いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
地球へ - 2
2008-03-30 Sun 13:58
                                       『翼に乗った太陽』
翼に乗った太陽ー15-sep_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F 光のセッションレポート№1より

   光のセッションレポートを連載しています。
   文中、F=kimiさんです。


   地球へ - 2

   S ちょっと違う・・・地球の前・・・もう一つ同じ星があるような気がする。
     地球と似ているけれども、地球じゃない。
     すごいスピードで落下して、ちょっと摩擦があるかな。
     頭がちょっと痛い。
     地球じゃないと思うけど、地球によく似てる。
     地球よりずっと酸素が薄い。それに慣れるまで眩暈を起こしそうな気がする。
     前に自分達がいたところとは全然違う。
     前はすごく科学的だったんだけど、もっと自然的というか、地球によく似てる。
     湖が見える。林が周りにあって、先住民がいるんじゃないかな。
     でも、争いのバイブレーションを感じる。
     自分の星では本当に平和のエネルギーだけが漂っているという感じだった。
     口で言えないほど平和なバイブレーションだった。
     でも、ここはきれいだけれども、争いのバイブレーションがある。
     たぶんここに移住するのかな・・・
     そうすると、ここの星のレベルに下がってくる。
     自分達はすごく高度な人間で、本当にいいバイブレーション。
     信じられないようなバイブレーションの世界に生きていたのが、そこに住みつく
     と自分達も同じレベルに退化していく感じ。
     この星に住むんだけども、争いのバイブレーションが気になって嫌な部分。
     自分達の星はすごく平和と愛に満たされていたから、今もまだ降りたくない。
   F 降りたくない?
   S 降りてったら、どんどん退化していく状態になる。
   F そこでも生きていけそうですか。
   S ここしか見つけられない。  
     宇宙船で随分長い間、すごい距離を飛んで・・・
     宇宙船が飛ぶというか、瞬間移動なんだけど、時間がないんだけど・・・
     例えば、宇宙船が宇宙に停まってても、スピードを感じて、距離を感じて、時間
     を感じるの・・・
     すごい年数・・・何百年、億かもしれないけど、すごい長い間、飛んで見つけた
     ところ・・・ 

     (中略)

   S 牧場みたいなところ。男の子がいる。田舎町。
     手に何か持ってる。坂道を下りてくる。
   F その子は日本人ですか、白人ですか。
   S ヨーロッパ調の田舎という感じ・・・
     その男の子は大きくなると、この町の郵便局で働くのかな・・・
     郵便局で働いて市長になったのかな・・・
     小さい子が、まず郵便局で働いて、市長になって、駅長になって・・・みんなやっ
     てる・・・
     きれいな景色と合わないパラソルを持った女性がいる。
     すごく小さな小さな町。
   F その人の一生はどんな一生でしたか。
   S 生真面目で、ぜんぶ順調にきてるけれども、独身。
   F 彼はその人生で何を学んだか聞いてみてください。
   S 人を愛さなきゃいけない。
     人を大切にしなきゃいけない。
     自分達の町は自分で守っていきたい。
     平和のままにしておきたい。
     だから、どんな小さなことでも相談に乗ってあげて、それで一生終わってしまっ
     たかな。
     人のために尽くして、とても幸せな一生。
     自然が好きで、人が好きで、平和が好きで、湖でたまに釣りもしていたみたい。
   F その人と先程の宇宙船の人とは何か関係があるかどうか聞いてみてください。
   S 「遠い記憶」 と言ってる。
     「肉体を持ってしまった」 と言ってる。
     小さな町でひっそりと仲間と平和なままで肉体を持ってそこで生活していた。
     そこにパラソルの彼女が・・・自分達とは魂の違う人。
     非常に魅力的だったんだけれども、そういう人間の恋愛感情的なレベルまでは
     下がらなかった。
     全体の愛の方を選んで、自分達の仲間と幸せに暮らしていた。
   F 彼と今のあなたとはどういう関係なのか聞いてみてください。
   S 私・・・なのね。
     彼は肉体を持って男だったけれども、ずっと中性だったと言ってる。
     それで、私も今はこういう女性の形をしているけれども、まだ中性のままで・・・
     宇宙船に乗ってた時の部下達は、この町で肉体を持って子供を持った人達も
     一部はいるけれども、自分の側近にいた人達は形は男になったり女になったり
     しているけれども、独身で、魂は中性のままでいる。
     でも、その人達がまた地球に転生している。
     地球に降りてきた人もいるし、いまだにその星で生まれ変わっている人もいる。
     その星は地球に似ているけれども、成長を止めようと思えば止められる。
     百年生きても、50才のままでずっといることもできる。
   F Sさんは地球に生まれ変わった人なんですか。
   S 私は二ついるの。
     分離というか・・・今もその星で男の形を取ったままで・・・・  
     本当は何百年も生きているのかもしれないけれども、50~60才の姿で。
   F では、どうしてあなたが地球に生まれてきているのか、その人に聞いてみてくだ
     さい。

                                ・・・”地球へ - 3” へ続きます

                      T&F 光のセッションレポート№1(1995年) より
                       >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

スポンサーサイト
別窓 | 朝陽 | コメント:2
地球へ - 1
2008-03-29 Sat 01:46
                                         『巨大UFO?』
巨大UFO?ー01-aug_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F 光のセッションレポート№1より

