いのちの写真と光の言葉
2006-10-31 Tue 10:18
光ー32
  
 
   光の時代
   
   どんなことが起きても、どんな状況になっても、静かに見守って
   いられれば、何の問題もありません。
   あわてふためくから問題が生じるだけです。
   何が起きても静かに見守っていられれば、やがて自然に収まる
   ところに収まっていきます。

   いろんなことが起きますが、目の前の現象に惑わされず、
   注意深く見守っていると、やがて、今、自分が何をしたらいいのか、
   自然にわかってきます。
   動転したままで、あわてて何かをするのではなく、落ち着いて何を
   すべきかがはっきりしてから行動した方が、結果的には迅速で
   適確な行動となります。

   そうする中で、多くの気づきがあり、多くの学びがあり、だんだんと
   人生がわかってきます。
   人生の荒波に翻弄されるか、それとも、その荒波をサーファーの
   ように楽しめるか・・・・・・
   それがあなたの人生となります。

   浄化(きよめ)の時代(とき)です。
   いっさい心配はいりません。
   すべて自然にまかせて、自分自身を浄めきってください。
   内側の暗い壁がとければ、やがて奥から光が射してきます。
   光の時代が始まろうとしています。
   
                  T&F 光のネットワーク News Letter №7 より


   ☆ぴあの編集後記 
   これらの文章は、kimiさん、今から10年前の 『光のネットワーク時代』 の
   ものです。

                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
ハマユウの露
2006-10-30 Mon 10:04
ハマユウの露ー05-sep
  
 
   感受性 - 2  (昨日の続きです)
   
   外側から人工的に与えられる豊かさではなく、
   自分の内側にある豊かさこそが真の豊かさである。
   豊かさの源は心の内にあり、感受性こそが真の豊かさの源
   なのである。
   感受性が眠っている限り、外の豊かさに本当に気づくということは
   ないだろう。
   なぜなら、豊かさとは、内なる豊かさと外なる豊かさとの感応
   なのだから・・・・・・
   
                  T&F 光のネットワーク News Letter №11 より


   ☆ぴあの編集後記 
   これらの文章は、kimiさん、今から10年前の 『光のネットワーク時代』 の
   ものです。

                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
森の太陽
2006-10-29 Sun 13:17
森の太陽ー17-sep
  
 
   感受性  
   
   瑞々しい感受性があると、人生は新鮮である。
   感受性こそが人生を豊かにする。
   お金がなくても、何事も繊細(こまやか)に受け止められる感受性が
   あれば、映画もテレビもビデオもいらないのである。
   目の前にいくらでも感動できるものは転がっているのだから・・・・・・

   恐がって、小さく縮こまっている自分の感受性を、いかにときほぐして
   あげるか ― ただそれだけなのである      
   子供の頃からいっぱい傷ついて、もうこれ以上傷つきたくないから閉ざして
   しまった自分の感受性を、もう一度開くことができるだろうか。
   すべてのものを新たに受け止め直してみると、
   人生はものすごく豊かになってくる。
   自然は思ってもみなかったくらい美しく、
   小さな子供たちは活き活きと輝いている・・・・・・
   
                  T&F 光のネットワーク News Letter №11 より


   ☆ぴあの編集後記
   ここのところ連日、T&F 光のネットワーク News Letterより を
   アップしています。 
   これらの文章は、kimiさん、今から10年前の 『光のネットワーク時代』 の
   ものです。

                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:5 | トラックバック:0
花開く時
2006-10-28 Sat 13:48
花開く時
  
 
   花開く時  
   
   自分自身に正直である時にのみ
   自分という花が咲く
   自分を偽っている限り
   自分という花は蕾のままである
   自分自身を花開かせることが
   宇宙における あなたの使命である
    
