FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
空 - 2
2008-06-06 Fri 17:11
                                      『ヤクシマシャクナゲ』
ヤクシマシャクナゲーsyakunage-17
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   K-Communication より、『空』 を連載しています。


   空 - 2

   以上のことは、意識についても全く同様に言えるように思います。
   意識は瞬間・瞬間変わります。
   今あった想いが、次の瞬間、別のものに変わっています。
   有が消え無に滅すると同時に、次の有が現れます。
   意識は一定していません。
   それをあたかも連続しているかのように思い込ませているのは記憶の働きです。
   記憶が瞬間・瞬間の意識に架空の継続性を与えます。
   意識は本来、一瞬一瞬のデジタルの世界ですが、記憶をベースにする心理的思考
   だけが、連続性のアナログの世界に生きています。
   それは思考が造り出す幻想の時間です。
   それが有・無と同様な生・死という分離を造り出します。
   生という連続性の有が、死という不連続によって無に帰すのです。
   生は、思考が記憶を基に造り出す連続性のイメージです。

   それは 『私』 と置き換えることもできます。
   人は死ぬという断絶によって、連続性の有である 『私』 が無に帰すことを恐れます。
   実際は、死も他人の死の記憶を基に思考が造り出すイメージに他ならないのですが
   ・・・
   つまり、人は思考が造り出す生・死・有・無という幻想の中で生きているのではないで
   しょうか。
   そして、それが無常の苦しみを生み出しているのではないでしょうか。
   人は、諸行無常であるが故に安定を求め、求めることによって、また執着と悲しみを
   生み出します。
   人は、記憶によって諸行に連続性を与え、その与えた連続性のはかなさを思うこと
   によって自ら苦しみます。
   諸行を有と見なし、生と見なし、その連続性の断絶を無と見なし、死と見なすことに
   よって、その思考の思い込みによって、苦が生じるのではないでしょうか。
   それは外側の現象を見てそれを内面に応用することや、自己を客体化して思考す
   ることから発生するのではないでしょうか。
   自己が外側からではなく内側から見られる時、思考による自己客体化なしに見られ
   る時、有無、生死は同時であり、瞬間であり、分離できないことが自覚され、連続性
   による悲しみが終わるのではないでしょうか。
   なぜなら、それは思考が記憶を基に造り出す幻想に過ぎないのですから。
   事実は瞬間・瞬間があるだけです。
   有と現れ無と消えていく意識の瞬間です。

                                      ・・・続きます

                         K-Communication №18 (1991年2月号) より
                              >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代



スポンサーサイト



別窓 | | コメント:4
| いのちの島=屋久島 |