   光のセッションレポートを連載しています。
   文中、F=kimiさんです。


   地球へ - 1

   A.Sさん (45才 女性 会社員 山羊座 O型)

   光のセミナーに参加することなく、直接、個人セッションをお受けになりました。
   アメリカに移住すべきか、日本にとどまるべきか、かなり切羽詰まった感じで
   お越しになりました。

   F 今、どんな感じですか。
   S 思い出せない・・・ここはどこだっけ?
   F あなたが知っているところですか。
   S なにか涙が出てくるから、きっと・・・
   F リラックスしていると自然に思い出せるでしょう。
   S すごく平和なバイブレーションなんだけど・・・何かが起きるんだわ、きっと・・・
     悲しいことかもしれないけど・・・全体の問題だわ・・・
     上を見ると宇宙が見える。
   F 宇宙ステーションかなんかですか。
   S きっと何かが起きるんだわ。
   F では、よーく見守っていてください。
   S 爆発かな?
   F 何か爆発するんですか?
   S 今は宇宙船で飛んでる。
   F 宇宙空間が見えてますか。
   S そう、星がいっぱい。
   F 宇宙船の中ですか。
   S たぶん。スピードがあるから。
   F 宇宙船に乗って何をしているんですか。
   S 星がなくなったのかなぁー・・・
     帰るところがない・・・星を探してるかな・・・  
     自分達の星がなくなったんだ。
     すごく幸せな気持ちで、平和な気持ちで暮らしていたんだけど、星がなくなって、
     (涙声になる) 宇宙船に乗って・・・星が見つからない。
     どこへ行ったらいいのか・・・
   F 行き先が見つからない?
   S そう。
   F どうして星がなくなったんですか。
   S たぶん自然破壊・・・よくわからない・・・
     思い出せないけど、一瞬にしてなくなった、たぶん・・・
   F それで宇宙船で脱出したんですか。
   S 私は知っていたのかもしれない、起きることを。
     もしかしたら、ちょっと偉かったかな、それで自分は脱出できた。
     でも、救いたかったけど、(涙声) 救えなかったんだ・・・
   F そうですか。
   S すごく平和だったけど、何かが起きるという予感がしていて、それで自分達は
     移動できる準備ができていたけれども・・・
     救えなかったことが、(涙声) 救いたかったのよね・・・
   F どうして救えなかったんでしょうね。
   S とても大きな宇宙船なんだけれども・・・
     宇宙船自体が町になっているんだけれども・・・
     ぜんぶ乗れなかったのか・・・とにかく自分の星がなくなった。
   F どうしてなくなったんでしょう?
   S エネルギーの関係・・・
     争いとか、戦いとか、そういうことではなくて、何かのエネルギーのショックを受
     けて・・・
     その町のような大きな宇宙船は分解してるのね・・・
     宇宙船全体はすごく大きくて、地球が入るみたいな宇宙船だった・・・
     それが二つに分解して、小さい方で私達は宇宙を飛んでいる。
   F どんな感じで乗ってますか。
   S すごく寂しい感じで。
   F 男の人ですか、女の人ですか。
   S たぶん中性かな、よくわからない。
     ・・・光が見えてきた。
   F 何か見えますか。
   S 相当眩しい何か。
     たぶんこれが新しい星かな?・・・空気がある星みたい。
   F 地球じゃないですか。
   S ちょっと違う・・・地球の前・・・もう一つ同じ星があるような気がする。
     地球と似ているけれども、地球じゃない。
     すごいスピードで落下して、ちょっと摩擦があるかな。
     頭がちょっと痛い。
     地球じゃないと思うけど、地球によく似てる。

                                ・・・”地球へ - 2” へ続きます

                      T&F 光のセッションレポート№1(1995年) より
                       >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | | コメント:0
信頼
2008-03-27 Thu 15:34
                                     『苔の間を流れる水』
苔の間を流れる水ー24-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   下の文章は、光のセミナー、光のセッションについてのQ&Aのアンサーから
   の抜粋です。
   日常生活において、自分自身で光のエネルギーと繋がることができれば、
   特にセミナーという特別の場ではなくとも、普段から自分の内なる真実、本質
   の部分からアドバイスを受けることは可能です。
   この文章が、表面意識と深い意識を繋ぐサポートになれば幸いに思います。


   信頼

   誰の中にも深い意識の部分があります。
   それがその人(顕在意識)にとって最も必要な体験をさせてくれます。
   その人の置かれている状況の中で最高のアドバイスが何らかの形で出てきます。
   それは顕在意識の方から見ると、とても不思議なことですが、トータルな意識の
   観点からは当然のことです。

   大きな魂の中の代表選手として物質次元に生まれているあなた(顕在意識)に
   対して、ハイアーセルフとか内なる真実と呼ばれる、あなたの本質の部分は
   「今回生まれてきた目的を達成してほしい」 「真実の生き方をしてほしい」 と切
   に願っています。
   ですから、あなたの人生に介入しない範囲でできるだけの援助をしてくれます。

