いのちの写真と光の言葉
セッションレポート №3 - 13
2007-10-31 Wed 08:51
                                             『沢の光』
光ー49
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、十三日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 13  
   
   F T&Fの光のネットワークツアーについてお伺いします。
     これまで何回かツアーをやってきましたが、そしてこれからもやるつもりですが、
     このツアーに関して何かアドバイスがあったら教えてください。
   O 世界中のいろんなところで同じようなことをやっている人達がいます。
     地球が浄化され、活性化し、シフトするのにとても役に立っています。
     地球もかかえきれないくらい人間の悪いエネルギーに共振して、エネルギーを
     内側に溜め込んでいます。
     肉体を持った人達と共に、古いエネルギーを解き放たなければなりません。
     地球自身もいろんなやり方で解放してきましたが、それだけでは間に合いませ
     ん。
     地球に光のエネルギーを通すことで、より早く、より良い方へ地球も浄化されて
     いきます。
   F ここで使っている光というのは、どういう光なんでしょうか。
   O 言葉ではとても表現しにくいですが、一番清らかで、美しく、波動が細かくて高い
     エネルギーです。
     光のあるところに普通は影ができると思われていますが、その影をもつくらない
     ような、すべてを包み込んでしまうようなエネルギーです。
   F それは何次元のエネルギーとか言うことができますか。
   O 次元では表現できません。
   F 今は光のエネルギーと地球のエネルギーをハートで調和させるという瞑想を
     ツアーではやっているんですが、そういうやり方でいいんでしょうか。
   O ハートでつなげている光のエネルギー・・・ 
     これから魂の進化と共に、ハートだけでなく他のチャクラとも自然に結びついて
     いくでしょう。
   F 宇宙の光を降ろすということをメインにした方がいいんでしょうか、それとも、
     地球のエネルギーを感じるということも加えた方がいいんでしょうか。
   O 地球に住んでいる以上、宇宙のエネルギーだけではいけません。
     地球のエネルギーと調和させることもとても大切なことです。
     光を降ろすことによって、自然と地球からのエネルギーが浄化され、パワフルに
     なって現れてきます。
     特に意識して地球のエネルギーを感じる必要はありません。
   F 宇宙の光を降ろせばいいということですか。
   O 降ろすことで地球のエネルギーも浄化されます。
   F わかりました。
     この光というのは特定の星とか星団と関係がありますか。
     それとも宇宙全体から来ているエネルギーなんでしょうか。
   O 宇宙全体です。
   F これから二千年までは国内を回るつもりですが、二千年以降は海外にも行く必
     要があるんでしょうか。
   O 海外でもいろんな魂達がいろんな形で光を降ろしています。
     ただ、ツアーを組んで行く魂の中に、日本だけでなくほかの土地で光を降ろす
     ことに参加することによって浄化されたり、気づくということをする魂達もたくさん
     いますので、その人達を連れていってあげる必要はあります。
     場所にこだわる必要はありませんが、その土地を選んだ時に、その土地に行く
     必要のある人達が必ず集まってきます。
   F 人数とかは別にこだわる必要はありませんか。
   O こだわる必要はありません。
   F 今は月一ぐらいのペースですが、このペースでいいんでしょうか。
     それとも、もっと増やした方がいいんでしょうか。
   O 必要な時期に必要な場所へと自然な形で導かれていきます。
     敢えてペースを決めたり、人数を決めたりすることなく、流れにそって必ずその
     場所へ行く人数が集まり、その時期も自然と決まってくるでしょう。
   F T&Fは二千年までで終わるつもりなんですが、その後も活動する必要がありま
     すか。
   O 名前ややり方は変わるかもしれません。 
     でも、光を降ろしていくということは続けていきます。
   F わかりました。
     では、今答えているあなた、情報の源はどういう存在なんですか。
   O この肉体を持っている魂が、もっと大きな部分とつながっているところから情報
     を得ています。
   F もっと大きな部分からの情報ということですか。
   O そうです。
   F こういうことは、この方はこれからもできるんでしょうか。
   O 受け入れることを許すことができれば、いつでもつながることができます。
   F それはこういうセッションの時だけではなくて、自分一人で瞑想している時も
     可能ですか。
   O 可能です。
   F わかりました。
     もう時間がないので、このへんで終わりにしますが、最後に何かメッセージは
     ありませんか。
   O 特にありません。
   F わかりました。
     どうもありがとうございました。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:0
11月壁紙カレンダー
2007-10-30 Tue 10:05
   11月デスクトップ用壁紙カレンダー作成いたしました。
   お気に召すものがございましたら、どうぞお使いくださいませ。
   >>こちらからダウンロードできます

   壁紙を気に入っていただけましたら、ブログランキングに愛の応援クリックを
   お願いします☆

   今日はセッションレポート、お休みしますね。
   明日からまた、セッションレポート、№3、続けてアップしていきます。(*^_^*)

  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 未分類 | コメント:0
セッションレポート №3 - 12 クラウンチャクラ
2007-10-29 Mon 07:22
                                          『沢に射す光』
光-48
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、十二日目です。
   六日目からは、ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きに
   ついてを掲載しています。今日は第七チャクラです。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 12 クラウンチャクラ  
   
   O クラウンチャクラは、魂が肉体という身体を持って個の魂の学びをおこなおうと
     する時、大きな一つの魂の存在から離れても、つながっている部分で、宇宙や
     多くの良いエネルギーを取り込みながら、肉体を持った魂に常にここからその
     スピリチュアルな魂が必要とするエネルギーを供給しています。
     一から三のチャクラで吸収された肉体に必要な地球のエネルギーと、五から七
     で取り入れられたスピリチュアルなエネルギーをハートのチャクラのところで
     両方に使えるようにエネルギーをうまくつくりかえています。
     クラウンチャクラでは、この肉体で目的を達成しようとする大きなものをコントロ
     ールしていますが、肉体や心とうまくつながっている人はたいへん少ないです。
     そのため、せっかくこの肉体を持っていても、この肉体で目的を果たせないと
     感じた時は、この肉体を安易に捨ててしまうということもします。
     特に、今の魂達はものすごく先を急いでいますので、この肉体に長く留まって
     その目的を果たせないと感じた時には、新しい肉体を探しに行くでしょう。
   F この肉体の中で魂が宿る場所はハートと考えていいんですか。
   O 魂としては、肉体の内側だけでなく、肉体の外側の部分まで、そのエネルギーと
     して持っています。
     それぞれ各チャクラ、各場所の働きや機能もありますが、もっと魂自体を大きく
     とらえた方がいいと思います。
   F わかりました。まだ続けられますか?
   O 肉体の方はとても疲れているようです。
   F わかりました。

  ― エネルギーを充電して、しばらく休憩 ― 

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:2
セッションレポート №3 - 11 サードアイチャクラ
2007-10-28 Sun 10:39
                                        『夜明けの太陽』
夜明けの太陽ー4-rising-sun-7.jpg
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、十一日目です。
   六日目からは、ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きに
   ついてを掲載しています。今日は第六チャクラです。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 11 サードアイチャクラ  
   
   O サードアイチャクラは、ある意味でクラウンチャクラとよく似た働きをしているとも
     言えますが、特にクラウンチャクラが宇宙からのいろんなメッセージやエネルギ
     ーを受けても、肉体をまとっている魂はうまく感じることができないので、この
     チャクラで肉体が感じ取ることができるように視覚化したりすることもしています。
     でも、今の肉体を持っている多くの人達は食べ物や薬、カフェイン、砂糖類、
     いろんなものを口にしたために、肉体で排泄し得なかったその食品や食べ物の
     持つ悪い部分のエネルギー体だけを松果体の周りに多く溜め込んでいます。
     そのため、サードアイチャクラをうまく使って視覚化できる人はとても少ないよう
     です。
     この松果体や脳下垂体、頭の部分に溜め込まれた悪いエネルギーは、青い光
     を使って細かく打ち砕くことができます。
     この打ち砕いたエネルギーを物質という形を使って、頭の部分から各リンパ系
     を通して、肉体の部分を通し排尿させることで、少しずつ肉体から出していくこと
     ができます。
     この青い光のエネルギーを使って悪いエネルギーを壊し、リンパ系を通して
     排尿させるということを各肉体に施した場合には、その肉体に良質な水を24時
     間、たくさん取らせる必要があります。
     水を取ることによって、物質化された悪いエネルギーの塊を早く、少しでも多く出
     すことができるでしょう。
     でも、生まれて長くこの肉体を使っているので、一度や二度ではすべてを取り去
     ることはできません。
     また、その肉体がそのようなものを口にするのをやめなければ、同じように松果
     体の周りにその悪いエネルギーだけをたくさん溜め込むでしょう。
   F わかりました。
     では、第七チャクラ、クラウンチャクラについてお願いします。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 朝陽 | コメント:0
セッションレポート №3 - 10 スロートチャクラ
2007-10-27 Sat 06:29
                                       『アフリカンドレス』
アフリカンンドレスー09-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、十日目です。
   六日目からは、ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きに
   ついてを掲載しています。今日は第五チャクラです。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 10 スロートチャクラ
  
   O 喉のチャクラは、魂がこの宇宙に生まれて、個としての魂の学びの道に入った
     時からすべての記憶をこの内側に持っています。
     その他に、肉体を持っている私達は人とコミュニケーションをとる時に必要な
     言葉をここで発します。
     チャネラーと呼ばれる人達は、このチャクラで宇宙意識とつながっている人達が
     とても多いようです。
     このチャクラを使って他の意識とつながるよりも、クラウンチャクラを通して宇宙
     のエネルギーとつながる方が、よりクリアーなものを数多くキャッチすることがで
     きるでしょう。
   F わかりました。  
     今、喉にいろんなものが詰まっている人が多いのですが、喉に詰まっているもの
     を解放するにはどうしたらいいんでしょうか。
   O 手放す必要を感じている人は準備ができていますので、いろんな形で手放して
     いくでしょう。
     過去世、自分の他の時代での体験を思い出して手放していく人もいれば、そうい
     った感情を一切伴わず、声を出すこと、呼吸法、いろんなものを使って解き放つ
     人もいます。
     それはその肉体が一番自分にあったやり方を選んでいきます。
     準備のできていない人に無理やり手放させようとしても、まだ今の時期では無理
     かもしれません。
   F わかりました。
     では、次の第三の目のチャクラ、第六チャクラについてお願いします。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 生き物 | コメント:2
セッションレポート №3 - 9 ハートチャクラ
2007-10-26 Fri 06:12
                                         『ハートマーク』
ハートマークー19-nov
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、九日目です。
   六日目からは、ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きについてを
   掲載しています。
   各チャクラを毎日一つずつアップしていっていますので、じっくりと味わってお読
   みください。今日は、第四チャクラです。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 9 ハートチャクラ
  
   O ハートチャクラは、特に肉体を持った魂たちにとっては愛のエネルギーを司って
     います。
     ただ、この愛をうまく表現できなかったり、愛を受け入れることができなかったり
     しています。
     愛を受け取ることを許していない魂が多いのです。
     そして、スピリチュアルと呼んでいる部分ではなく、心と呼んでいる 『私』 という
     部分が、自分に対して多くのズレを感じて、自分に対する許せなさ、いろんな感
     情をこの胸の奥に溜め込んでいます。
     人に対して憎しみやエネルギーを出す人はベリーチャクラの方に持っていきま
     すが、自分を許せないと思う人はハートチャクラの内側にその古いエネルギー
     をたくさん溜め込みます。
     そして、肉体で言うと、血を汚し、皮膚を荒れさせます。  
     今、いろんなアレルギーと言われている病気が多いのも、このチャクラの内側
     に自分のいろんな感情を押し込めている人が多いからです。
   F それを解放するにはどうしたらいいんでしょうか。
   O 自分を許すこと、自分を愛することを学ぶ必要があります。
     自分を許すことができ、自分を受け入れることができたら、周りのいろんな愛も
     受け入れることができます。
   F わかりました。
     では、こんどは第五チャクラ、喉のチャクラについてお願いします。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 生き物 | コメント:2
セッションレポート №3 - 8 ソーラチャクラ
2007-10-25 Thu 09:04
                                              『新緑』
新緑ー16-may_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、八日目です。
   六日目からは、ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きについてを
   掲載しています。
   各チャクラを毎日一つずつアップしていっていますので、じっくりと味わってお読
   みください。今日は、第三チャクラです。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 8 ソーラチャクラ
  
