FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
イメージ・ゲーム - 3
2008-06-25 Wed 12:19
                                   『チャボシライトソウ - 1』
チャボシライトソウー11-july_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   T&F News Letter №8 より、Q&F 〈イメージ・ゲーム〉 を連載しています。


   イメージ・ゲーム - 3 

   F そうだね。でも、そうやって一生自分をごまかして生きるのかな?
   Q それは・・・
   F もっとつらいかもね。
   Q そうですね。
   F やっぱり、ありのままの自分自身を直視するしかないんじゃない。
   Q そうですね。
   F そうやって自分が想像(つく)っている自己イメージに気づいていかないと楽には
     なれないよね。
   Q そのようですね。
   F 自己イメージが修正されない限り、惨めな被害者だものね。
   Q そのとおりです。
   F でも、自己イメージって変わるからね。
   Q そうなんですか。
   F そうよ。何かうまくいくと、突然、自信満々になったりするじゃない。
   Q そういうこともありますが・・・
   F でも、また失敗すると、以前に輪をかけて 「僕はやっぱりだめなんだ~」 となる
     のね。
   Q まったく、そのとおりです!
   F でも、その自己イメージがぜ~んぶ消えてしまうこともあるのよ。
   Q そんなことがあるんですか。
   F あったら、あなたもそうなりたい?
   Q それはもう・・・
   F 惨めな 『私』 だものねぇ~
   Q 消え入りたいほどですよ。
   F たまに交通事故なんかで記憶喪失になる人がいるじゃない。
   Q ええ。
   F そうなると、自分の名前も忘れてしまって、自分のアイデンティティがなくなって
     しまうのね。
   Q そうなんですか。
   F 昨日までの 『私』 が、突然、消えてしまうの。
   Q そんな・・・
   F それで 「私って誰?」 ということになってしまう。
   Q 『私』 はどこへ行っちゃうんですか。
   F 自分は生きているのに、ちゃんと意識もあるのに、『私』 はいない・・・
   Q ヘンですね。
   F 記憶がなくなると 『私』 は消えてしまうのよ。
   Q そうなんですか。
   F だって、いまあなたから記憶がなくなったら、あなたはいる?
   Q いますよ!ちゃんとここにいるじゃありませんか。
   F では、あなたのお名前は?
   Q ウッ!
   F 言えないでしょう?
   Q そうですね。
   F あなたはどなた?
   Q ・・・・・・ (何も言えない)
   F 記憶がないと、あなたはいる?
   Q いないみたいですね。
   F そうでしょう。記憶がないと 『私』 はいなくなってしまうのよ。
   Q 自分はいるのに、『私』 はいない・・・
   F 意識はあるのに、『私』 はいないのね。
   Q 意識はあるのに・・・
   F 意識だけでは 『私』 ではないのよ。
     意識が記憶とドッキングして初めて 『私』 が生まれるのよ。
   Q そうなんですか。
   F だから、赤ちゃんの時も意識はあるのに、記憶がないから 『私』 はまだいない
     のよ。
   Q そうかぁ・・・
   F だから 『私』 って意識と記憶の合体作なのよ。
   Q 合体作ですか・・・
   F イメージなのよ。
   Q イメージですか・・・
   F 自分が自分について持っているイメージ、それが 『私』 なのよ。
   Q 確かに、そのようですね。
   F 名前とか学歴とか、家柄とか職業とか、家族とかスタイルとか・・・
     それらがみんな合わさったものなのね。
   Q 『私』 と一口に言っても複雑なんですね。
   F しかも、それは刻々変化しているのね。
   Q 刻々ですか。
   F そう。成功すると 『すばらしい私』 になって、失敗すると 『惨めな私』 になる。
   Q そうですね。
   F だから、『私』 というイメージも固定したものではないのよ。
   Q そうかぁ・・・
   F 雲のようにふわふわしたものなのよ。
   Q 雲も刻々と形が変わりますものね。
   F そうなの。とてもあいまいな 『私』 なの。
   Q とらえどころがないですね。
   F 意外でしょう?
   Q 意外ですね。『私』 って、もっとしっかりしたものかと思ってました。
   F ところが、実際は雲のように掴みどころがないのよ。
   Q まるで雲を掴むような話ですね。
   F うまい! 
   Q でも、『私』 がそんなにあいまいなものだとすると、いったい何を信じたらいいん
     ですか。
   F 何か信じるものがほしいの?
   Q 何か拠り所がないと・・・
   F 生きていけない?
   Q そういうわけではないけど・・・
   F どういうわけなの?
   Q なにか心もとなくて・・・
   F そうねぇ・・・
   Q 何かないんですか。
   F 何かというと?
   Q だから・・・
   F だから、何?
   Q 何か頼りになるものが・・・
   F 頼りになるもの?
   Q ええ、何か・・・
   F あるかな?
   Q ないんですか。
   F どうだろう?
   Q 教えてくださいよ。

                                    ・・・続きます

                   T&F News Letter №8 (1996年4月20日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代



スポンサーサイト
別窓 | | コメント:11
| いのちの島=屋久島 |