木霊の森ー29-sep_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 6

   空想や妄想などの心理的思考が多いと、意識の周りにボワーッとした膜のような
   ものができ、その中で閉塞状況に陥って、自分がまるで見えなくなってしまいます。
   まるで電球に煤が一杯着いて中の光が見えなくなるようなものです。
   心理的思考が少なければ少ない程、心はクリアーです。
   まさに ”少思” の奨めです。

   心理的思考はエネルギーの消耗です。
   考え過ぎないということはとても大切なことです。
   考えることよりも、黙って見ることの方が遥かに重要です。

                   K-Communication №44 (1994年4月27日発行) より
                                    >>K-Communication


   ☆ぴあの編集後記
   今日の写真は、kimiさん曰く、”とてもクリアーな日に撮った木霊の森” 
   ということです。
   透明感が伝わりますか?美しいエネルギーですよね。浄まります。
   ぜひ、大きな画像でご覧になってくださいね☆


      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 

別窓 | 木霊の森 | コメント:4
編集便り - 5
2008-12-04 Thu 08:44
                                          『巨大な倒木』
巨大な倒木ー28-sep_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 5

   面白いことに、「静かに”なろう”」 としたら絶対に静かになることはできません。
   なぜなら、静かになろうとすると、その静かに ”なろう” とする行為そのものが静
   かではないからです。
   つまり、静かになろうとすればする程、静かさからは遠ざかってしまいます。

   静かさとは、後で、ふと、静かだったと気づくだけではないでしょうか。
   しかし、気づいた瞬間、その静かさは消えています。
   なぜなら、気づいた瞬間は静かさそのものではないからです。
   静かさそのものの時には、静かさに気づくということもありません。
   ただ、静かさそのものであるだけです。

   ”気づき” というのは、心が静まる前段階として、条件付けや思考の性質に気づく
   ためにあるのかもしれません。
   心が静まってくれば、反応も少なくなり、自分の心に気づくということもあまり必要で
   はなくなるでしょう。
   その時は、ただ周囲(まわり)を感じて生きるということがあるだけではないでしょう
   か。


   何事も落ち着いて対処できれば、それ程問題はないのかもしれません。
   自分の中に落ち着いたものがないと、全てが浮き足立ち、様々な問題が生じがち
   です。
   自分が落ち着いていれば、何が起きても、目の前の状況に冷静に対処することが
   できます。
   そして、落ち着いて対処できれば、そうそう解決できない問題というものはありませ
   ん。
   焦って要らぬことをしたり、不用意な発言をするから問題がこじれてしまいます。
   落ち着いて事にあたれば、問題も自然に消滅するのではないでしょうか。

   頭だけで対処するとトラブルが発生しがちですが、落ち着いて自分の全体で対応で
   きれば、そう問題はおきないのではないでしょうか。
   ゆっくりと落ち着いて対処しさえすれば、打開できないものはないように感じる今日
   この頃です。
   落ち着いた心とは、しっとりとして、静かさと安らぎに満ちた心です。

                   K-Communication №44 (1994年4月27日発行) より
                                    >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 

別窓 | | コメント:0
編集便り - 4
2008-12-02 Tue 12:35
                                         『空を飛ぶもの』
空を飛ぶものー03-sep_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 4

   午前3時頃(?)、布団に入っていると、お腹を足で踏みつけられるようなすごい圧迫
   感を感じました。
   一瞬、本能的に払いのけようとしましたが、思い直して、そのまま見守っていると、ま
   さにここが臍下丹田というところにド・ド・ド・ドッという感じでエネルギーが入ってきま
   した。
   「ああ、ここが臍下丹田なんだなあ」 と思う間もなく、お腹にエネルギーが入ると同時
   に、頭の方も数次元、意識が飛んでしまいました。
   頭の意識が飛ぶことはこれまでにも何回か体験したことがありますが ― それは頭
   が透明に爆発するような感じです ― お腹にエネルギーが入るのは初めての体験で
   した。
   頭やハートに光が入ることは頻繁にありますが、お腹は光ではなく、まるで重低音の
   爆発のような感じでした。

   ここ5年程、K(Krishnamurti)に専念することによって、頭の方は随分整理されてき
   たという感じがありますが、ハートとお腹までは手が回りませんでした。
   ところが、ここへきて 『光のセミナー』 によってハートが開き始め、あとはお腹がスカ
   スカだなあと感じるでもなく感じていたら、その一番弱いところに、もろにエネルギー
   が入ってきました。
   それによって随分バランスがとれた感じになってきました。
   お腹はどっしりと安定し、頭はあくまでクリアーで、ハートはどこまでも暖かく・・・
   それが本当のバランスのとれた状態のように感じます。


   自分のエネルギーがスカスカの時、全く充実感がない時、静かにしていると周りから
   自分に向かってエネルギーが満ちてきます。
   何もしなくても、ただ静かにしているだけでエネルギーは自然に充電されます。
   それはあたかも水が高いところから低いところへ自然に流れていくようなものです。
   静かであればある程、高いエネルギーとの接触が起き、静かさと正比例するかのよ
   うにエネルギーレベルは高まっていきます。
   本当に何の努力も必要なく、エネルギーがない時は、ただ静かにしていればいいだ
   けです。
   潮が満ちるように自然にエネルギーは満ちてきます。

                   K-Communication №44 (1994年4月27日発行) より
                                    >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 


別窓 | | コメント:0
| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。