   O ソーラチャクラは太陽のエネルギーを肉体に取り込んで、肉体が使えるように変
     換します。
     これは肉体の前にあるチャクラで、後ろの方のチャクラは自分の身体の悪いと
     ころを自分で治す力があるという自然治癒力、このエネルギーを司っています。
     でも、この今の地球上に生まれている肉体のほとんどは、この後ろのチャクラ
     をうまく回転させてエネルギーを取り込むことはできていません。
     このチャクラを活性化させ、動かすことによっていろんな肉体が持つ病気を薬
     に頼らず、肉体の持っている力で治すことができます。
   F それを活性化させ、高速で回転させるにはどうしたらいいんでしょうか。
   O 活性化する前に、まず肉体の中にたくさん溜め込んでいる古い感情や過去世、
     未来、同時に進行している各世界のそれぞれが持っているカルマと呼ばれる
     ものを手放す必要があります。
     これを手放すことができると、自然に活性化し、動き出します。
   F 古い感情とかカルマというのは、尾てい骨のチャクラから地球の中心へ返せば
     いいんですか。
   O その肉体によって手放し方は違います。
     もう一度、その感情を感じて体験しないと返せない肉体もたくさんいます。  
     あるいは、自分の中で感じるいろんなものを、いろんな場所に行って、いろんな
     リーダー達に導かれて手放していく肉体もたくさんいます。
   F エネルギーはお腹の方からと背中の方からと両方から入ってきているということ
     ですか。
   O 本来は両方からエネルギーが入り、両方からエネルギーが出て、前と後ろ、
     両方向へエネルギーの二つの回転を持っています。
   F それが入ってくる時は右回りのエネルギーとして理解していいですか。
   O 時計周りです。
   F わかりました。
     では、こんどはハートのチャクラ、第四チャクラについてお願いします。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:0
セッションレポート №3 - 7 ベリーチャクラ
2007-10-24 Wed 10:36
                                       『トローキーの滝』
トーローキーの滝ー0907-june
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、七日目です。
   ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きについてを掲載してい
   ます。
   各チャクラを毎日一つずつアップしていきますので、じっくりと味わってお読み 
   ください。今日は、第二チャクラです。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 7 ベリーチャクラ
  
   O ベリーチャクラは創造のエネルギー。
     創り出すことに、生み出すこと、そういったことを司っています。
     特に女性は、人間を創り出す ― それくらい大きなエネルギーを持っています。
     男性の肉体を持った者よりも何百万倍というすごいエネルギーを秘めています。
     でも、女性の肉体を持った今の人達はこのエネルギーをうまく使っていません。
     うまくエネルギーを外に使う必要があります。
     男性的エネルギーの時代は終わって、新しく女性的なエネルギーがどんどん
     大きく使われるようになってきます。
     でも、女性の肉体を持った者達は、まだその使い方を知りません。
     使い方は知らないけれども、そのエネルギーは持って生まれてきているので、
     使えなかったエネルギーを肉体へと押し返しています。
     そして、生殖器や子宮、腎臓、いろんな肉体の臓器にそのエネルギーを注ぎ込
     み、病気という形を作ってしまいます。
   F では、そのエネルギーを適切に使うにはどうしたらいいんでしょうか。
   O 地球自体が変わる必要があります。
     まだ今の時点ではそのエネルギーを受け入れる体制ができていません。
     そのかわり、その女性エネルギーを自分達が何かを創り出す芸術的なものに
     しばらくは向けられるといいでしょう。
     男性には及びもつかないような素晴らしいものをたくさん世に送り出すでしょう。
   F わかりました。
     では、こんどは第三チャクラ、お腹のチャクラについてお願いします。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:2
セッションレポート №3 - 6 ベースチャクラ
2007-10-23 Tue 08:47
                                        『木霊の森の滝』
木霊の森の滝ーkodama-37
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、六日目です。
   今日から、ベースチャクラからクラウンチャクラまでの機能、働きについてを
   掲載していきます。
   各チャクラを毎日一つずつアップしていきますので、じっくりと味わってお読
   みください。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 6 ベースチャクラ
  
   F もう一度確認したいんですが、身体の中の一番から七番までのチャクラの
     機能というか働きを教えていただけませんか。
   O 尾てい骨のチャクラ(ベースチャクラ)は、地球からのエネルギーを肉体に取り
     入れています。
     そのエネルギーを背骨を通してクラウンチャクラまでポンプのように上げながら、
     この肉体が使えるようにエネルギーを変換しています。
     そして、生きること、肉体を持つことに大きく影響を及ぼしています。
     今の地球にいる人達は地球とのつながりがものすごく薄くなっています。
     クラウンチャクラからエネルギーを受け取ろうとするあまり、ベースチャクラから
     エネルギーを受け取ることを忘れています。
     オーラ自体が浮き上がったような状態になって、地球にしっかり足が着いてい
     ません。
     地球とのつながりをもっと大切にして、いろんな感情を身体の内側に溜めない
     で、ベースチャクラを通して地球の中心に捨てる必要があります。
     捨てることで地球自体がそのエネルギーを浄化します。
     浄化して、新しいエネルギーとして地球上に送り返すことができます。
     木々を通して、食べ物を通して、水を通して、いろんなものを通して肉体へ戻す
     ことができます。
   F では、次は生殖器のチャクラについて説明していただけますか。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
セッションレポート №3 - 5
2007-10-22 Mon 12:06
                                        『目のある木霊』
目のある木霊ーkodama-36
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、五日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 5  

   F 今の光のセミナーの内容とかやり方について、何か改善した方がいいところが
     ありますか。
   O 一つ一つをじっくり感じる必要のなくなっている人もいる。
     感じなければ手放せなかったエネルギーも、ものすごく出やすくなっている。
     だから、深く感じなくても、すぐに手放すことができる。
     同じ時間を使って、もっとたくさんのいらないものを手放すことができる。
     手放したことによって、さらに多くの光のエネルギーを取り込むことができる。
     それによって覚醒も早くなる。
     でも、感じなければ手放せない人もいる。
     それは本人もわかっている。
     古沢さんも感じることができるはず。
     来た人によって一番いい方法で対応していけるようになる。
   F 過去の重たいものにすごく囚われている人、重たいものがどんどん出てくる人
     はどういうふうにすればいいんでしょうか。
   O 悲劇のヒロインでいて、人の関心を集めたがっているので、でも、そういう人達
     はそういうものを感じさせてあげないと手放すのが怖い・・・そういう人達は十分
     に感じさせて、そういうものを味あわせてあげる必要がある。
     その人達に一番必要なのは愛のエネルギー。
     愛と光のエネルギー。
     その光のエネルギーと愛のエネルギーを十分受け取れるようになったら、自然
     と手放せる。
   F 愛のエネルギーはハートのチャクラから出るということでよろしいですか。
   O ハートのチャクラだけでなく、クラウンチャクラ、ベースチャクラ。
     地球の愛、宇宙の愛、肉体を持っている愛。
     三つから愛のエネルギーを受け取った方が早く手放せる。
   F 頭上のチャクラとハートのチャクラと尾てい骨のチャクラ、それぞれの愛のエネ
     ルギーを受け止めるということですか。
   O 地球の愛、宇宙の愛、肉体の愛。
     三つが肉体を持った人には必要です。
     肉体の愛だけでは満たされない人も、宇宙の愛、地球の愛で満たされることが
     できます。
   F 肉体の愛というのはどういう意味ですか。
   O 地球の愛や宇宙の愛という大きな愛だけでなく、人の温(ぬく)もりとしての愛を
     肉体をまとったエネルギー体が欲しています。
   F 人の温もりとしての愛・・・
     人としての愛ということですか。
   O 人と人とのふれあいの中での愛。
     肉体を持って個の魂としての学びをしていますが、一つにいた時のことは忘れ
     られないので、他の魂とのつながりを肉体の温もりとしての愛で欲している。
     それを感じることで、一人じゃないということを感じて、安心して大きな愛を受け
     入れることができる。
     すべての人がそうではないけれども、特に過去の古いエネルギーを手放せな
     い人達には必要で、その人達は人との温もりの愛を一番欲している。
     それによって自分が引きずっているものを手放しやすくすることができる。
     それがないと、これから先もずっと古いエネルギーを持ったまま何度も何度も
     同じことを繰り返してしまう。
   F わかりました。
     次に光のネットワークツアーについてお伺いしたいんですが・・・
   O その前に、膝から下と掌にエネルギーを少し入れてください。
   F Oさんにですか。
   O そうです。
     今、肉体がすごく地球のエネルギーに引っ張られている感じで、浮いていること
     ができません。

     ― Oさんにエネルギーを充電する ―

   F エネルギーは充電されましたか。
   O はい。
   F まだ続けて大丈夫ですか。
   O 大丈夫です。
   F では、もう少しお伺いします。
     頭の上の五つのチャクラは頭上のチャクラと同じように上を向いて開いている
     と理解してよろしいでしょうか。
   O 上を向いていますが、それぞれが指しているものは違います。
   F どういうふうに違うか教えていただけますか。
   O 頭上の五つのチャクラは肉体内の七つのチャクラのように肉体とスピリチュア
     ルな身体を結びつけているだけではなく、もっと大きな存在とそれぞれの魂とを
     結びつけています。
   F もっと大きな存在というのはどういう存在ですか。
   O 全体的には神と呼ばれている存在ですが、それぞれのアンテナは地球の時間
     でいう未来、銀河系の他の星、銀河の外の同じような星、いろんなものとつなが
     っています。
   F そうですか。
     この五つのチャクラというのは名前がついていますか。
   O まだついていません。
   F わかりました。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
セッションレポート №3 - 4
2007-10-21 Sun 12:09
                                           『沢の飛沫』
沢の飛沫ーkodama-38
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、四日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 4
  