   そういう意識の構造がわかり、それを信頼することができると、必要なアドバイス
   を楽に受け取ることができるようになります。
   自分の外のものを信じると裏切られることもありますが、自分自身を信じて裏切
   られるということはありません。
   自分自身を信頼できればできる程、良い結果が出ます。
   楽にリラックスして、光のエネルギーと自分自身の深い意識を信頼して、内なる
   真実からのアドバイスを体験してみてください。


   * 光のセミナーの光とは・・・
      頭頂から入ってくる宇宙的なエネルギー。
      非人格的なもので、本来、誰の中にも流れているものです。
      霊的な覚醒を促します。
      光が通ることによって各チャクラが活性化し、意識がクリアーに
      なっていきます。

             前回のセッションレポートの続き ”地球へ” は後日アップします

                                 T&F News Letter Special より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | 木霊の森 | コメント:6
宇宙へ
2008-03-23 Sun 03:47
                                           『光の放射』
光の放射ー16-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F 光のセッションレポート№1より

   光のセッションレポートを連載します。
   文中、F=kimiさんです。


   宇宙へ

   S.Sさん (34才、女性、歯科衛生士、天秤座、B型)

   光のセミナーに一度出席した後、個人セッションを受けに来られました。
   その前に御主人も個人セッションを受けられ、夫婦で仲良く精神世界を探求して
   おられます。
   最初に、ピラミッドの中で生きながらミイラになる体験をした後で、次のような展開
   となりました。

   F 何か感じられますか。
   S 柱なんですけど、屋根がなくてもいいみたいですね。
     変だなぁー、何か上から降りてくるみたい。
   F 何が降りてくるんでしょう?
   S UFOですね。
   F UFOが降りてきましたか。
   S UFOが上から・・・きれいな、つるんとした金属じゃなくて、きれいに磨かれた石
     みたいな感じ・・・
   F 円いですか。
   S 下から見ると円いです。
   F 誰か乗っていますか。
   S 乗ってるような気がしますね・・・
     先程は下から見てたんですけど、一瞬にして中に入っています。
   F 中には、あなた以外に誰かいますか。
   S いるみたいですね。
     何か光ってる・・・顔はないけど、意思の疎通ができる存在・・・
     窓はないけど、外がきれいに見える。
     上半分に外の景色がきれいに写っている。
     なにかすごく落ち着いた雰囲気。
   F どこの星から来たのか聞いてみてください。
   S なにかすごく懐かしくて、しだいに涙が出てきました。
     教えてくれないけれども、にこにこ笑って、私を知ってるみたいな感じですね。
   F じゃあ、あなたとその人達はどういう関係なのか聞いてみてください。
   S 同族ですね。
   F 同族?・・・・・・あなたもそこから来たの?
   S うん。すごく懐かしくて、違和感がなくて、その場にぴったりとマッチしてます。
     でも、すごく昔から地球にいる・・・その前はどこにいたのかな?・・・わからない 
     ・・・あぁ、宇宙になってきました。
   F どこかな?どの星へ帰っていくのかな?
   S 星じゃない。宇宙全体が意識体みたいな・・・
     どこという感じではなくて、何て言うのかな、浸透していくみたいな・・・
     溶けちゃいましたよ、宇宙に・・・
   F へー。
   S でも、なにかすごく大きいものがいるみたい。
     すごく大きい意識体がいるみたい。
     大きいものに育まれているみたいな・・・
     すごいなぁ・・・黒いような気もするんだけど、青いんですよ、宇宙が・・・
     青くて、星がいっぱいある・・・星は彼方に見えるんだけど・・・深い青・・・
     なんかアメーバーみたいな大きい意識体があって、すごく育まれてて、安心して
     いられる感じ。
   F ふぅーん。
   S 何か下の方から光ってきた。
     光が波状に・・・ふぁーっと、光、光が・・・光・・・なにか肉体がなくてもいいような
     感覚ですね・・・でも、頭が痛い・・・波状の光が・・・
   F そぉー。
   S 女の人のような感覚でもあり、男の人のような感覚でもあり、両性具有ですか、
     でも一つの存在なんだけど・・・すごく大きい意識体が・・・
   F それがあなたですか。
   S その大きい意識体に育まれている自分。
     包み込まれて・・・守られているような・・・溶け込んで一部になることもできるみ  
     たいな・・・
     あ、また光が・・・何条もの光が、ふぁーっと光のカーテンが・・・
   F それは白い光ですか。
   S パールですね、パールみたいな光。すごくやさしい、すごくやさしい光。
     白なんだけど、ちょっとクリーム色がかってる。 真っ白じゃない。
     少しおだやかな、おだやかだけど、すごく・・・光・・・ぜんぶ光になっちゃった。
     波じゃなくて、発光してますね。
     私が見てるのか、私が光ってるのかわからない。
     画面がぜんぶ光一色になって・・・何か核がある・・・
     何か繭の中にいるみたい・・・
     周りがすごくおだやかで輝いている・・・
     自分の身体が邪魔みたい・・・ (光に包まれていく感覚が続く) ― 後略
  
      ― * ― * ― * ― * ― * ― * ―

   セッションの話し合いの中で、彼女は次のように語りました。
   「UFOに乗っていた人達は両性具有で、すごく大きな意識を持っていたんです。
   両方とも超越したような大きな意識で、性別がない。みんな一つになっていて、元
   が同じ。
   すごく安心感が深いところにあって何が起きても安心して冷静に見ていられる。
   冷静というか、すごく暖かくて見ていられる・・・」