                  T&F 光のネットワーク News Letter №9 より

   ☆ぴあの編集後記
   ここのところ連日、T&F 光のネットワーク News Letter №9よりを
   アップしています。 
   これらの文章は、今から10年前の 『光のネットワーク時代』 のものです。

                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:8 | トラックバック:0
虹に突入するYS11
2006-10-27 Fri 12:16
虹ー13
  
 
   心  
   
   尊敬する人から頼まれ、事情を聞いたら断りきれず、
   やむなくボランティアの通訳を引き受けた。
   しかし、一晩自分の心をよ~く感じてみたら、どうしても重たい感じが
   ぬぐえない。
   やっぱり引き受けられないと思い、勇気を出して、正直に話してみた。
   すると、残念そうだったけれども、快く了承してくれた ― という
   電話があった。

   自分の心を静かに感じてみて、心がウキウキしていたり、ワクワク
   するようだったら、何事もやればいい。
   そうではなくて、なんとなく重たかったり、うっとうしいようなら、
   概ねやめた方がいい。
   結果は、やる前からはっきりしている。
   ウキウキしたり、ワクワクしたりする時は楽しい結果になることが多い。
   逆に、重たかったり、うっとうしい時は結果もあまり芳しくない。

   いかに自分の心に正直に生きるか。
   いかに自分が本当にやりたがっていることをやらせてあげるか。
   それがすべてである。
   引き受けるとか、引き受けないとか、やるとか、やらないとか、
   それはどちらでもいいのである。
   結果ではなく、いかに自分の心に正直であるか ― ただそれだけ
   なのである。
   自分の心に正直である時にのみ、心は本当に満たされる。

                               (明日に続きます)
                      
                  T&F 光のネットワーク News Letter №9 より

   ☆ぴあの編集後記
   ここのところ連日、T&F 光のネットワーク News Letter №9よりを
   アップしています。 
   これらの文章は、今から10年前の 『光のネットワーク時代』 のものです。

                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
苔のしずく
2006-10-26 Thu 12:01
苔ー39
  
 
   器
   
   身体(からだ)も器。心も器。魂も器。
   すべては器、エネルギー場。
   それらのエネルギー場を通して、意識が宇宙を創造していく。
   それらのエネルギー場における経験を活かして、
   意識は様々な次元を創造していく。
   ある時は魂と、ある時は心と、ある時は身体と一体になりながら・・・
   意識は自分自身を現していく。
   意識はひとつ、意識は無限・・・
   様々に姿を変え、形を変えながら、壮大な宇宙を創造していく。
                      
                  T&F 光のネットワーク News Letter №9 より
                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
二人静
2006-10-25 Wed 12:17
二人静ー01
  
 
   居きる
 
   瞑想とは、静かに自分自身の心と身体(からだ)を感じていること
   である。
   そうするなかで、これまで思ったこと、行ったことがフィードバック
   されてくる。
   それをよ~く感じて、味わっていくことが瞑想である。
   それによって心も身体も癒され、不自然なところが本来の健全な
   バランスへと回帰していく。
   それを通して、心の中からも、身体の中からも抵抗がなくなり、
   意識は徐々に澄んでくる。

   ただ静かに自分の心と身体と一緒にいれば、心も癒され、身体
   も癒され、深い深い静けさのなかへと入っていく。
   それは限りなく深まり、はるかに表面意識を超えていく。

   それは修行でも何でもない。
   ただ本当に自分自身でいることだ。
   自分自身になりきること。自分自身で居きること。
   ただそれだけのことだ。
   ただ自分自身でいればい。
   限りなく、どこまでも・・・・・・
   それが真の瞑想なのだ。
   表面的な意識だけで生きないで、深く深く本当の自分で生きること。
   どこまでも真実(ほんとう)の自分で居きること。
   ただそれだけなのだ。
   それが真理への唯一の道なのだ。
                      
                 T&F 光のネットワーク News Letter №9 より
                              
     
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
太忠岳山頂の天柱石
2006-10-24 Tue 11:25
太忠岳山頂の天柱石ー10-m
   