   O 今、いろんなことに気づき始めている。
     肉体を持ったまま気づき始めている魂達が、もう一度この地球にたくさん戻って
     くる。
     その時に、そういう形にだんだんなっていく。
     今の肉体を持っている魂だけではそこまではできない。まだまだ手放せないで
     持っているものが多過ぎる。まだ肉体が重過ぎる。
     また、どんどん悪い方へ行く人達も悪いエネルギーがすごく強過ぎる。
     もっと光のエネルギーを強くしないといけない。
   F では、光のエネルギーを強くするにはどうしたらいいんでしょうか。
   O 今気づき始めている人達がもっと勇気を持って動かなければならない。
   F  動くというと、具体的にはどういうことですか。
   O それぞれの内側で気づいていても、受け入れられないと思い込んでいて、周り
     に話すことをしていない。
     もっと話さなければいけない。
     話すことによって同じ思いの人達がたくさん見つかる。
     そうすると、もっと勇気がでて、パワーも強くなる。
     今生まれてきている子供達はすごくパワーがある。
     でも、その使い方を知らない子供達も多い。
     受け止める大人もわかっていない人が多い。
     子供達の育て方が間違っている。
     エネルギーの向け方が間違っている。
     子供達の出すエネルギーの向け方、もっと良い方へ向けなければいけない。
     子供達も使い方を知らない。
     大人も導き方を知らない人が多い。
     だから、全部悪い方へ出てしまっている。
     でも、出てしまっているエネルギーのおかげで、気づける魂がたくさんいる。
     そのおかげで新しいものを探そうとエネルギーが動きはじめる。
   F 歪んだエネルギーが出ることによって、何かに気づいたり、新しい方向を向き始
     めるんですか。
   O そうです。
     それがないと気づけない人達が多すぎる。
   F 歪んで現れても、それが気づきのきっかけになるということですか。
   O その歪んだエネルギーを出している魂もすごく高いエネルギーを持った存在。
     敢えてそういう形をとって気づかせようとしている存在。
   F これから急速に多くの人が気づいていきますか。
   O 気づくまでに、まだまだそういった歪んだエネルギーを出す人が増える。
     でも、一方で、そんなエネルギーを出さなくても気づけると言っているグループ
     もある。
   F これから何か宇宙からの具体的なサポートとかありますか。
   O 数多くのいろんなグループがサポートに来ている。
     目的は同じだけども、ステップの踏み方がそれぞれ違っている。
     地球にいる人も混乱を起こしている。
   F では、Oさんはどういうサポートグループと縁が深いですか。
   O 歪んだエネルギーを出さないで、光のエネルギーを放つグループ。
   F それは具体的には、どの星のグループとか、名前とかわかりますか。
   O わかりません。
   F では、その人にT&Fのことについて聞いていいかどうか聞いてみてください。
   O いいです。
   F では、T&Fはこれからどういうふうにしていったらいいか、アドバイスしていただ
     けませんか。
   O 光のエネルギーの波動はものすごく高くなっていて、パワフルになっている。
     もっと多くの人達が一度にこの光のエネルギーを受けられるようなセミナーの形
     を取っていった方がいい。
   F 多くの人が一度に集まってもエネルギーはちゃんと伝わりますか。
   O 伝わります。
     それだけ光のエネルギーの波動が高くなっていて、受け入れる人達の準備も
     できている。
     準備のできた人達だけが集まってくるので大丈夫。
   F 人数は何人くらいまで大丈夫ですか。
   O 50という数字が浮かびました。
   F そうですか。わかりました。
     光のセミナーでは今年から七つのチャクラから十二のチャクラに増やしたんで  
     すが、チャクラの活性化は七つの方がいいんでしょうか、それとも十二の方が
     いいんでしょうか。
   O 肉体とより関係を持っている七つもとても大事だけれども、それ以上に、今、
     スピリチュアルな部分の波動が高くなろうとしているので、頭の上の五つのチャ
     クラも一緒にやるべきです。
   F 数は十二で大丈夫ですか。
   O 十二だけをやっているように感じているかもしれないけれども、肉体にある他の
     小さなチャクラにも、ものすごく影響を及ぼしている。
     さらに肉体の七つ以外の肉体の外の七つのオーラにあるチャクラにも、それぞ
     れエネルギーが入っている。
     その層で言うと、ものすごく多くのチャクラに影響が及んでいる。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
セッションレポート №3 - 3
2007-10-20 Sat 10:45
                                        『堤防工事と虹』
虹ー26
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、三日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 3
  
   F では、これからOさんはどのように生きていったらいいのか聞いてみてください。
   O 私の周りにいる人達の魂のきらめきを引き出す。
     本人が気づいていない本来の魂のきらめきを引き出すサポートをする。
   F 何か今のOさんにアドバイスがないかどうか聞いてみてください。
   O 私の中に、まだそれを全部受け入れるという許しを自分に出していない。
     許可を出していない。
     もう許可を出してもいい。
   F では、Oさんは、今回はどういう目的で生まれてきているのか聞いてみてください。
   O 西洋医学の行きづまっている部分、救えない人達に光を当てる。
     もっと目に見えない世界と医学を結びつけていく。
     今回だけではすべてはできない。
   F では、また地球に転生してくるということですか。
   O また地球に戻ってきます。
   F 過去世でも、そういうヒーリングとかをやったことがありますか。
   O 何回かあります。
   F そうですか。
   O でも、そのうちの何回かはすごく圧力を受けて、うまく受け入れられなかった。
     すごく遠い時代、古い時代はすごくうまくいっていた。
     でも、ここ二千年の間に生まれた時には何度も受け入れられなかった。
   F もう今回はヒーリングを始める準備ができていますか。
   O だいたいできているけれども、もう少し何かが足りない。
   F では、何が足りないか聞いてみてください。
   O 目に見えないものだけではなくて、肉体を持っているのだから、もっと肉体につ 
     いて西洋医学的なことも理解しなければならない。
     そこに結びつけていく。
   F 西洋医学的なものを勉強する必要があるということですか。
   O 外科手術というような感じではなくて、肉体の構造、それと目に見えない部分の
     精神や肉体との関係をもっと明らかにする。
     目に見えないものを受け入れられない人達にも理解できるような形にしなけれ
     ばならない。
   F それにはOさんはどうしたらいいんでしょうか。
   O サポートしてくれる存在とコンタクトをうまくとれるようにする。
     そうすると、その存在が教えてくれる。
   F それは先程の四人の天使達ですか。
   O そうみたい。
   F では、どうやってコンタクトを取ったらいいのか聞いてみてください。
   O 必要な時に呼ぶだけで、その存在がすぐに来てくれる。
     でも、私の受け入れる感覚をもっとクリアーにしなければいけない。
   F クリアーにするにはどういう点に気をつけたらいいんですか。
   O 食べ物で肉体から精神的(メンタル)な部分へのエネルギーの影響がすごくある
     ので、そういったものを気をつけないといけない。
   F どんな食事をすればいいんですか。
   O お肉はダメ。
     食品添加物もよくない。
     カフェイン、薬、アルコールもいけない。
     でも、今の食べ物自体、栄養価が落ちている。
     その食べ物だけでも肉体と精神的(メンタル)な部分のエネルギーがうまくいくよ
     うな身体をつくらなければいけない。
   F では、そういう身体をつくるにはどうしたらいいんですか。
   O スピリチュアルな部分がシフトすると、それに伴って少し遅れて身体もシフトする。
     でも、肉体にとってはシフトする時はすごく辛く感じる。負担に思う。熱を出したり
     しながら身体をつくりかえる。
     これはすべての人が同じ。みんなが変わっていく。でも、地球もシフトするので、
     また栄養価のあるその地球に住む人達にあった食べ物が取れるようになる。
   F その地球のシフトというのはどういう感じなのか、もっと具体的に話してもらえま
     せんか。
   O 地球自体の外から見た感じはそんなに変わらない。でも、地球に住んでいる人
     達、良くない部分を強く感じている人達の姿が消えていく。それと共に、すごく良
     いエネルギーを持った人達のパワーが強くなって、どんどん光で包まれていく。
   F それはその人達自身が光で包まれるんですか、それとも地球自体が光で包ま
     れるんですか。
   O 地球自体が光で包まれていきます。
   F でも、見える形はそんなに急に変化があるわけではないんですね。
   O 見た感じは変わらない。
     でも、見える人にはわかる。
     でも、だんだん見える人が多くなっていく。
   F エネルギー状態が見えるようになっていくんですか。
   O エネルギー状態が見えるようになっていく。だから、心の内側を隠すことはでき
     ない。
     悪い心を持っていると、それもわかってしまう。だから、だんだん持てなくなる。
   F それはこれからどんどん早まっていきますか。
   O すごく加速されていくけれども、まだ今地球にいる人達だけでは、そこまで行か
     ない。
   F それはどういうことですか。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:4
セッションレポート №3 - 2
2007-10-19 Fri 11:37
                                   『宮之浦の街の上の虹』
虹ー25
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、二日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 2
  
   O 人が住めそうにない星に辿り着いて、そこに光が待っていて、どこかへ連れて行
     きたがっているような感じ。
   F では、その光に連れて行ってもらってください。
   O どんどん、どんどん地中に入って行って、ずっと深く入っていくと、急に広い世界
     が広がって、その中には太陽もあって、すごく不思議な感じ。
   F では、その不思議な世界をよ~く体験してみてください。
   O すごくたくさんの人がいて、それぞれ仕事、役割を持っていて、でも、あくせくして
     なくて、すごく穏やか。
     言葉を持っていない。
     言葉を喋らないんだけれども、みんなわかっている。
     テレパシーで話しているのかな?
     お野菜がたくさん見えるんだけれど、今食べているようなものではなくて、
     何十倍も大きい。
   F 何十倍も大きい?
   O でも、すごく衛生的。きれい。すごく整っている。
     整理されている感じがすごく伝わってきて、争い事もない。
     すごく気持ちのいいところ。
   F では、その人達の暮らしとか気持ちとか、心の動きとかをよ~く感じてみてくださ
     い。
   O 赤ちゃんが生まれているところ・・・
     出産の形は同じだけど、ものすごく辛くない。
     楽そうに生んでいて、誰かすごい人が座っている。
     その人は赤ちゃんの魂を読んでいる。
     既に生まれてきた時に、その魂の目的がわかっていて、その魂の目的に添って
     歩めるように、周りでみんな用意されていく。
     必要なものがすべてそろえられる。
   F それはどこの星なのか、あるいは未来の地球なのか、その出産の傍にいて読
     んでいる人に聞いてみてください。
   O 星の名前はわからないけれども、地球の時間で言うと、すごく先。
     すご~く未来で、地球上に人が住めなくなった時に、新しくその魂達が移って行
     く星がいくつか用意されている。その中の一つ。 
     名前はまだつけられていないから、わからない。
     この時代にはカルマのようなものはないと言っている。
   F それは地球の時間で何年ぐらい先か聞いてみてください。
   O 二万六千年以上先。
   F もう一つ周期が終わった後なんだ。では、これからその二万六千年先までの地
     球はどうなっていくか聞いてみてください。
   O 一番近いところでは、地球の形や人はそのまま。でも、意識が二つに分かれて
     いる。
     ものすごく辛くてしんどい道をどんどん行く人と、すごく楽で明るい方へ向かって
     いく人と二つに分かれている。
   F それはいつごろの時点で分かれますか。(この時点は1988年)
   O 十年ぐらい。
   F そうですか。では、その後はどういうふうになっていくのか聞いてみてください。
   O 百年、二百年くらい経つと、辛い道を行った人達には楽な方へ行った人達の
     姿が見えない。 地球は一つなんだけど、まるで二つあるような感じ。
     地球で言う時間は同じように進んでいるようなんだけど、場所も同じなのに
     二重に重なっている。お互いに見えない。
   F その辛い道を行った人達は、最終的にはどうなっていきますか。
   O 覚醒した他の星の人達が手を差し伸べているんだけど、気づけない人がいっ
     ぱいいる。
   F では、楽な方の道を行った人達はどういうふうになっていきますか。
   O 時間が有って無いような、すごく不思議な感じで、どんどん何かに向かって進
     んで行っている。
   F 何に向かって進んでいますか。
   O 帰る・・・・・・
   F 帰っていますか・・・・・・どこへ帰っていますか。
   O 私達が生まれたところ。
   F それはどこですか。
   O この宇宙ができた時、何か、神のようなもの、一つの大きなもの、すべて一つ、
     一つのもの・・・・・・
   F そこへ帰っていますか。
   O 帰っていくけど、また旅立っていく。でも、戻りたい時は自由にそこに戻れる感じ。
   F その一つの源のところに戻れる感じですか。
   O 戻れる感じ。
   F 楽な道を行く人達と辛い道を行く人達の比率とかわかりますか。
   O 楽な道を行く人達の方が多い感じがします。
   F そうですか。では、今からその二つの道に分かれるまで地球はどういうふに変わ
     っていくかわかりますか。
   O 悪い方の道に行く人達が、まだまだどんどん地球を汚そうとしている。
     でも、そうさせないように、何かわからないけど地球を浄化できるようなものを誰
     か作り出す。
   F そうですか。地球の変動とかはどうですか。激しい変動とかありますか。
   O 小さな地震とか火山の噴火はあるけれども、地球全体の感じはあまり変わらな
     い。 悪い方へ行っている人達も、魂自体は何かに気づきたいという意志を持っ
     ている。
   F では、何が気づくことをブロックしていますか。
   O その人達の中に、善悪、光と影、いろんな二極を持ったものの、悪い方への
     意識がすごく強くて、自分が犯してしまった悪いことに対して、すごく罪の意識を
     感じて、そこから離れられない感じ。
     手放せないでいる。
   F それを手放すための何かいい方法とか、手だてとかはありませんか。
   O いろんな人達、身体を持たない存在もいろんなサポートをするけれども、今の
     状態では受け入れられない。
     肉体を持っている間に受け入れられる状態ができない。
     受け入れる前に魂が肉体を見放してしまう。
     そして、同じようなところに同じ感覚を持ったまま生まれてしまう。
     それを何度も繰り返している。肉体を持っている間に気づかなければいけない
     ことがたくさんあるのに、肉体を持っている時には気づけないでいる。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:4
セッションレポート №3 - 1
2007-10-18 Thu 13:11
                                       『のんびりした雲』
のんびりした雲ーcloud-13
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   今日から、光のセッションレポート№3 からの内容を連載してお届けします。
   どうぞ、続けてお読みください。
   最後に、いつものように、このレポートを通して学べることをまとめた
   kimiさんのメモを掲載します。
   このセッションの内容が、皆様の内なる意識の目覚め、気づき、また、日常
   生活においての何かのお役に立つことができましたら、幸いです。
   少しずつアップしていきますので じっくりとお読みください。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。
                                      ぴあの 