   彼女は、最初は自分が体験したことを俄かには信じられないようでした。
   あまりにも日常の意識と離れているので、自分が想像(つく)ったのではないかとい
   う疑問が湧いたようです。(それは、非日常的な体験をした方に共通するものです)
   しかし、心の深いところで何か響くものがあって、徐々にすばらしい体験をしたとい
   う実感が湧いてきたようです。

                      セッションレポート続きます。次は、”地球へ”

                      T&F 光のセッションレポート№1(1995年) より
                       >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | | コメント:2
シダレザクラ
2008-03-19 Wed 01:43
                                         『シダレザクラ』
シダレザクラー01-shidarezakura-01
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     

      『いつまでも 桜の花を 見ていたい

                    それが執着 それがとらわれ』


                  K-Communication №10(1990年 5月号) より
                                  >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | | コメント:12
カタバミ
2008-03-17 Mon 00:18
                                            『カタバミ』
カタバミー02-katabami-02
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     

      『新しき 生命(いのち)の芽生え そこここに

                   踏みつけぬよう 愛(いと)しみ歩く』


                  K-Communication №38(1993年 Vol.38) より
                                  >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | | コメント:2
今生の使命 - 2
2008-03-15 Sat 07:43
                                        『緑の苔と光る水』
緑の苔と光る水ー23-nov_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセッションのレポートを連載しています。


   今生の使命 - 2 (今生の使命 - 1の続きです)

   彼女は本来、人が欲しがるようなものを作れる人なのでしょう。
   時代が求めるものを作り、人々に示すことが彼女の役割なのかもしれません。
   それによって新しいスピリチュアルな時代に人々に貢献していくことが彼女が
   選んだ今生の使命のように感じました。
   彼女は途中で 「もう飽きた」 と言い出しました。
   そう言われて、一瞬、「困ったな。どうしよう?」 と一抹の不安が過(よぎ)りまし
   たが、「では、飽きた感じを十二分に体験して心ゆくまで味わってください」 と言
   うと、十二分に味わった後で 「何かやりたい」 と言い出しました。
   どんな状況になっても、それを味わい尽くせば、次のものが開きます。
   今回は ”何が起きても一緒に居切る” ということに徹した結果、新たな道が開
   けたようです。

   このセッションは本当に無理のない、全く作為や恣意のない、とても自然なもの
   ができました。
   こちらは全く相手に介入せずに、本人が自分で自分の心を感じ、それを十二分
   に味わい、そして自ら気づいていくという、まるで人生を凝縮したようなものにな
   りました。
   僅か3時間あまりのセッションですが、彼女は非常に密度の濃い時間を体験し
   たようです。
   セッションが終わった後で彼女に聞いてみると、「思ってもみなかったことが起き、
   全く予想もしない結果となった」 と、意外な展開に驚き、とても喜んでいました。
   そして、「もうこれで大丈夫、方向が見えた」 と、自分自身を取り戻し、明るく落
   ち着いた感じで答えてくれました。

   人生は一つ一つのことを十二分に感じ、味わい、体験していくと、次々と次の扉
   が開いていきます。
   嫌なことや苦しいことも、逃げないで、それと共にあって十二分に味わい尽くすと、
   必ず転換が起きます。
   中途半端に逃げ出すから、いつまでも苦しみが追いかけてきます。
   人は最終的には真実に至るようにできているように感じます。
   ありのままの目の前の事実から逃げないで、それを体験し切ることが、その最短
   コースではないでしょうか。

                            T&F News Letter Special より
                             >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


別窓 | 木霊の森 | コメント:0
今生の使命 - 1
2008-03-14 Fri 10:24
                                           『透明な水』
透明な水ー19-nov_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセッションのレポートを連載しています。


   今生の使命 - 1

   《N.Oさん 23才(女性) フリー》

   彼女は 『フィリ』 というセミナー情報誌を見て、個人セッションを受けに来ました。
   その彼女が見たものは、「まるで巨大なタコのような、しかし、小さな足が無数
   にある」 生き物でした。
   その時、彼女は 「人は小さい、とても小さい・・・でも、大きい、とても大きい・・・」
   と意味不明のことを口走りました。
   彼女が見たものは、たぶん人類の意識構造だったのではないでしょうか。
   『私』 『人格』 『パーソナリティ』 の部分は、まるで小さなタコの足のように、
   巨大な人類意識(タコの頭)から突出(とびだ)しているものに過ぎません。
   それを彼女はビジョンとして象徴的に見たようです。
   クラゲのようだったとも言っていました。

   彼女は 「何かわからないけど焦っている」 「何か追いかけられる感じがする」
   と言って、自分が何をやったらいいのかわからない状態で個人セッションを申
   し込んできました。
   しかし、自分の心の中を静かに感じてもらっていると、とんでもない言葉が出て
   きました。
   「天と地を繋ぐ」 とか 「生きとし生けるものを生き生きと表現して、人々に示す」
   とか・・・
   その後、心の中に馬が出てきて、彼女はその馬の絵をまるで生きているように
   描いたのですが、できあがったものは馬の姿ではなく、その馬の内面を表して
   いるような絵だったそうです。(その馬は叡智に満ちていました)
   どうやら彼女の今生の使命は、スピリチュアルな意識構造を三次元に絵として
   表現するということのようでした。
   彼女は 「三次元には、とても表せるような色がない」 と嘆いていましたが・・・
   (その気持ちはとてもよくわかります。
   全てが光に満ち、透き通るような光の世界なのですから・・・)