   迷路 - 2   (昨日の続きです)
 
   この経験を通して、いかにルートが楽かというのを実感したね。
   道さえあれば、いつかは下に降りれるもの。
   でも、道のないところでは、どこを歩いているのか皆目見当がつかなくて、
   不安になったり、陽が暮れてくると焦ったりするんだね。
   まあ、その時は、一度ぐらいはそういう体験もいいか、という感じだったんだね。
   翌日も天気が良いのはわかっていたし、食料も少しはあったし、
   ただ寝袋とかはなくて、寒かっただけだね。
   なんといっても、ガイドが遭難したんじゃサマにならないからね。
   それから、その時気がついたんだけど、携帯が通じても、
   今どこにいるのかがわからないと助けも呼べないということだね。
   確かに、屋久島は遭難する人が毎年いて、発見できないままというのも
   多いんだね。
   山が深いのですよ。それは遭難して実感したね。
   まあ、とても貴重な体験でした。

   心が迷路に入ったらどうする?
   あわてないことだね。
   山で遭難した時と同じだよ。
   冷静であれば、助かるよ。
   あわてたり焦ったりすると、さらに深みにはまるよね。
   静かに時を待つということも大事かな。
   一晩ぐらい野宿する覚悟があるといいかもね。
   まあ、助かるものだったら、助かる。
   助からないものだったら、あきらめるんだね。
   そんな感じでいれば、大丈夫だよ。
   迷路にいる時は、迷路をよーく体験してください。
   冷静に迷路を体験するんだよ。
   そうすれば、迷路から抜けられるよ。
   迷路というのは、本当は心が迷っているだけなんだね。
   心が静かに落ち着けば、迷路も消えるんだよ。
   腹を据えて迷路を体験してください。

                      >>屋久島ナチュラルヒーリングBBSより    

   ☆ぴあの編集後記
   この文章はkimiさんが2年前にナチュラルヒーリングのBBSに書かれた
   ものです。

   
         
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
天柱石からの眺め
2006-10-23 Mon 13:34
天柱石からの眺めー12-m

 
   迷路 - 1
 
   屋久島の森の中は確かに迷路みたいになっているところもあるよ。
   ルートから外れたら、訳がわからなくなるね。
   kimiも遭難したことがあるよ。
   今年の四月末に石塚山に一人で登った時に、行きはマーキングが
   かろうじて確認できたけど、帰りは見失って、それこそ道なき道にはまって
   しまいました。
   谷を越えて峰に登りたくても、行く手が藪に遮られて真っ直ぐに進めなかったり、
   迂回しているうちに方向がわからなくなったり、似たような岩があって間違えたり、
   同じところを行きつ戻りつ、もうホントに何がなんだかわからなくなるんだね。

   そうこうしているうちに陽は沈んでくるし、最初は明るいうちに家まで戻れれば
   いいやと思っていたのが、明るいうちにせめて駐車場まで戻れればいいやに
   変わって、最後は明るいうちに道を見つけられればいいなーに変わっていくん
   だね。
   そして、最後の最後は、まだ目が利くうちに寝るところと水を確保しようになって、
   それさえも危うくなるんだね。
   結局、水のない斜面で一晩明かしたもの。
   水は、横になったら、ポトポト雫の音がして、それを頼りに水のあるところまで
   行って、30分ぐらいかけて、やっとペットボトルいっぱいの水を汲んだよ。
   屋久島だったら、どこにでも水があると思っていたけど、
   山の中に入ってしまうと、水の音がしてても谷へ降りれないんだよ。
   海抜1500mぐらいのところだったので、めちゃくちゃ寒くて、一晩震えていた。
   下は岩で、横になると体が冷えてきて、ほとんど座っていたかな。
   朝になって、太陽の光を見て、元気を取り戻して、谷を渡り、山を越えて、
   天柱石までたどり着いたのです。
   後はルートがあるから、別段どうということもなかった。
   この時の天柱石からの写真があるんだ。
   とてもきれいだった。    
                    (明日に続きます)    