  
   セッションレポート №3 - 1

   35回目の誕生日だというOさんが光のセッションを受けに来られました。
   光のセミナーを一度体験したことのある方でしたが、始めてみると、個人的
   な情報以外にも、これからの地球の変化やチャクラの構造などについて、
   これまであまり知られていなかった情報も出てきました。

 
   F 今、心の中はどんな感じがしていますか。
   O 紫色の雲が飛んでいて、ぐらぐら揺れている感じ。
   F では、その紫色の雲と一緒にいて、揺れている感じをよ~く感じてみてください。
   O ・・・(この後、この部分は同じなので省略)
   F そうすると、今はどんな感じになってきましたか。
     (この部分も同じなので、この後は省略)
   O ぐるぐる回っていて、どこが上か下か、右か左かわからない。
   F あなた自身が回っているんですか。
   O 回っています。
   F では、その回転と一緒にいて、それをよ~く体験してみてください。
   O 右回転で、ゆっくりと回っていて、どこかへ抜け出そうとしている感じ。
   F では、そのまま回転し続けてみてください。
   O 回転は止まって、宙に浮いているけれども、首だけがどちらかを向いているよう
     な感じ。
   F では、そのまま宙に浮いている感じをよ~く味わってみてください。
   O 目の前にどこかへ抜け出るところがあるんだけども、身体は行きたいと言ってい
     るんだけれども、頭が重たくて、首の後ろが痛くて、行けない。
   F わかりました。では、その首の後ろの痛いところと一緒にいて、それをよ~く感じ
     てみてください。
   O 掌から青い光が出ていて、この手を頭の後ろと首の後ろに実際に当てたい。
   F では、どうぞそうしてみてください。
   O 頭の後ろと首の痛みが取れて、気持ちがいい。
   F では、その気持ちよさと一緒にいて、その気持ちよさを十二分に味わってみてく
     ださい。
   O 白い光と天使が四人と妖精が一人、目の前にいます。
   F そうですか。
     では、その天使と妖精のエネルギーをよ~く感じてみてください。
   O 天使はそれぞれヒーリングを助けてくれる天使で、光のいろんな色で、それぞれ
     の癒し方があるということを話してくれました。
   F よくわかりましたか。
   O まだ私がすぐに全部理解できないので、これからゆっくり教えてくれると言ってま
     す。
   F そうですか。
     では、こんどは妖精の方をよ~く感じてみてください。
   O 妖精はとても人なつこくて、普段生活している中でいろんなことをサポートして
     くれている感じ。
   F 既にもういろいろサポートしてくれているんですか。
   O そんな感じです。
   F では、もう少し天使や妖精と一緒にいてみてください。
   O 胡坐をかいて座っている人がいるのだけれど、私の顔ではないけど、私みたい。
   F では、その人と一緒にいて、その人の感じをよ~く感じてみてください。
   O 胡坐をかいている人は肉体ではなくて、青白い網の目のような光の細い線でで  
     きたような感じで、頭のてっぺんからお尻まで黄色い細い光の筋が通っていて、
     頭のてっぺんの光も、お尻の先の光も、どこまで続いているかわからないくらい
     長い感じがする。
   F 肉体ではなくて、エネルギー体なんですかね。
   O すごく力強さと男性的強さを感じる。
   F そうですか。では、もう少しそのエネルギー体と一緒にいて、そのエネルギーを
     深く感じてみてください。
   O その光の柱のところからチャクラのようなものが出てきて、第二チャクラから
     第六チャクラまでの前と後ろのチャクラから、後ろのチャクラから入った光が前
     のチャクラから出て、前のチャクラから入った光が後ろのチャクラから出て、
     それがどんどん増えて、第一チャクラから入った光が第七チャクラから出て、
     第七チャクラから入ったものが第一チャクラから出て、その光が一杯になって、
     身体がだんだん見えなくなって、黄色いような、白いような、繭のような形になっ
     てきた。
   F では、その光の繭と一緒にいて、その光の繭の感覚をよ~く味わってみてくださ
     い。
   O 光の繭はどこか広いところに浮かんでいるんだけれども・・・ 
     私の掌の上に乗っかっているような感じ・・・
   F では、掌の上の光の繭をよ~く感じてみてください。
   O こんどは光の繭の中に私が入っていて、私の存在がすごく小さくて、光の繭がす
     ごく大きく広い感じです。
   F では、その光の繭の中にいる感じをよ~く感じてみてください。
   O 言葉が浮かんできました。
   F どんな言葉ですか。
   O 人生でのいろんな出来事は針の先にも値しないような小さなことだけど、ものす
     ごく大きな意味を持ったこと。
     人それぞれ一人ずつは小さな存在でも、大きな存在。
   F では、その言葉と一緒にいて、その感じをよ~く感じてみてください。
   O 紫色の雲に乗っていて、私以外にもたくさんの人が紫色の雲に乗っかっている。
   F では、あなた以外のたくさんの人をよ~く感じてみてください。
     一人一人よ~く感じてみてください。
   O 姿はみんな違うけれども、全部私のような気がして、その人達が
     「そんなに過去の自分を知りたいの?未来の自分を知りたいの?」
     と聞いている。
     「知らなくても今のあなたの中に全部あるんだよ」
     と言っている。
   F では、そこにいるあなたの過去の人達や未来の人達をよ~く感じてみてください。
   O 私にはよくわからないけど、
     「過去も今で、未来も今で、今のところに他の私もいる」 と言っている。
   F では、過去や未来の人達が、今、同時に存在している感じをよ~く感じてみてく
     ださい。
   O 頭はすっきりしないけれども、心は気持ちいい感じ。
   F では、その気持ちよさと一緒にいて、その気持ちよさをよ~く味わってみてくださ
     い。
   O すべてが今にあるから、今を大切にしなければという感じ。
   F では、すべては今という感じと、今を大切にしなければという感じと一緒にて、
     その今という感じをよ~く感じてみてください。
   O とても静かで幸せな感じです。
   F では、もうしばらくその静かで幸せな感じと一緒にいて、その感じを深~く体験し
     てみてください。
   O ものすごく広い草原の中にいる。
     遠くの方に山があって、近くに川が流れている。
     昼間で青空があるのに、大きな星がいくつも見える。
   F では、その青空や星達と一緒にいて、その感じをよ~く感じてみてください。
   O 春の花も夏の花も秋の花も全部一緒に咲いていて、不思議な感じ。
   F そうですか
     では、その不思議な花達と一緒にいて、その感じをよ~く感じてみてください。
   O 私の他に誰もいないので、みんなどこへ行ったんだろうという感じ。
   F では、一人でいる感じをよ~く感じてみてください。
   O 川の向こう側にトンネルを見つけたので、入ってみた。
   F では、そのトンネルの中をどんどん進んでみてください。

                                 ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:4
セッションレポート №9 メモ - 5
2007-10-17 Wed 07:55
                                       『青い空と青い海』
青い空と青い海ー04-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   先日まで連載していました ”セッションレポート№9” から、このセッションを
   通して学べることをまとめた、kimiさんのメモを連載しています。
   今日はメモの五日目、最終日です。


   セッションレポート №9 メモ - 5

   ☆ いまこの瞬間のエネルギーで

   これまで私達は過去の記憶や知識をベースにして『私』という自我を中心に生きて
   きました。
   しかし、それは限られた経験に基づいた小さな枠組みでした。
   それが徐々に薄れ、みんなと経験を共有し、共感するように変わっていきます。
   これから意識の枠組みが少しずつ広がっていくのです。
   そして、過去の経験に基づいて生きるのではなく、いまこの瞬間のエネルギーを感
   じながら生きるようになっていきます。

   いまこの瞬間のエネルギーを注意深く感じていると、いま必要な行動に気づき、
   そのように動いていると、必要なものが自然に流れてくる ― それがこれからの
   方向です。
   それはお金に限らず、人も物も情報も同じです。
   時代は必要なものが即座に満たされるように変わっていきます。
   これから限りなく波動(スピード)アップしていくのです。


   ☆ 手放して

   古いものに何時(いつ)までもとらわれていないで、手放すこと
   ― それが新しいものが流れ込み、いつも豊かでいられるコツです。
   (古いもので一杯になっていると、新しいものが入ってくる余地がありません)
 
   お金に対する執着や、これまでの仕事や人間関係なども、いったん手放して自分
   を自由にしてあげると、新しい可能性が開きます。
   これまで自分を制限していた思い込みを外していくと、新しいエネルギーが流入す
   るのです。

   私達は”恐れ”から、自分の手の中にできるだけ多く所有(ストック)しようとしてきま
   した。
   しかし、そのパターンの中にいる限り、恐れから自由になることはできません。
   思いきって手放し、愛と共に流す時、新しい生き方が始まります。
   (何時(いつ)までもしっかりと握りしめている人は頑固者です。
    つまり、石頭 ― 己を守るために心も体もコチコチ)

   手放して、手放して、初めて、しなやかな心と体が甦ります。
   そこには軽やかな、自由な風が吹いています。

   新しい人生の旅立ちです。
                       
                     光のセッションレポート №9 メモより (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:0
セッションレポート №9 メモ - 4
2007-10-16 Tue 08:22
                                        『がけ崩れの跡』
がけ崩れの跡ー25-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   先日まで連載していました ”セッションレポート№9” から、このセッションを通して
   学べることをまとめた、kimiさんのメモを連載しています。
   今日はメモの四日目です。


   セッションレポート №9 メモ - 4

   ☆ お金はエネルギー

   既に国内外の特定地域ではエコマネーと呼ばれるものが実験的に導入されていま
   す。
   やがてコミュニティや共同体が各地に生まれ、その中ではお金が必要でなくなる日
   もそう遠くはないでしょう。
   しかし、まだ当分はお金もあり続けますので、少しお金の使い方を工夫するといい
   でしょう。
   お金は光っているものに使いましょう。
   光を感じるものに使うと、お金は光となって回ります。
   喜びと共に手放すと、喜びを振りまきながらお金が流れます。
   お金はエネルギーです。
   必要なものを実現していくエネルギー ― それをどんどん動かしてやると、いろん
   なことが次々と実現します。

   不安や心配から、いたずらにストックしていると、エネルギーは淀んでしまいます。
   生活全般が後ろ向きになり、停滞してしまうのです。
   お互いの夢のためにお金を役立てましょう。
   ケチケチしないで、お金を自分の愛の表現として使いましょう。
   愛は愛を呼び、夢は夢を実現させます。
   楽しいことに、嬉しいことにお金を使うと、お金は楽しみや喜びを世界中に運んで
   行きます。
   すばらしいメッセンジャーです。
   これからはお金を喜びの媒体として、喜びのエネルギーを増幅させるものとして使
   う時代になります。
   光るものに、喜びが広がるようにお金は使いましょう。
   お金を出す時、楽しい、嬉しい感じで出すと、そういうエネルギーが自分の周りで
   どんどん広がっていきますよ。


   ☆ ストックからフローへ

   これまで私達は、「老後は貯蓄(ストック)だけが頼り」 とか 「お金さえあればなぁ~」
   というような社会風潮の中で生きてきました。
   生命(いのち)の次に大事なものはお金であり、お金を稼ぐために働く・・・ それが
   社会の常識でした。
   (いまの仕事が意に添わなくても、年金が付くまで我慢するとか、生活できなくなっ
   たら困るとか ― 身の安全を保障するものはお金(ストック)でした)
   しかし、これからは少しずつではありますが、必要なものは必要な時にやってくる 
   ― という感じに変わってくるでしょう。
   過去の貯蓄(ストック)をベースに生きる時代から、いまの流れ(フロー)を感じて生
   きる時代に変わります。
   それは自分が所有するという観念から、必要なものをお互いに流し合うという意識
   の転換です。