   彼女は特別な美術教育を受けたことがなかったので、最近、通信教育で学び
   始めたのですが、型にはまった感じで批評されるのが嫌で、行き詰まっていた
   のだそうです。
   たぶん、彼女はこれまでの枠を超えて独自なものを自分で切り開いていくしか
   ないのでしょう。
   その後、彼女が自分で自分の心を深く感じていく中で、彼女の絵心をブロック
   していたものも見つかりました。
   彼女は中学生と高校生の時に、二度までも心を込めて作った美術作品を盗ま
   れていました。
   それが 「良いものを作ると、盗られてしまう」 という心の条件づけとなり、本気
   で絵を描くことをブロックしていました。
   彼女自身はそのことを完全に忘れていたのですが、潜在意識の中ではちゃん
   と行き続けていたのです。
   しかし、それもよく感じていくと、盗った人は本当にそれが欲しかったから盗った
   のだということが彼女にもよくわかりました。
   その後で、「怒りのエネルギーを創造のエネルギーに変える必要がある」 など
   と、まるで老賢者のようなことを言って、こちらをびっくりさせました。

                                       ・・・続きます

                            T&F News Letter Special より
                             >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


別窓 | | コメント:2
キリストの浄化
2008-03-11 Tue 05:27
                                        『森の木漏れ日』
森の木漏れ日ー07-sep_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセッションのレポートを連載しています。


   キリストの浄化

   《E.Nさん 25才(女性) OL》

   この方は初めてお越しになった方です。
   最初の心身のリラックスは少し緊張気味で眠ることはありませんでしたが、
   次の心の中に深く入っていくセッションでは、だんだんと深く入っていけた
   ようです。
   その中で二千年前のキリストの磔のシーンが出てきました。
   彼女は興奮して次のように呟きました。
   「浄化・・・浄化・・・すばらしい・・・幸せそう・・・キリスト・・・美しい・・・全てが
   浄化される・・・私も浄化される・・・」
   「太陽のように輝いて・・・美しい顔をして・・・美しい・・・全てが美しい・・・
   全てが浄化・・・」
   彼女はキリストが磔になっているところを下から見上げていたようです。
   「誰かが激しく泣いている。
   どうして泣くの?泣く必要はない。全ては浄化なのだから・・・」
   彼女にとって、キリストの磔は世間の暗いイメージとは違って、光り輝く浄化
   のようでした。
   「満月・・・美しい・・・とっても・・・」
   キリストの背後には美しい満月が輝いていたと彼女は言います。
   「行かれるんですね・・・一緒に行きたい・・・」
   天使達が迎えに来て、キリストが天上へ登っていくのが見えたようです。
   このキリストの磔のシーンは臨場感があって、こちらも興奮をおぼえました。
   キリストの磔は明らかに人類の浄化という感じでした。
   彼女は見えた光景に半信半疑のようでしたが、しばらくは涙が頬をつたって
   いました。(彼女は、なぜか涙が出てくると言っていました)
   彼女は、この他にもヨーロッパでの心中(金髪の青年に胸を刺される)、
   エジプトの貴婦人、ヒマラヤのヨガ行者などの過去世を思い出しました。
   ヒマラヤでは美しい自然に囲まれ、心の中には山や空が映っているだけと
   いう、世俗的なものから完全に自由な、煩悩から解放された生活を送ってい
   たようです。
   また彼女は美しいオーロラも見ました。
   これまでいろんなセッションを受けたけれども、いまひとつ鮮明な映像が出て
   こないと嘆いていた彼女ですが、終わってみると、随分いろんなものが出て
   きていました。

   この他にも、過去世は出なくても、自分自身を取り戻し、今やるべきことが明確
   になった人もいます。

                               ・・・続きます

                            T&F News Letter Special より
                             >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


別窓 | 木霊の森 | コメント:0
宗教カルマ - 3
2008-03-09 Sun 01:34
                                  『空中に咲くハイノキの花』
空中に咲くハイノキの花ー30-may
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセッションのレポートを連載しています。
   今日は、宗教カルマの三日目です。
   文中、古沢さん=kimiさんです。


   宗教カルマ - 3 (宗教カルマ - 2の続きです)

   F じゃあ、その光がなくなった感じをよーく味わってみてください。
   N あれ、先程(さっき)の光がなくなっちゃった・・・
     あれ、おかしいな・・・行けない、あそこに。
     あれ・・・行けない・・・  (後略)

   この後、暗い部屋の中へ入っていきます。
   そこには宗教的な拷問によって、目を潰され、舌を抜かれ、何も表現できなくな
   った人達がいました。
   生きているけれども死んでいる、もはや人間の心を持っていない、全く光をなく
   してしまった人達でした。
   そこは信仰の光が全くない暗黒の心の世界でした。
   彼はその人達と何らかの関わりを持っているようでしたが、もうエネルギーがな
   くなって、それ以上見続けることはできませんでした。