                      >>屋久島ナチュラルヒーリングBBSより    

   ☆ぴあの編集後記
   この文章はkimiさんが2年前にナチュラルヒーリングのBBSに書かれた
   ものです。

   
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
青空のジェット
2006-10-22 Sun 08:49
青空のジェットー19-m
 
 
   今

   今を生き切る。
   記憶に残す必要がないくらい、今を生き切る。
   記憶が残らないくらい、全力で今を生き切る。
   それが瞬間・瞬間生きるということ。
  
   
                  >>日記 無色透明 より     全文は>>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
ミヤコグサ
2006-10-21 Sat 09:49
ミヤコグサー05

 
   愛

   愛は自然に湧き出すものです。
   愛は人為的なものではありません。
   訓練したり、努力したりする愛は、本当の愛でしょうか。

   愛には作為があるでしょうか。
   それとも、無作為でしょうか。
   愛には意図があるでしょうか。
   それとも、ただの愛でしょうか。
  
   愛は、人の意識的な行為を超えています。
   自然に出るものです。

   
                  >>日記 無色透明 より     全文は>>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
苔の光
2006-10-20 Fri 18:46
苔ー20

 
   軌道
 
   一人一人の人生だ。
   宇宙に一つだけの星を輝かせましょう。
   軌道は自分で修正できる。
   望むところへ行くことができる。
   過去にこだわれば、同じところをぐるぐる回るだけ。
   それでは人工衛星だ。
   恒星にだって、彗星にだってなれるよ。
   自分のお好みしだいだ。

                     >>日記 無色透明BBSより      
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
開聞岳
2006-10-19 Thu 10:52
開聞岳ー29-aug
  
 
   ゆらぎ - 3

     風に乗り  大空を飛ぶ  しなやかに
                 海に浮かべば  波にゆられる              

   
                  >>日記 無色透明 より     全文は>>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
夕陽
2006-10-18 Wed 15:37
夕陽ー06
  
 
   ゆらぎ - 2 

   自我や思考は、不確定なのが不安なんだよね。
   ゆらぎながら生きるのが苦手。
   それが思考なんだね。
   それは宇宙に対する信頼感がないから。
   孤独の中で生きているからなんだね。
   宇宙と共に生きれば、ゆらぎながら生きれるんだね。

   
                  >>日記 無色透明     コメント欄より

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | 夕陽 | コメント:2 | トラックバック:0
ゆったりと
2006-10-17 Tue 14:54
雲ー01
  
 
   ゆらぎ - 1  (三回シリーズでお届けします)

   ゆったりと、ゆらぎながら、
   瞬間・瞬間を楽しみながら、
   すべてを見守りながら、
   しなやかに生きていこう。

   
                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
2006-10-16 Mon 13:59
光ー33
  
 

   意識は光。
   カルマは闇。

   闇を恐れることはない。
   闇とは、ただ光がないだけ。
   光を当てれば闇は消える。
   自覚されれば、カルマは消える。
   闇とは、無意識。
   カルマとは、無自覚。

   人は、光。
   意識は、光。
   光として生きていく。
   
              >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:6 | トラックバック:0
霧の山々
2006-10-15 Sun 14:34
霧の山々ー28-sep
  
 

   天国は、目の前にある。
   地獄は、心の中にある。
   
                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
森の光
2006-10-14 Sat 14:44
森の光ー16-sep
  
 

   あたたかさの中で溶けない氷はない。
   愛の中で溶けないわだかまりはない。
   どんなに冷たく固まった凍土も、太陽の光の中で自然に溶けていく。
   内なる光が当たる時、溶けない心のシコリはない。
   