   恐れから自分のところでストック(ストップ)しないで、お互いに流し合うと、みんなが
   豊かになり、どんどん流れが大きくなっていきます。
   大切なことは、ストックではなくフローです。
   いつも豊かに流れている ― 生命(いのち)とはそういうものです。
   活き活きと活発に動いている ― それが輝いているということです。
   それが滞ってしまえば死あるのみです。
   流しましょう、喜びと共に・・・

                                ・・・明日に続きます
                       
                     光のセッションレポート №9 メモより (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:4
セッションレポート №9 メモ - 3
2007-10-15 Mon 09:41
                                            『朝の海』
朝の海ー07-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   先日まで連載していました ”セッションレポート№9” から、このセッションを通して
   学べることをまとめた、kimiさんのメモを連載しています。
   今日はメモの三日目です。


   セッションレポート №9 メモ - 3

   ☆ 光の選択基準

   私達はこれまで、値段が高いか安いか、快か不快かを大きな選択の基準としてき
   ました。
   しかし、これからは、それが光っているか光っていないか、生命(いのち)が輝いて
   いるか輝いていないか ― それが新しい選択の基準になっていきます。
   迷った時の判断の基準になりそうなものをいくつか列挙してみますので、参考にし
   てみてください。

    ①明るいか暗いか、輝いているか淀んでいるか・・・・・・
    ②愛がこもっているか、活き活きとしているか・・・・・・
    ③それがお金儲けのために作られたのか、それとも人に喜んでもらうために
      作られたのか・・・
    ④自分が身に付けることによって、自分がさらに輝くかそれとも暗くなるか・・・
    ⑤それを手に入れることによって、自分の愛が豊かになるか、それとも貧しく
      なるか・・・

   ― 以上のことを、事前にチェックし、さらに事後も再確認していくと、自分の心の
   状態もわかり、徐々に心が光に満ちてくることでしょう。


   ☆ 人は光そのもの
 
   人はみな本質的には光そのものです。光の源とつながっています。
   この宇宙はすべからく光のバリエーションです。
   だから良いも悪いもありません。
   光と言い闇と言っても、それはすべて光のバリエーションに過ぎません。
   つまり、程度の差です。
   しかし、その差があるからこそ、この宇宙の無限の色彩が楽しめるのです。
   そのどれもが光です。
   より活発に輝いているか、それとも淀んでいて暗いか・・・・・・その違いだけです。
   そのどちらと一緒にいるか ― どちらでもOKなのです。
   (いずれにしても宇宙の大局から見れば、一時(ひととき)の波に過ぎません)
 
   ただ宇宙のエネルギーの流れというものがあって、それと共に流れていればスム
   ーズですが、それに抵抗するとギクシャクとした苦しい人生になるだけです。


   ☆ 深い闇

   人は本質的に光を求めるので、闇に居続けるのはとても大変なことです。
   実は、どれだけ深い闇を創れるか・・・・・・
   それがどれだけ深い光を創れるかに関わっているのかもしれません。
   深い深い悲しみは、深い深い慈しみを呼び起こします。
   それだけ光のバリエーションが広がるのです。
   ドラマが盛り上がるのです。
   そういう意味では、悲しみもまた大きな愛を生み出す原動力かもしれません。
   (宇宙は大きいね!)

                                ・・・明日に続きます
                       
                     光のセッションレポート №9 メモより (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:2
セッションレポート №9 メモ - 2
2007-10-14 Sun 08:10
                                        『竜宮行きの亀』
竜宮行きの亀ー18-dec
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   先日まで連載していました ”セッションレポート№9” から、このセッションを
   通して学べることをまとめた、kimiさんのメモを連載しています。
   今日はメモの二日目です。


   セッションレポート №9 メモ - 2

   ☆ 新しいゲーム

   私達は地球を光に満ちた宇宙のオアシスにしようと思ってやってきたのではないで
   しょうか。
   宇宙にあるすばらしいものを地球に投影し、輝く地球を創ってみたいと思ったに違
   いありません。
   しかし、地球に来てみると、物質の魅力に取りつかれ、自分の霊性(ほんしつ)を
   忘れてしまったようです。
   長~い永~い間、物質ゲームを楽しんできました。
   しかし、時が満ち、本来の霊性(スピリット)に目覚める時がやってきました。
   もう物質オンリーのゲームは終わりにさしかかっています。
   これからは霊性と物質が両立する時代になります。
   当初の目的どおり、霊性を物質次元に反映させる時がやって来たのです。
   これからは輝いているものをたくさん創造し、地球全体をさらに輝かせていくゲーム
   に変わります。
   私達はいま、新しいゲームのスタート地点に立っているのです。


   ☆ 闇を照らす光

   なぜ人類は長い間、闇の中にいたのでしょうか。
   それは自分の光の本質から離れてしまったからです。
   物質次元の中にのめり込み、光を忘れてしまったのです。
   闇の中で手探りで生きることは不安と心配を増幅させます。
   『幽霊の正体見たり枯れ尾花』 と言うように、昼間、明るい太陽の下で枯れた花を
   見ても誰も驚きませんが、夜、暗いところで同じものを見ると、それがとても恐ろしい
   ものに思えてしまうのです。
   闇が人の心を妄想に駆り立てます。
   しかし、闇の中でも明かりを灯し、現実をはっきりと見極めれば、恐れは消えます。
   事実を直視しないで、あれこれ想像するから恐れが増幅されるのです。
   自分の恐れという闇を越えたければ、闇を照らす光を求めることです。


   ☆光の世界へ

   もし本当に光を求めるのなら、いまこの瞬間から一つ一つの選択基準を光に置くこ
   とです。
   ただそれだけで光の世界へ行けます。意外と簡単です。
   ところが、私達には過去の古いパターンが骨の髄まで染み込んでおり、注意してい
   ないと無意識の内に光でないものを選択しがちです。 
   そこで、もう一度生活全般を見直し、改めて一つ一つ選択し直してみる必要があり
   ます。
   闇から自由になるには、やはり注意深い意識的な作業が必要なのです。

                                ・・・明日に続きます
                       
                     光のセッションレポート №9 メモより (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:0
セッションレポート №9 メモ - 1
2007-10-13 Sat 10:31
                                       『サンゴのウミガメ』
サンゴのウミガメー22-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   今日から、昨日まで連載していました ”セッションレポート№9” から、
   このセッションを通して学べることをまとめた、kimiさんのメモを連載します。


   セッションレポート №9 メモ - 1

   ☆ 光の時代
   これからは光の時代になります。
   まだかなり先の話ですが、やがて光を呼吸して生きていくようになるでしょう。
   時代の流れを先取りしたかったら、呼吸する時に光を吸収しているつもりでおこなう
   と、心身の光化が一段と加速するでしょう。
   また、物を買ったり、食事をしたりする時も光っているかどうか毎回チェックしている
   と、人生が変わっていきます。
   光っているものと絶えず一緒にいると、自分自身も光に満たされていくのです。


   ☆ 愛の波動
   光っているものと光っていないものとの違いは何なのでしょう?
   それは愛の波動です。
   愛の波動を込めて作ることによって、輝くものができあがります。
   それは品物や食べ物に限らず、すべてについて言えることです。
   一つ一つのことを心を込めて、丁寧におこなうと、それは光の仕事となります。
   日常のすべての思いと行いに愛の波動が入っていると、その人がいるだけで周り
   が輝くようになるでしょう。
   気づいた時に、できるだけ愛の波動を込めるように意識すると、だんだんと光と愛
   が満ちてくることでしょう。


   ☆光のグループ
   私達はやがて光のグループと闇のグループに分かれていくようです。
   (実際には、光に目覚める人と、そうでない人がいるだけですが・・・)
   同じ地球にいながら、徐々に意識の次元が違ってきます。
   でも、最終的にはみんな光の方へ行くようですので、ご安心を!
 
   心や体の周りが闇に覆われていて、あまり光を感じられない人も、
   それを取り除いていくと、内側から光が輝き出します。
   それには、忙しい忙しいではなく、毎日少しずつでも自分自身と一緒にいる時間を
   持つ必要がありそうです。
   静かに自分の心を感じていると、必要のない曇は自然に心から離れていきます。
   そうすると自分の周りの光をキャッチできるようになるのです。


   ☆ 目隠しゲーム
   光を好まない人達もまだまだ居続けるようです。
   (今の現実社会を見れば一目瞭然ですね)
   でも、それも一人一人の選択ですから、良いも悪いもありません。
   こうでなければいけないというようなことは一切ないのです。

   時代の流れというのはありますが、その中でいかに生きるかは一人一人の自由で
   す。過去にとらわれ、自我にしがみついていると、苦しい人生になります。
   しかし、それも貴重な体験の一コマかもしれません。
   闇があるからこそ光がわかるのです。
   目隠しゲームをしていればこそ、真実に気づく喜びも味わえるというものです。

                               ・・・明日に続きます
                       
                     光のセッションレポート №9 メモより (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:0
セッションレポート №9 - 6
2007-10-12 Fri 07:17
                                         『夜のUFO?』
夜のUFO?ー08-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けしています。
   今日は六日目です。
   文中の、M は、Mさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

   四日目からは、世界ツアーについての情報が出てきていますが、
   現在ツアーは行われていません。
   このセッションレポートは、2000年に行われたものを掲載しています。
   ツアーへの意識の向け方やその他のメッセージがとても奥深いもので
   ありますので、このメッセージが皆様の何かのお役に立つことと思い、
   原文をそのままアップします。


   セッションレポート №9 - 6  
 
   F 一応、いまのところはペルーまで決まっていますが、その他に行った方がいい
     というところとかありますか。
   M アラスカと言ってます。
   F アラスカ・・・ 他には?
   M インド。ガンジス河の方、インド・ネパール。
   F ヒマラヤの方かな?
   M ヒマラヤの方。
     そして仏教が始まった土地。
     いまはとても貧しい人が多いんですけど。
   F そこは行きたいですね。
   M それからツアーという形ではないかもしれないですが、フィンドホーンのエネル
     ギーは古沢さんに来てほしいと言ってます。
     とても、すごくネットワークが広がるでしょう、と。
     もし気が向かれたら・・
   F ありがとう。ぜひ行きたいね、そう言われると。
   M これからたくさんの知り合いが世界中にできるようです。
   F 楽しみだね。
   M それから、ジャワ、バリ、インドネシア・・・ 
     それほど緊急というわけではないみたいです。
   F そう。
   M あとハワイの方。
   F ハワイにも行きたいね。
     ハワイはどこへ行ったらいいの?
   M いま名前はすぐ出てこないんですが、ワイキキビーチとか、そういうところでは
     なくて、ヒーラーがたくさん住んでいる地域があるそうです。
   F そういうところがいいの?
   M はい。古沢さんご自身がきっと次々と場所がおわかりになるので、その直感を
     信じていただければ・・・
   F セドナは?
   M セドナは一部商業的になってしまったところと、本来のボルテックスのエネルギ
     -があるところと両方あります。
     セドナはとてもエネルギーが活発なので、そこに光を降ろしに行くというよりも、
     そこのエネルギーとつながって、光の足りないところにそのエネルギーを流す
     という意味で・・・
     とても力強いエネルギーなので・・・いろんなニューエイジの商業的な部分も混じ
     っていますが、光ってるものと輝いてるものを意識されるならば・・・
   F では、古沢仁宏や光のネットワークに何かアドバイスがありますか。
   M さらに自らの光を大きく信頼して、つながっていってください。
     古沢さんの周りに集まっている光になった人達が自身を持って、自らの魂が喜
     ぶことを形にしていく時期が来ているので、それを形にしていくうえで、お互いに
     つながって、サポートし合って、広げていってください。
     『光のネットワーク』 という概念は、すごくすごく大事なもので、いまそのイメージ
     を持っている人がとても世界にたくさんいて、『ネットワーク』 と 『光』 というキー
     ワードを二つも、両方持っていて、贅沢なくらいぴったりしているので、ぜひ、つ  
     ながっていってください。
     News Letterはすばらしい、って。
   F では、News Letterの読者に何かメッセージはありませんか。
   M News Letterの光のエネルギーを十分に受け取って、そして、その中に何かフォ
     ーカスするものがあれば意識を向けて、自分が行きたい地域があれば、たとえ
     行かなくても、宇宙と地球とつながって、自分の家でもいいですから、その地域
     に光とエネルギーを送ってください。
     そしてもし行きたいところがあったら、行けるかどうかではなく、行くこと、自分が
     やりたいことにフォーカスすると、行けるようになります。
     ビジョンがはっきりしてない場合は行けないことも多いです。
     何がしたいのかはっきりビジョンを持って、行ってやってる、行っておこなわれて
     いる、地球の時間で言えば未来になるんですが、宇宙で言えばそれは同時でも
     あるので、時空を越えたその状態にエネルギーを送ってください。
     参加される方も、その自分が行く場所と時間のために、行く前からエネルギーを
     フォーカスして送っていただくとすばらしい旅になります。
     News Letterが出る頃には、かなりのエネルギーがそれに向けて動いています。
     News Letterを読んで自分に縁があると感じた人が、愛と光のエネルギーをその
     ツアーにフォーカスすることで、ツアーの意味がすごく変わってきます。
   F そうですね。
     それは行った人だけじゃなくて、もっと大きな広がりになっていくよね。
   M そうです。意識の力はすごいものですから。