   まるで天国と地獄を同時に体験したようなセッションでしたが、彼は今生では
   キリスト教に強い抵抗感があったそうです。
   その血なまぐさい歴史に拒絶反応があったといいます。
   それはやはり彼の過去世が影響していたのではないでしょうか。
   無意識のうちに見たくないものから目を逸らしていたという感じです。
   しかし、縁あって光のセミナーを受けたために(これまで6回参加)、それを見る
   だけのエネルギーができ、その恐怖の過去世と対峙することとなりました。
   人はエネルギーがなければ自分の暗い部分を直視することはできません。
   そのバックアップをすることが光のセミナーの役割の一つです。
   まだ全部完了したわけではありませんが、セッションが終わった後で彼の顔を
   見ると、何かが抜け落ちたような、すっきりした清々しさがありました。
   その三日後に、またキリスト教関係の過去世が出てきました。

                            ”キリストの浄化” へ続きます

                            T&F News Letter Special より
                             >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


別窓 | | コメント:2
宗教カルマ - 2
2008-03-07 Fri 10:05
                                      『霧のサクラツツジ』
霧のサクラツツジー26-may
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセッションのレポートを連載しています。
   今日は、宗教カルマの二日目です。
   文中、古沢さん=kimiさんです。


   宗教カルマ - 2 (宗教カルマ - 1の続きです)

   F 何をやろうとしたのか、その人に聞いてみてください。
   N ・・・わからない。
   F じゃあ、少しリラックスしてみましょう。
     (しばらく光のエネルギーを充電する)
   F 今、心の中で何か見えたり、感じたりするものがありますか。
   N 裏切られたのかな・・・先程(さっき)の牢屋は・・・
     裏切られた!
     ・・・自分は間違ってると思ってなくて・・・裏切られ、騙されたのかな・・・
     それがすごく無念・・・人をもう信じない・・・信じない・・・
     信仰心を悪用されて・・・純粋な気持ちをなにか・・・人は信じない・・・悪用・・・
     純粋な気持ちを踏みにじられた・・・
     信じない・・・信じない、人はもう・・・悲しいんだな・・・悲しい・・・
     いや、人は信じない・・・何が本当のことなのか・・・
   F その悲しさを十二分に体験してみてください。
   N 窮屈・・・死にたいのかな・・・もう肉体を持っているのがいやだ!
     ・・・窮屈なのがいやだ!
   F 窮屈なのがいやだという気持ちをよーく体験してみてください。
   N もう死にたい・・・死んで外に出たい。
     身体を持っているのは限界だ。
     死んで・・・死んだら神様のところへ行ける。
     死んだら自由になれるかもしれない。
   F じゃあ、その死にたいという気持ちをよーく感じてみてください。
   N ・・・
   F よーく感じていると、今どんな感じがしますか。
   N もう死を恐れる恐怖が何もない。
     平和な感じがします。
   F じゃあ、その平和な感じをよーく味わってみてください。
   N 一人じゃない。
     何か大きな・・・大きなものに守られてる感じがする・・・
     死ぬことは全然怖くない・・・大きな何かと一緒にいる。
   F じゃあ、その大きな何かと一緒にいる感覚を深く体験してみてください。
   N 光ですね・・・光、光・・・雲の上にある光みたいな・・・光の柱・・・
     それがあれば怖いものは何もない。
   F じゃあ、その光の柱をよーく感じてみてください。
   N この世じゃない・・・たぶん・・・この次元じゃない次元・・・
     懐かしい・・・すごいなにか・・・
   F じゃあ、この世じゃない次元を深く感じてみてください。
   N 平和です。
   F じゃあ、平和の感じをよーく味わってみてください。
   N ここにいたい。
   F じゃあ、心ゆくまでそこにいてください。
   N ふわふわ・・・ふわふわして・・・みんなの身体(からだ)が光って・・・
   F みんなの身体が光っている感じをよーく感じてみてください。
   N ・・・ ・・・光がなくなっちゃった。
   F じゃあ、その光がなくなった感じをよーく味わってみてください。
   N あれ、先程(さっき)の光がなくなっちゃった・・・
     あれ、おかしいな・・・行けない、あそこに。
     あれ・・・行けない・・・  (後略)

                           ”宗教カルマ - 3” へ続きます

                           T&F News Letter Special より
                            >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


別窓 | 木霊の森 | コメント:4
宗教カルマ - 1
2008-03-06 Thu 11:25
                                           『霧の新緑』
霧の新緑ー02-may
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセッションのレポートを連載します。
   文中、古沢さん=kimiさんです。


   宗教カルマ - 1  

   最近は光のセッション(個人セッション)を受ける方が増えています。
   ここのところ二人の方から、立て続けにキリスト教関係の過去世が出てきました。
   T&F代表の古沢仁宏も過去世でキリスト教に深く関係しており、(牧師だった?)
   その縁で出てくるのかもしれませんが、いずれにしても過去の宗教的カルマを
   大掃除する時期に来ており、これからも個人を通してのカルマの浄化が続いて
   いくことでしょう。
   今回は、そのセッションの一部をダイジェストで紹介してみます。

