FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
イメージ・ゲーム - 1
2008-06-20 Fri 17:57
                                    『木の葉の空中浮揚?』
木の葉の空中浮揚?-11-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   T&F News Letter №8 より、Q&F 〈イメージ・ゲーム〉 を連載します。
   かなり長い連載になると思います。(予定回数、把握しかねております・・・)
   どうぞ、続けてお読みください。


   イメージ・ゲーム - 1 

   Q(質問者) 古沢さんは、悟っているんですか。
   F(古沢仁宏) どうだろう?
   Q 自分ではわからないんですか。
   F 悟ったという自覚がないから、きっと悟ってないんだろうね。
   Q 悟ってないのに、セミナーなんてやってていいんですか。
   F やってちゃいけないの?
   Q いけないということではないですけど・・・でも、ほんとにいいんですか。
   F いけないのかなぁ・・・
   Q でも・・・
   F じゃあ、聞くけど、セミナーをやってる人は、みんな悟ってるの?
   Q それは・・・
   F どう見ても悟ってるようには見えない人もいっぱいいるんだけど。
   Q 確かに・・・
   F それはどうなの?
   Q でも、いいんですかね?
   F やっぱり、悟ってないとセミナーやっちゃだめなの?
   Q そういうわけではないですけど・・・
   F 実際は、悟っていようが悟っていまいが、セミナーをやりたい人はやってると
     いうのが実情じゃないの。
   Q まあ、そうですね。
   F だったら、それでいいんじゃないの。
   Q いいんですか。
   F そんなに悟りにこだわらなくてもいいんじゃないの。
   Q でも・・・
   F でも、何?
   Q 自分が未熟なのに、セミナーなんかやっていいのかなって?
   F 完璧になってからじゃないと、やっちゃだめということ?
   Q そうでもないけど・・・
   F 人それぞれだから。
     悟ったと自覚してセミナーを始める人もいるかもしれないし、逆に、悟ったら
     セミナーをやめる人もいるかもしれない。
     それぞれでいいんじゃないの。
   Q そうですかねぇ・・・
   F 別に、悟ってからでないとセミナーをやってはいけないと限定することもないん
     じゃないの。
     悟ってからやってもいいし、悟る前からやってもいいし、やりたくなったらやれ
     ばいいんじゃないの。
     『思い立ったが吉日』 とか言うじゃない。
   Q そんなんでいいんですか。
   F でも、それ以外に客観的な基準なんてないんだよ。
   Q 客観的な基準ねぇ・・・
   F そもそも 『悟り』 という言葉自体がイメージだからね、実際に悟るまでは。
   Q ?
   F だって、あなたは悟ってないんでしょう?
   Q ええ。
   F ということは、本当は悟りを知らないんでしょう?
   Q ええ・・・
   F にもかかわらず、『悟り』 という言葉を使っているわけだよね。
   Q ええ。
   F ということは、悟りの実態を知らないで 『悟り』 という言葉を使っているというこ
     とになるよね。
   Q そうですね。
   F ということは、あなたの 『悟り』 という言葉はイメージということにならない?
   Q 三段論法で言うと、そうなりますね。
   F 三段論法でなくても、そうなると思うけど。
   Q まあ、そうですけど。
   F ということは、「悟ってないとセミナーをやってはいけない」 というのもイメージか
     な?
   Q どうもそのようですね。
   F ということは、あなたは実態の伴わないイメージをベースにしてお話をしている
     ということ?
   Q きびしいお言葉ですね。
   F 煎じつめると、あなたのお話はイメージ・ゲーム?
   Q そこまで言わなくても・・・
   F 別に、あなたに限らないんだけど、一般的にいまの人類はイメージ・ゲームが
     多いのよ。
   Q そうなんですか。
   F 偉くなりたいとか、お金持ちになりたいとか、悟りたいとか、み~んなイメージ・
     ゲームなのよ。
     自分で想像(つく)りあげたイメージに自分自身を近づけようとするゲームよ。
     みんなみんな、そのイメージ・ゲームの中で生きているのよ。
   Q ・・・・・・
   F 自分で想像(つく)りあげたイメージの世界で、いろいろ演じているだけなのよ。
   Q そんな・・・
   F そもそも 『私』 というのが自分で想像(つく)りあげたイメージだからね。
   Q エッ?
   F だから、『私』 というのはイメージなのよ。
   Q 『私』 はイメージなんですか。
   F 『私』 の実態はイメージよ。
   Q ほんとに?
   F そう。あなたが自分で想像(つく)りあげている自分自身についてのイメージが
     『私』 なのよ。
   Q そんなぁ・・・
   F それがそうなのよ。
   Q どうしてそうなんですか。
   F どうしてだろうね?
   Q だって、ちゃんとここに肉体があるじゃないですか。

                                    ・・・続きます

                   T&F News Letter №8 (1996年4月20日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6
| いのちの島=屋久島 |