   F お金というのは、これからどうなっていくんですか。
   M お金そのものはエネルギーなので、それが十分ないとか、そういう見方を手放し
     て、循環するものだというふうに考える人が増えてくると、お金そのものが悪い
     というイメージはなくなってくるのですが・・・
     あるものに対して自分はどれだけの価値を見出すかをお金に象徴して表現して
     いるので、目に見える形にして表現しているだけで、いまのところ便利なので、  
     しばらくはあると思いますが、人の意識が変わって、お金をたくさん貯め込むこと
     より、お金を必要な時に必要なだけ自分が生み出して、それをさらに流していく
     というふうに変わっていけば、執着から少し離れていくと思いますが・・・
   F お金はどんどん動かして循環させた方がいいのかな?
   M すべてのエネルギーは滞らない方がいいです。
   F じゃあ、お金もあんまりストックしない方がいいの?
   M ストックしてまた何かにエネルギーの形を変えて表すものが見えている場合、
     そのための手段としてストックするのは必要かもしれませんが、お金を持ってな
     いと不安という、そういう状態が続く限り、いろんな闘争が生まれるでしょう。
     自分が本当にほしいものが生じた時に、やりたいことをやる時に、お金も流れて
     くるという奇跡を体験する人が増えてきています。
     これからはお互いに夢のために、お金を自分の愛の代わりに流し合う、そういう
     形で流れていくようになると思います。
   F いいねぇ~。
     必要な時にどんどん流れてくるという感じになっていくのかな?
   M まだ少し時間はかかると思いますが、宇宙に欠乏があふれているという恐れや
     不安が、いまとてもこのゲームのキーワードになっているので、恐れ、不安では
     なく、自分がほしい豊かさを引き寄せるという、そういう意識になっていれば・・・
   F 豊かになるのかな?
   M はい。
     お金も輝いているお金と、淀んだお金というのがわかってきて、淀んだお金 ―
     物質的なものだけにとらわれたり、ケチケチしながら回すお金はどこに行っても
     滞って、喜びをもって手放したお金は、しかるべきところを回って、さらに喜びが
     広がっていくようになるので、その理屈に気づき始めた経営者達もたくさんいる  
     ので、光るお金が循環するようになっていきます。
   F すばらしいですね。

                                 ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:0
セッションレポート №9 - 5
2007-10-11 Thu 10:37
                                            『UFO?』
UFO?ー07-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けしています。
   今日は五日目です。
   文中の、M は、Mさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

   四日目からは、世界ツアーについての情報が出てきますが、
   現在ツアーは行われていません。
   このセッションレポートは、2000年に行われたものを掲載しています。
   ツアーへの意識の向け方やその他のメッセージがとても奥深いもので
   ありますので、このメッセージが皆様の何かのお役に立つことと思い、
   原文をそのままアップします。


   セッションレポート №9 - 5  

   F チベットはどこへ行けばいいんでしょうか。 
     ラサには行くんだけど、それ以外に行った方がいいところがありますか。
     それとも現地へ行ってから決めた方がいいのかな?
   M 予定を決めて行かれると安全だとは思うのですが、行った先で何らかの縁の
     ある場所が突然わかることがあると思います。
     それは古沢さんに流れてくる情報かもしれないし、そこで出会った人によって
     伝えられる情報かもしれないんですけど。
   F わかりました。
     わりと自由な感じで行ってみる方がいいかもね。
   M そうですね。
     チベットは来てくれるのを待っていると言ってます。
   F そうなんだ。
   M いますごく光と愛のエネルギーがほしいって。
   F いまチベットは大変ですよね、エネルギー的に。
   M はい。
   F その後にエジプトとオーストラリアとペルーに行く予定なんですが、その辺の
     エネルギー状態も大変ですか。
   M エジプトは封印を解くために、ぜひ多くのエネルギーを入れてください。
   F 封印を解くためには、宇宙と地球と自分自身とで光で一つになればいいのか
     な?
   M そうです。
   F それをやれば自然に封印は開くの?
   M それだけでは難しいかもしれない。
   F その時になって、また何らかのメッセージがあるのかな?
   M きっとそこへ行くと、直感的にこうした方がいいというのが現れると思います。
     一人だけ、ある一行だけではなくて、大勢の人が違った形で行くことによって・・・
   F それは何の封印を解くんですか。
   M 地球と宇宙のつながりを、なにかグリッドの関係みたいなんですけど・・・
     地球の周波数を落として物質的なものに近づけた、闇というものをさも存在
     (ある)ように信じさせた二元論みたいな ― そういうものを、地球をその状態
     に長い間留めておいたものを、もう少し周波数を上げて光を増やすことによって
     外す。
     それによって宇宙からの光をもっと地球が取り入れられるようにする 
     ― 封印を解くことで地球の次元を上げることができると言ってます。
   F それはピラミッドと関係があるのかな?
   M ピラミッドと関係があります。
     ピラミッドは宇宙からたくさん降りてくるエネルギーの取り入れ口。
     いまはそれが全部入ってこないようになっています。
   F それをもっと入るようにする必要があるわけですか。
   M そうですね。
     あまり入りすぎても、それを扱えない人達ばかりの地球では困るので、
     それぞれの意識をさらに上げながら・・・
     低い周波数の重たいものと軽く輝いている精妙なエネルギーの違いがわかる
     人達を増やしながら解いていってください。
     全部がつながっていることと、スピリットであることを、愛と光の波動をもって伝え
     ていってください。
   F 少しずつ光を増やしていくのかな?
   M そうですね。
     光がわかっている人は、早く光をと思うかもしれませんが、光の仲間を増やす
     ことによって速度が加速するでしょう。
   F 時期的にはエジプトは10月でいいですか。
     チベットは7月ですが。
   M はい、いいです。
   F 1月のオーストラリアはどうでしょう?
   M すばらしい太陽が降り注いで、良い時期です。
     ぜひアボリジニの人達とつながってください。
   F そうしたいけど、どうしたらいいんだろう?
   M 1月のツアーに向けてエネルギーを送ってください。
     アボリジニの人達とおこないたい交流のビジョンにフォーカスして、送り続けて
     ください。
     また、それまでにそういう出会いがあることもあるでしょう。
     すべて出会いがつないでいきますので、プロセスを信じて、エネルギーを送って
     ください。
   F では、来年4月のペルーはいかがですか。
   M はい、とてもいいですね。
   F どんな感じになりそうですか、ペルーは?
   M ペルーのマチュピチュの上の方に登って、宇宙と交信する・・・
     異次元間、あるいは宇宙存在と交信する・・・
   F その時は地元のシャーマンも一緒の方がいいですか。
   M その方がいいです。
   F 私達はそこで何をすればいいんでしょう?
   M それぞれが持っている多次元に渡る自己とつながってください。
     地球にいる自分だけではなく、多次元に渡る自分と。
     そして、根源とつながってください。
     オーラの七層とよく言いますが、自分がいろんな次元に渡っている存在だという
     ことを明確にして、違う次元の自分とつながってください。
     意識を拡大させてください。
   F ペルーというのは、どういう場なんですか。
   M 宇宙との交信基地です。
   F マチュピチュが?
   M はい。
   F Mさんも過去世でそこにいたのかな?
   M よく岩の上に登ってUFOや宇宙存在とのコンタクトをとって、どういう町づくりを
     したらいいのかとか、いろんな時期などを占っていました。
   F UFOとかもいっぱい来てたんですか。
   M はい、来てました。
   F いまもUFOはペルーに降り立ったりしているんですか。
   M いつもその辺にたくさんいますが、見える人と見えない人がいます。
     UFOは常に地球の周りにいっぱいいます。
   F 見える人と見えない人がいるんだ?
   M そうですね。コンタクトを取る人と取らない人がいます。
     恐れがある人はUFOとコンタクトを取りません。
     たくさんの恐れを解放していってください。

                                 ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:1
セッションレポート №9 - 4
2007-10-10 Wed 09:26
                                         『栗生の風景』
栗生の風景ー17-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けしています。
   今日は四日目です。
   このセッションレポートをここからはじめて読まれる方は、
   ”光のセッションレポート №9 - 1” から読まれることをお勧めします。
   ブログ右サイドにあります、” 最近の記事 ” から、お読みになりたい
   記事を選び、クリックしてください。
   文中の、M は、Mさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

   四日目からは、世界ツアーについての情報が出てきますが、
   現在ツアーは行われていません。
   このセッションレポートは、2000年に行われたものを掲載しています。
   ツアーへの意識の向け方やその他のメッセージがとても奥深いもので
   ありますので、このメッセージが皆様の日常においても何かのお役に
   立つことと思い、原文をそのままアップします。