   《Y.Nさん 33才(男性) グラフィックデザイナー》

   最初に十字軍の旗を掲げた帆船が出てきました。
   その時の彼の反応は 「怖い!見たくない」 というものでした。
   よく見ると、夕焼けの海の中で多くの人が甲板の上で戦っています。
   その時、人を殺したような物凄い恐怖と怒りが彼の心の中にこみ上げてきました。
   それでもよーく見つめていると、船上に今生の父親と弟がいるではありませんか。
   弟は縛られて捕らえられているようでした。
   次のシーンは教会の前で祈っている修道士のグループが出てきました。
   それから次のような場面になりました。

   F(古沢仁宏) 今は何か感じられますか?
   N(Y.Nさん) なにか鉄格子の中に入れられている。
   F それをよーく感じてみてください。
   N 建物じゃない。
     岩山を掘って、そこに鉄の棒を入れたような・・・
   F そこに閉じ込められていますか。
   N そこに。
   F その中をよーく見つめてみてください。
   N ご飯を食べるお皿・・・金属のお皿。
   F 他には何か見えませんか。
   N 中に入っている人。
   F 中に人がいますか。
   N ボロボロのヨーロッパぽい服装・・・
   F よーくその人を感じてみてください。
   N ・・・捕まってる・・・何かの犠牲になったのかな・・・大勢の人を守るために・・・
   F では、その人の気持ちをよーく感じてみてください。
   N 閉じ込められて窮屈。
     太陽の光が入らない。
   F その人は知っている人ですか。
   N たぶん自分ですね。
   F 他には誰もいませんか。
   N 見張りのような人が・・・
   F では、そこに閉じ込められている自分自身の気持ちをもう一度よーく感じてみ
     てください。
   N 外に出たい!
   F どうして閉じ込められているんですか。
   N 犯罪じゃない・・・人を傷つけるとかじゃなくて、もっと精神的な・・・
     でも、自分は間違ってない。
     間違ったことはしていない。
     間違ってはない・・・
   F 何をやったんでしょうね?
   N みんなを自由に、もっと自由に・・・もっと自由になれる・・・
     間違ってない・・・
   F 間違ってないことをやったけれども、投獄された?
   N みんなを自由にしたかった・・・
   F それはいつごろのことですか。
     最近ですか、それとも
   N いや、古いヨーロッパのような感じがします。
   F では、何をやってそこに閉じ込められているのか、その人に聞いてみてください。
   N キリスト教だな。
   F プロテスタント?宗教改革?
   N 弾圧されたのかな・・・でも、間違ってない・・・国に潰されたのかな・・・
     個人じゃない、もっと大きなものに捕まった。
   F 何をやろうとしたのか、その人に聞いてみてください。
   N ・・・わからない。
   F じゃあ、少しリラックスしてみましょう。
     (しばらく光のエネルギーを充電する)

                             ”宗教カルマ - 2” へ続きます

                             T&F News Letter Special より
                              >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


別窓 | 風景 | コメント:0
宇宙体験 - 3
2008-03-03 Mon 07:52
                                         『飛ぶ木霊?』
飛ぶ木霊?-08-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセミナーの体験記を連載しています。
   今日は、宇宙体験の三日目です。
   文中、古沢さん=kimiさんです。


   宇宙体験 - 3  (宇宙体験 - 2の続きです)

   古沢さんの声がした。
   『~十二分に体験できたら、ゆっくりと目を開けて、ゆっくりと起き上がってください』
   ちゃんと聞こえている。
   私はとても遠くにいて・・・?
   とても広がっていて・・・元の意識に戻ることができなかった。
   ダメだ!自分では戻れそうにない。
   心の中で古沢さんに助けを求めた。
   声にならない。
   『お願い、私を呼び戻して。私が帰れるように誘導してください』
   古沢さんの声が、また・・・聞こえてきた。
   『~ゆっくりと起き上がってください』
   自分で戻るしかないのか?
   しかたない・・・頑張ってみよう。
   ゆっくり・・・ゆっくり・・・落ち着いて・・・ゆっくり・・・ゆっくり小さくなっていって・・・
   少しずつ・・・少しずつ・・・肉体の感覚を取り戻して・・・
   私は・・・私に入った。
   その時だ。
   パーンと何かがはじけて・・・私は洪水のように泣き出した。
   別に・・・悲しくも、嬉しくもない。
   体の奥底からこみ上げてきて・・・止まらないのだ。
   声を上げて泣くなんて・・・恥ずかしいし・・・やめたいのに・・・
   パワーが溢れていて泣き声が止まらない。
   すごいパワーを感じる。
   生命力のような・・・パワーだ。
   なんとか制御する。
   放心状態。
   これは・・・まるで赤ん坊が初めて産道を通って、この世に生を受けた時のような
   感覚だ。
   生命の産声とでもいうのだろうか?
   赤ん坊が生まれてくる時、どうして泣くのか・・・
   理屈でなく・・・肉体でわかったような気がする。
   あれは生命が誕生するパワーなのだ。
   私は、もしかしたら・・・”光のセミナー” の中で、一度死に・・・再誕生したのかもし
   れない。

   * * * * * * * * * *

   - メモ -

   すばらしい体験ですね。
   第4セッションでは、自分の心のふるさとへ回帰(かえ)っていきますので、感動し
   て涙を流す方もあるのですが、宇宙体験までいった人は初めてです。
   この日は誘導する古沢仁宏の状態も良く、会場の雰囲気もいつもより良くて、最
   初から「今日はとても良いセミナーだね」 という言葉が何度も口を突いて出ました。
   全ての条件が整わないと、このような体験は起きません。
   彼女自身の状態も良く、その場に参加した人の状態も良く、全てが整って、彼女
   にとってベストの体験が起きたようです。
   それは今後の彼女の人生にとって極めて重要な宝となることでしょう。
   たぶん、これから、このような体験をされる方が増えていくことでしょう。
   時代が、そういう時期(とき)になったのを感じます。
   一人でも多くの方が、このような体験を通して自分自身の真実に目覚め、真実
   (ほんとう)の自分で生きていかれるのを心から願っています。
   そのために ”光のセミナー” は存在します。
   (現在光のセミナーは行われていません)

   注 彼女は深く入ったため、顕在意識に戻ってくるのが大変だったようですが、
      できるだけ ”自分で” 戻ってこれるようにしておく方が、これから一人でそ
      のような状態になった時に安全です。

                        T&F News Letter Special 続きます

                              T&F News Letter Special より
                               >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | 木霊の森 | コメント:5
宇宙体験 - 2
2008-03-02 Sun 01:25
                                     『林の中の木漏れ日』
林の中の木漏れ日ー03-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter Special より

   光のセミナーの体験記を連載しています。
   今日は、宇宙体験の二日目です。
   文中、古沢さん=kimiさんです。


   宇宙体験 - 2  (宇宙体験 - 1の続きです)

   私は全体であり、宇宙であり・・・すべての存在と一つになることができた。
   限りない自由を感じ(今、私はどこにでも行けて、何にでも同化することができる)、
   私は至福感に包まれていた。
   私は完全な広がりで、すべてと溶け合っているというのに、意識は私を ”無” に
   することはできないのだ。
   肉体が死んでも魂は生き続けるというのは、こういうことか・・・と思いながら、
   私は自由に飛び回った。
   信じられないが、私はその時、ハワイへ行ってしまった・・・そして・・・テーブルの
   上の湯のみ茶碗になったりした。
   スペース(広がった)状態でしばらくいると、何か、とてつもなく大きな存在を身近
   に感じるようになった。
   無限のパワーと愛の存在とでも言うのだろうか?
   そして、あまりにも崇高で完全な存在・・・神と呼んでいいのなら、私はその時、
   生まれて初めて、神のすぐそばにいる自分を強烈に感じることができた。
   広がった状態でなければ、私は恐れから縮こまってしまって・・・とても神を受け入
   れることはできなかっただろう。
   それほど高いバイブレーションを感じたことはないのだから。
   しかし、私は広がったまま・・・そのエネルギーを受け入れることに成功した。

   《ビジョン》
   私は天国のような所にいた。
   白い霧のようなものが広がっていて・・・光に照らされていた。
   私はひれ伏して泣いていた。
   すぐそばに神が立っておられたのだ。
   男の人で、痩せていて、肩までのウエーブがかった金髪、白人・・・サイババでは
   なく、どちらかというとキリストのような神であられた。
   やっと神のもとに帰ることができて・・・私は溢れる涙を押さえることができなかった。
   どんなに・・・この日を待っていたことか・・・どんなに・・・あなたに会いたかったこと
   か・・・ 私は・・・例えようもない喜びを感じていた。
   私は神に泣きながら聞いた。
   『なぜ、今まで私の前に現れてくれなかったのですか?』
   神は答えられた。
   『私はいつでも、おまえが求めれば、おまえの前に現れる。
   そして、今までも、ずっとおまえのそばにいたのだ。』
   私は神の存在を疑っていたので、神を信じることができなかったので、とても孤独
   で不安な人生だったのだ。
   でも・・・今・・・私は神のそばにいて、神の愛をこんなにも感じている。
   もう・・・帰りたくない。
   ここにいたい。
   太陽が光り輝いていた。
   地球で見る太陽よりも遥かに大きく、近くに見えた。
   しかし・・・全く眩しくなくて・・・直視しても、平気だった。
   とても美しい太陽・・・天国にも太陽があったのだなあと感じながら、私は明るい光
   の中、ぼんやりたたずんでいた。
   古沢さんの声がした。
   『~十二分に体験できたら、ゆっくりと目を開けて、ゆっくりと起き上がってください』
   ちゃんと聞こえている。
   私はとても遠くにいて・・・?
   とても広がっていて・・・元の意識に戻ることができなかった。
   ダメだ!自分では戻れそうにない。
   心の中で古沢さんに助けを求めた。
   声にならない。
   『お願い、私を呼び戻して。私が帰れるように誘導してください』

                                 ”宇宙体験 - 3” へ続きます

                                 T&F News Letter Special より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | 木霊の森 | コメント:4
3月壁紙カレンダー
2008-03-01 Sat 00:16
  3月壁紙カレンダー作成いたしました。
  お気に召したものがありましたらお使いくださいませ。
  >>こちら  からダウンロードできます

  ☆『宇宙体験 - 2』 は、明日アップします。

  カレンダーを気に入っていただけましら、ブログランキングに愛のクリックを
  いただけますと、大変うれしく思います。(*^_^*)


  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

別窓 | 未分類 | コメント:0
| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。