   セッションレポート №9 - 4  

   F インターネットはやる必要がありますか。
   M インターネットはちょっと危険性もあるけど、ホームページを作って、こういう所
     へ行きますとか、エネルギーを込めて、とにかく何をするにも愛と光のエネルギ
     ーを込めておこなうなら大丈夫ですから、それも一つの方法としては今後は
     いいみたいですね。
   F インターネットはどういう危険性があるんですか。
   M ホームページとかに悪意をもってアクセスして、掲示板とかに光をなくすような
     エネルギーをもって何か書き残していったり・・・
     自分が発信するにはいいみたいです。
     特に自分が愛を込めて発信するにはそんなに怖がることもない。
     インターネットでは、もし自分が欲に動かされて、愛から来ているのではない
     詐欺的な商業主義的なものに自分がアクセスして入っていくのは危ないけど、
     自分が発信する場合は愛の波動を込めて、光り輝くホームページを作るなら、
     それはOKでしょうと言ってます。
     自分がクリックして開くサイトが光ってるかどうか、それをいつも意識して、
     インターネットのサーフィンをやる場合は光ってるものを選んでください。
   F 光ってないものもいっぱいあるの?
   M はい、いっぱいあります。
   F 光ってるものもいっぱいある?
   M 増えてきています。
   F そういうところへアクセスすると光が流れてくる?
   M はい、そうです。
   F そのアドバイスはすごく重要だよね。
     これからインターネットをやる人がどんどん増えるものね。
   M これからは何をするにも愛と光を入れること。
     一つ一つ、一瞬一瞬のことに入れること・・・
     そして、自分が選ぶものも明確に輝いているものを選んでいくこと・・・
   F 世界各国を尋ねるということは、訪ねた人や意識で一緒に行った人にとって、
     どういう意味があるんですか。
   M 地球の光のグリッドをさらに強固なものにする。
     光のネットが途切れかけていたり、途切れているところを、その人達が歩くこと
     でつながると言っています。
   F グリッドというのは、どういう意味ですか。
   M 体に経絡やリンパや神経などがあり、それらが複雑に絡み合ってつながって
     いるように、地球も生きていて、光が網の目のように地球を包んでいるんだけど、
     その一部が切れたり、暗くなったりして、光が全体に行き渡らないところがある
     ので、暗いところへ行くことによって光の経絡というかグリッドができたり、つな
     がったりします。
     また、意識で光を降ろすと、すごく光ってるところから、あまり光ってないところ
     へ動いたり、光がもう少し均一化されたり、全体が光るようになります。
   F そういうところへ行ったら、私達は何をすればいいんですか。
   M 光のセミナーでやっているように、自分が宇宙と地球の光の通り道になる。
     しっかりグランディングして、地球と広大な次元の両方につながって光を流す。
   F 光を流すということは、宇宙と地球の光を交流させるということ?
   M 宇宙と地球の光を交流させる・・・
   F 自分はその通路になればいいのかな?
   M そうですね・・・ それから、宇宙と母なる地球に感謝の気持ちを持って・・・
     感謝って言ってます。
   F 「ありがとう」 「ありがとう」 って?
   M 慈しむというのか・・・ 一体となって・・・ 地球と宇宙と自分が意識の中で融合
     (とけ)て、感謝と光のチャネルになる・・・ 同化するというか・・・ 宇宙の根源と
     自分と地球が一つに融合(とけ)てしまう・・・ 
     そういう状態で、ただそこにいる・・・
   F その状態で、ただそこにいればいいのかな?
   M 言いたいことがあれば言ってもいいし、祈ってもいいけど、でも、あまり制限の
     ない方がよりいいみたい。
     ただそういう状態でそこにいることが大事みたい。
   F 一つになっていればいいのかな?
   M はい、そうです。
     たぶん、その時は意識が無になるだろうと言ってます。
   F そうね。
     これからそういうツアーに参加する人が増えていきそうですか。
   M みんなすごく求めています。
   F いっぱい参加する人がいるといいね。
   M ツアーに参加するのはもちろんいいし、その場に行くことも大事だけど、意識を
     向けることも大切です。
   F 意識を向けることで、そこに光が流れるのかな?
   M そうですね。
     古沢さんも、この地にいても宇宙のあらゆるところに光と愛をつなぐことができ
     ます。旅を否定するものではないんですけれども、どこにいてもできます。
   F そうだね。
   M でも、ツアーはその地のエネルギーとつながる意味ですごく大事ですね。
     そして、エネルギー体だけじゃなくて、その土地の物質的なものにも光を与えら
     れるから、人間がそこを訪れることに意味があるのです。
     体を持っていればこそできる自然たちとの交流もあるので、両方大事です。

                                 ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 風景 | コメント:0
セッションレポート №9 - 3
2007-10-09 Tue 13:10
                                          『光のショー』
光ー45
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けしています。
   今日は三日目です。
   このセッションレポートをここからはじめて読まれる方は、
   ”光のセッションレポート №9 - 1” から読まれることをお勧めします。
   ブログ右サイドにあります、” 最近の記事 ” から、お読みになりたい
   記事を選び、クリックしてください。
   文中の、M は、Mさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。


   セッションレポート №9 - 3  

   F 光のない体験をしているのかな?
   M 良いとか悪いとかはないって・・・・・・光を見るのが怖くて、いろんなものを周りに
     くっつけている・・・
     光の方へ行ったら、いままで築きあげて、しがみついていたものが意味をなさな
     くなってしまうのがいやだと・・・でも、光の方へ行った人達とか宇宙は、ずっと闇
     の方へもエネルギーを送り続けている。
     だんだん、みんな・・・最終的にはみんなだいたい、ずいぶんかかっても光の方
     へ行くみたいですね。
   F 最終的には、みんな光の方へ行くの?
   M それはずっとずっと気の遠くなるような先の話ですが・・・
   F 地球自体はどんな感じですか。
   M いま見えた地球はすごく輝いていた。
     最近の地球は光ってるところもあるけど、光ってないところもある・・・
     穴のように光がないところがある。
     地球でも光ってるところと光ってないところがある。
   F そう・・・
   M たくさんの人が光をキャッチして、自分の中の光を覆っていたものを外して、光を
     いっぱい出してきたら、地球も光を出してくる・・・
     光がキャッチできるように、忙しく忙しくしてないで、ちょっと自分と、自分の内側と
     一緒にいる時間があるといいです。
   F 内側を感じてあげるといいのかな?
   M そういう時間があるといいって。
     自分は光じゃないと思い込んでるのが強いから、そういうのを外してあげるといい
     みたい。・・・光は中にあるんですよって。
     自分の内にあります。それは宇宙の根源とつながっている。
     みんな宇宙の根源とつながっているんです。
     ・・・・・・・・・「地球のゲームを楽しみましたか」 って言われちゃった。
   F 楽しんでますか?
   M 楽しんでます。楽しみました。
   F もうゲームオーバーになりそうなのかしら?
   M なる人もけっこういるみたいですね。地球がなくなるというわけではなくて・・・
     「これはルール違反かな?」 って言ってます。
   F どうしてルール違反なの?
   M 自分がスピリットであることを忘れるというルールでやってきたのに、途中で思い
     出しちゃって・・・
     思い出しちゃったらしょうがないねって。
   F 思い出したらゲームは終わりなの?
   M ううん。光というのに気づいたまま、両方楽しめるから。
     気づいて、思い出して、そのまま地球での生活を楽しんでいいよって。
     いっぱいそうやって輝いて楽しんでる人が増えてくるといいよって言ってる。
   F 誰が言ってるんですか。
   M 誰がっていうと?
   F 言ってる存在は誰なんですか。
   M 名前は言わないんですけど、アルクトゥルスに縁のある者だと言っているんです
     けど。
   F アルクトゥルス・・・
   M 名前は・・・ちょっとはっきりしません。
   F アルクトゥルスはMさんが縁があるんですか、それとも古沢仁宏が縁があるんで
     すか、それとも両方?
   M 両方だと言ってます。
   F アルクトゥルスから地球に来たということですか。
   M アルクトゥルスにいたこともあるし、みんなたくさんの天体を渡り歩いたことがあ
     るので・・・たくさんの天体にいたことは珍しいことではないので・・・
   F アルクトゥルスにいたことがあるという縁で教えてくれているわけ?
   M 見守っていると言ってます。
     他の星にもいたでしょうとも言ってます。
   F では、Mさんへアルクトゥルスの存在から何かアドバイスがありますか?
   M 先程言ったのと同じだけど、目隠ししてここに降りてきて、途中で気づいたのなら
     両方を楽しむように。
     そして、大勢が光ってるものを選べるように、それぞれが光ってることを、スピリッ
     トとしてここに来たことを一人でも多くの人が思い出すように、まずは自分が光っ
     て生きてください。
     そして、応援しますから、光に気づいた人を誘ってあげてください。
     自分も光にあふれたものを、料理一つにしても愛の波動を入れて作って、やるこ
     と一つ一つを光の仕事にしてください。 
     そして、行ったらいいと思うところへ、地球のいろんなところへ行って、これからは
     一人一人が祈ったり、一人一人が行くのもいいんだけど、一緒に行くのもいいか
     ら意識の上でつながり合って、今度ここへ行きますとか、そういう意識の上でつな
     がるだけでも効果が何乗倍にもなるから、一人でこっそり行くのではなくて、情報
     を伝え合って動いていくといいですよ。
   F そうだね。
   M 古沢さんが News Letterで、今度ここへ行きますとか、そういう情報を与えるだけ
     でも、たとえ行かなくても、その人達のエネルギーがつながるので、News Letter 
     を頑張ってください。
     たとえ返事が来ようと来まいと、セッションを受ける人が何人いようと、そういうの
     は問題ではなくて、News Letterは本当に光のエネルギーがあちこちにばらまか
     れることなので、目を通すだけでも意識がつながるので、ぜひ作り続けてください
     と。
   F じゃあ、いっぱいばらまいた方がいいのかな?
   M 無理やりというのではなくて、どのくらいか自分でわかるみたいですね。

                                 ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:4
セッションレポート №9 - 2
2007-10-08 Mon 10:14
                                        『木霊の森の奥』
木霊の森の奥ー25-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けしています。
   今日は二日目です。
   ここから読まれた方は、昨日のセッションレポート №9 - 1から続けて
   お読みください。
   文中の、Mは、Mさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。
   >>セッションレポート №9 - 1 (別ウインドウで開きます)

 
   セッションレポート №9 - 2  

   F 同じ次元に存在してるのかな?
   M 先ほどはまだ一緒に見えてたんですけど、いまは光ってる人達と光ってない
     人達があまりお互いに見えないんですね。
     30年後よりもっと先かもしれない。
   F 別の次元なのかな?
   M 次元が違うんだけど、光の道のようなのが一本だけつながっているんですね。
     だから、光ってない人達も絶対に光ってる方に行けないというわけではない。
   F 自分の気持ちが変われば行けるのかな?
   M 行けるみたいですね。 
     でも、行ったら、こちらの光ってない人達は見えなくなってしまいました。
   F 次元が違うから見えなくなってしまうのかな?
   M そうですね・・・
     たくさんの人が光のあるものと光のないものがだいぶわかるようになってる・・・
     けっこう光ってる子供が多い。
   F そう。
   M 光ってるものを作るお店は、これからすごく大事になる。
     お店や工場や光ってる場所を増やすこと・・・
   F そういうところに出入りしていると、人はどんどん光っていくかな?
   M そこへ行くと光るし、そこを知らなくても、内側から光ってきた人は、光ってない
     場所は居づらくなって自然に移って行って、結果としては光ってる人は光ってる
     場所に・・・
     でも、もうしばらくは両方が混在していて、自分がどちらへ行くのか選択を迫ら
     れる・・・
     でも、光った方に行ったら地球の物質みたいなものはだんだんとなくなって・・・
     なにかエネルギー体が泳いでいるみたいな、きれいなところなんですね、光が
     いっぱいあって・・・
   F 光を呼吸して生きているのかな?
   M 肉体はあるかもしれないんだけど、肉体はいま見えなくて、エネルギーの流れが
     体みたいにあちこちにいるんですね。
     みんなそういうふうに見えて・・・
   F 光の方に行く人と光のない方へ行く人の違いを決めるのは何なの?
   M 簡単に言えば、自分のセンサーが光をキャッチできるかどうか。
     光ってるか光ってないか、それが生命(いのち)とか光にあふれたものか、
     そうじゃないものかを自分のセンサーでキャッチできるかどうか・・・
     キャッチできる人は宇宙の光の大元とつながっていて、自分の中にも光があると
     知っている。― 光ってない人の中にも光があるんだけど、ちょっと覆われていて、
     光ってるのが包み隠されていて、光がどんなものかあまりよくわからない。
   F わからなくなってしまっているんだね。
   M そう。両方とも光はあるんだけど・・・
   F 片方は覆っているものが少ないんだね。
   M そうですね。
     周りを覆っているものがだんだん取れていって、クリアーになって、パーッと中か
     ら光が輝いて、その時、光があるものの方へ行く。
     ・・・光というのは何だろう?・・・光?・・・光というのは宇宙の愛のエネルギーだ
     と言うんですけど・・・物理的なスペクトルやそういうのだけじゃなくて・・・
     だから、明るいとかどうかだけじゃないみたいですね。
     光ってるというのは、愛とエネルギーがいっぱい詰まっているから光っていて、
     ただ単に明るいからといって、それを光ってるとは言わないみたい。
   F 輝いてないのかな?
   M 輝きと言った方がいいみたい。
     明るい明るくないじゃなくて、輝いていると輝いていない・・・
   F 生命(いのち)が輝いているのかな?
     愛が輝いている?
   M 動いているんですね、光の方は。
     光ってない方は動いてない。
   F 淀んでる?
   M 淀んだり、固まったり・・・光ってない方の人達は戦ったり、病気になったり・・・
     ちょっとつらいみたいですね。
   F そうなんだ。
   M でも、宇宙の根源は、光ってない方がいけないとは言ってなくて、宇宙からは
     両方の次元へ愛の光を送っています。
     ただ覆われていて届かない。
     でも、届かないのも大事な体験と言ってます。

                               ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 木霊の森 | コメント:2
セッションレポート №9 - 1
2007-10-07 Sun 04:18
                                   『木霊の森緑バージョン』
木霊の森緑バージョンー24-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   今日から、光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けします。
   どうぞ、続けてお読みください。
   レポートの連載終了後、いつものように、このレポートから学べることを
   まとめたkimiさんのメモを掲載します。
   少しずつアップしていきますので じっくりとお読みください。
                                         ぴあの 


   セッションレポート №9 - 1

   Mさんは40代前半の女性です。
   1年半程前に光のセミナーに一度参加され、今回が初めての個人セッション
   でした。
   最初にチベット時代の僧の過去世が出てきました。
   少年の頃に出家し、その後、戦禍で家族がみんな亡くなり、それからは生涯、
   供養しながら修行して一生を終わったようです。
   ちょっと淋しい人生でした。
   それから予想もしない展開となりました。
   これからの地球の方向、お金のとらえ方・・・
   貴重な情報がたくさん出てきました。
   これはその時のセッションを再編集して、まとめたものです。
   (これは2000年3月30日に東京の光のネットワークでおこなわれました)
   文中の、M は、Mさん  F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   ― チベットでの僧としての過去世が出た後、次のような展開となりました。

   F そうすると、いまはどんな感じがしていますか。
   M なにかクリスタルの平原のような・・・ダイヤモンドのような小さなクリスタルが
     いっぱいあるところと、大きなクリスタルが地球から生えてきているような・・・   
     ・・・クリスタル、一面クリスタル・・・
   F では、そのクリスタルの広がりと一緒にいて、そのクリスタルをよ~く感じて
     みてください。
   M なにか、「光、光」 って、クリスタルの中で 「光、光」 って声がする。
   F 聞こえるの?
   M こだましてる。
   F こだましてる・・・
   M クリスタル自体も光ってる。
     太陽は見えないけど、中が光ってる。
   F では、そのクリスタルと一緒にいて、さらによ~くそれを感じてみてください。
   M これからみんな、もっともっと光が必要になるよって・・・
     なにか人間が大勢いるんですけど、たぶん地球だと思うんですけど、みんな
     鼻や口から光を吸ってる。
     吸ってるだけじゃなくて、取り入れてる・・・
     光自体も前よりいっぱい注がれてる。
   F 鼻や口から吸ってるんですか・・・
   M そんなふうにも見えるし、体全体から吸い取っているような気もする・・・
     光を呼吸している、酸素を吸う時に光も呼吸して、体全体も光を吸って、光る
     ものを食べて生きてる。
   F すごいね。
   M いまレストランなんですけど、食べ物も光ってる。
     光ってないレストランもあるんです。
     でも、みんな光ってるレストランの方にばかり行ってる。
     光らない食べ物のレストランはあまり繁盛してない。
   F おもしろいね。
   M いろんな場面で、光ってるものと光ってないものが両方混在しているんですけど、
     みんな光ってる方へ行ったり、光ってるものを買ったり、光ってないものはさびし
     そうにして、あんまり人も来てくれない・・・
     光ってない料理を作っていたオーナーも、光ってる食べ物を見て、
     「おれもああいうのを作りたいな」 って言ってますね。
   F それは何が違うんでしょう?
     光ってる食べ物と光ってない食べ物ができるのは・・・
   M 光ってる食べ物を作っているオーナーは 「愛の波動を入れて作る」 と言ってる。
     素材も光ってる場所で、光ってる土から取れたとか、生命(いのち)とつながって
     いる食べ物や材料で作る。
     見かけは似てるんだけど、食べてみなくてもお客さん達は光ってるというのが、
     不思議だけどわかるから、光ってる方のお店にたくさん行ってる。
   F 光ってない方に行く人もいるの?
   M いる。
   F わからないのかな?
   M たぶんわからない。
   F それは今の地球からどれぐらい先の話なんでしょうね?
   M う~ん・・・300年くらいは経ってるかな?  
     でも、30年? 3という数字が出てきて・・・ 
   F 3年後、30年後、300年後・・・
   M 3年後というのはあまり出ないけど、30年後は・・・
   F 30年後か・・・
     現実も少しはそれに近づいてるかな?
   M 町の中での人々の買い物でも、光ってるものと光ってないものがわかる人が  
     だいぶ増えて・・・
   F まだ30年後にもお金を使っているのかな?
   M お札とかコインとかはあまり見えないんですけど・・・
   F カードかな?
   M う~ん・・・ カードはあるみたいですね。
     でも意外と町の中がコミュニティみたいな、大きな共同体みたいなのができて
     いるところもあって、その中では物々交換みたいなものもあったり、ある人は
     庭木の手入れの仕事をしているけど、御飯を作る人は作る人という形で、お金
     を払わなくても食べ物を得たりしている風景もある。
     ・・・これは30年よりもっと先かもしれないけど・・・
     個人のお金というより共同で社会をつくって、その中ではお金のやりとりという
     のはそんなに重要視されていない。
     ・・・光らない方の人達もやっぱりいるんですね。
     でも、なんとなく先程より光ってる世界と光ってない世界がちょっと離れて・・・
     光ってない世界はみんな怖い顔して、けっこうまだ戦いとかあるみたい。
     すごい武器を開発したり・・
   F まだやってるんだ。
   M してます。

                             ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
想像力と見るエネルギー - 4
2007-10-06 Sat 08:41
                                           『苔の宇宙』
苔ー56
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 

   想像力と見るエネルギー - 4 (昨日の続きです)

   平和を妨げているものは何か。
   個々の自我がぶつかり合っているのが、全ての問題の根源ではないのか。
   その自我からの自由なくして、真の平和があるだろうか。
   平和のイメージは困難な現実からの逃避ではないのか。
   真に必要なのは、平和のイメージではなく、今、実際に平和に生きること。
   それには何が必要だろう。
   それは悩み、苦しみ、葛藤している自分自身を理解することではないだろうか。
   自我からの自由なくして、真の平和はない。
   想像力を使って未来の中に逃げるのではなく、今、現実の中で真剣に生きる
   ことが大切ではないだろうか。
   今の中にのみ真実はある。
   今の中に永遠の生がある。

                    K-Communication №9(1990年 4月号) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:0
想像力と見るエネルギー - 3
2007-10-05 Fri 06:59
                                           『苔の宇宙』
苔ー57
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 

   想像力と見るエネルギー - 3 (昨日の続きです)

   想像力の有効性と、その限界を理解しよう。
   想像力を使っているのは誰か。
   それは 『私』 =思考ではないのか。
   思考、つまり過去。
   過去の未来への投影。
   つまり、時間の運動。
   そこに自由はない。
   過去に限界づけられている。
   過去の外へはいけない。
   決して時間の外、自我の外へ出ることはできない。
   まだ 『私』 の世界である。
   ただし、想像力は力である。
   それは確かに現実を変える。
   平和を願えば、それはそれなりの効果がある。
   しかし、それを願っているその人が、真に平和に生きていないなら、それはあまり
   意味がない。
   平和を願うことよりも実際に平和に生きることの方が、はるかに重要でありエネル
   ギーも強い。
   それはイメージで平和を作り出すことより、はるかにパワフルである。
   今、平和に生きること!
   憎しみや怒りや葛藤の生ではなく、真に安らかに生きること。
   それは平和のイメージの中へ逃げることではなく、今、真剣に平和に生きている
   ことである。
                          
                             ・・・明日に続きます     

                    K-Communication №9(1990年 4月号) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:0
想像力と見るエネルギー - 2
2007-10-04 Thu 07:09
                                           『苔の宇宙』
苔ー55
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 

   想像力と見るエネルギー - 2 (昨日の続きです)

   見るエネルギーは自我を越えている。
   想像力は自我の領域内にある。
   一方は必然的に調和へと向かい、他方は混乱へと向かう可能性を秘めている。
   自我以上のものが確立した時にのみ、想像力の調和が保証される。
   しかしその時、人は意識的に想像力を使うことはない。
   見ることからの即座の行為がある。
   一切想像力を使う必要がない程に、今に生きるようになる。
   想像力はあくまで時間の中、未来に実現するという運動である。
   見るエネルギーに明日はない。
   それは時間の中にはない。
   今、永遠の今に生きている。

   想像力と見るエネルギーとの違い。
   一方は時間の内、有限の運動であり、他方は時間の外、無限の運動である。
   一方は思考の領域内にあり、他方は思考の領域外にある。
   一方は混乱を生み出す可能性を秘め、他方は調和へと向かう大河である。
   一方は自我の生であり、他方は無我の生である。
   一方は 『私』 の道具であり、他方は無私のエネルギーである。
   想像力は 『私』 の道具であるが故に、争いの道具となり、破壊の道具となり得る。
   しかし、見るエネルギーは決してそのようなことはない。
   それは宇宙の調和へと向かう必然の運動である。
                          
                              ・・・明日に続きます     

                    K-Communication №9(1990年 4月号) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:5
想像力と見るエネルギー - 1
2007-10-03 Wed 10:38
                                           『苔の宇宙』
苔ー54
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 

   想像力と見るエネルギー - 1

   想念はものを作る。
   それは事実である。
   想念は現実を作り出す。
   それは事実である。
   だから、ポジティブ・シンキングやマインド・コントロールが流行する。
   マインドの力を使って、自分の望むような現実を作り出す。
   明確にイメージすることにより、強く強く念じることにより自分が望む現実を作り
   出していく。
   それはそれなりに有効であるし、事実変化が起きる。
   (なぜなら、この世は人々の想いによって成り立っている部分が大きい)
   しかし、そこにはまだ自我がある。
   私が想像し、私が念じる。
   それは善悪双方に使える。
   想像力は力ではあるが、それは自我によってコントロール可能な一つの道具で
   しかない。

   見るエネルギーは想像力ではない。
   そこに自我はなく方向性はない。
   何かを実現しようという意図はなく、ただ見ているだけのエネルギーである。
   想像力には明らかに思考が働いているが、見るエネルギーには思考はない。
   想像力には意志が必要であるが、見るエネルギーには特定の意志はない。
   想像力は現実を変えはするが、それはまだ恣意的な変化の域を出ない。
   それは世界に調和をもたらすとは限らない。
   想像力はあくまで一つの道具に過ぎない。
   それは使う主体に依拠している。
   見るエネルギーも現実を変える。
   それは想像力より、はるかに速いスピードで変えていく。
   特定の方向性を持たず、恣意的でもないが、そこには調和へと向かう自然な動き
   がある。
   宇宙の秩序へと向かう本然の流れがある。
                          
                              ・・・明日に続きます     

                    K-Communication №9(1990年 4月号) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:0
見るエネルギー
2007-10-02 Tue 10:30
                                           『森の水源』
森の水源ー23-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 

   見るエネルギー
   
   先日、不注意で壁に額をぶつけて、ほんの少し切りました。
   最近は、ほとんどケガも病気も縁がなかったので、めずらしいことでした。
   (仕事を辞めてから風邪もひかなくなりました。もう医者には20年以上かかって
   いません)
   そこで発見したことは、見ることはケガにも効果がある(?) ということです。
   ケガしたところをジッと見つめます。
   ただ何も考えないで (早く良くなれ! とか、痛みよ消えろ! とか一切考えないで)、
   ただひたすら見つめるのです。

   見るエネルギーは宇宙の調和のエネルギーです。
   それは肉体の自然治癒力をも増進するようです。
   ずーっと鏡で傷口を見つめていたら、何かが違うという感じがありました。
   自然に回復するスピードの何倍かの速さで回復しているという感じがあったのです。
   信じられない方は、(ほとんどでしょう?)、実際に自分で試してみてください。
   (自分でケガした時、家族やペットがケガした時や病気の時)
   コツは、一切心配しないで、一切思考を動かさないで、ただひたすら見つめること
   です。
   そうすると、自然に愛のエネルギーが出るのかもしれません  ― 自我を働かせ
   ないと。
   たぶん、これは意識の訓練にもなるでしょう ― 同じことです ― 自分の反応を
   見ているのと。
   内臓の場合は意識で見つめます。
   何年か前に胃の調子が悪い時、無意識にそれをしていたら、胃が自分から動き始
   めたことがあります ― ダイナミックに。                           

                    K-Communication №9(1990年 4月号) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
別窓 | | コメント:0
| いのちの島=屋久島 | NEXT