                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:6 | トラックバック:0
ハグロトンボ
2006-10-13 Fri 09:43
ハグロトンボー01

   
 
   黒いトンボを見つけた。

   全身真っ黒。
   ビロードのような柔らかく深い黒。
   その黒いトンボが、まるで蝶が舞うように優雅に飛んでいた。
   森の中で貴婦人に会ったような驚き。
   道すがら4匹いた。

   『蝶が舞う 姿に優(まさ)る 黒トンボ 優雅な舞は 黒い貴婦人』


   ☆ぴあの編集後記
   上の写真をクリックしてみてください。大きな画像になります。
   そして、大きくなった画像の上をクリックしていただきますと、また次の美しい
   ハグロトンボの画像が現れます。
   そのようにして、次々と画像をクリックしていってください。
   七枚目の画像をクリックしますと、この日記へと戻ってまいります。
   ぜひ大きな画像で 貴婦人の舞いをご覧ください。


                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | 生き物 | コメント:6 | トラックバック:0
オオゴカヨオウレン
2006-10-12 Thu 12:46
オオゴカヨウオウレンー04
  
 
 
   花は美しい。
   ただ美しい。
   何の理由もなく美しい。

   美しさが生きている。
   いのちが生きている。
   いのちが花となって生きている。

   『咲いて散る 花の姿は 変われども いのちの流れ 変わることなし』

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
木霊の森
2006-10-11 Wed 13:49
木霊の森ー20-july
  
 
      
   サラサラと変わっていく。
   何の感傷もなく、刻々と変化していく。
   後に何も引きずらない。
   人間だけが過去を引きずる。

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | 木霊の森 | コメント:0 | トラックバック:0
光のスイレン
2006-10-10 Tue 15:26
光のスイレンー22-sep
  
 
      
   あなたの人生は、あなたの創造した作品。
   誰にも文句は言えない。
   なぜなら、創造主はあなただから。

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
虹しぶき
2006-10-09 Mon 11:05
虹ー8
  

   見極める   快・不快 - 4  (昨日の続きです) 
      
   好き・嫌いは、快・不快から出てくるのかもしれませんね。
   では、快・不快はどこから出てくるのでしょうか。
   まずは、本能から。
   次に、本能+経験から。
   最後に、経験+思い込みから。
   そんな感じでしょうか。
   そして、思い込みから出て来る快・不快が、今では大多数を
   占めているのではないでしょうか。

   快・不快に振り回されないためには、その源を探る必要があります。
   でも、源を探ろうとして探れるものでもありません。
   やはり、快・不快が出てきた時に、その出自(しゅつじ)を見極めること
   でしょうか。
   原因となる思い込みが外れる時、その結果である快・不快も外れて
   いきます。
   ずーっと探っていけば、どこまでいけるか、試してみてください。

   一つ一つ快・不快の原因を外していくと・・・
   全部なくなるのには時間がかかります。
   それまでは快・不快の感情が現れてくるでしょう。
   現れてきた時に、それに振り回されて自分を見失わないで、しっかりと
   見極めることでしょうか。
   ニュートラルな視点で見極めようとすれば、その瞬間、快・不快から
   自由かもしれません。
   ニュートラルな見守りの視点があれば、快・不快が出てきた直後に、
   またニュートラルに戻れるでしょう。
   そうすれば、あまり快・不快に振り回されることもないでしょう。
   すべてを見守るスタンス。
   それが快・不快からの自由をもたらすのではないでしょうか。

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
雲登る
2006-10-08 Sun 11:52
雲登る


   理解   快・不快 - 3  (昨日の続きです) 
   
   わかってもらえないと、不快。
   認めてもらえないと、不快。
   信じてもらえないと、不快。
   無視されると、不快。
   誤解されると、不快。
   不快の種はたくさんあります。

   お互いがお互いの視点で生きている限り、不快の種は尽きません。
   そういうことを理解するしかないでしょう。
   相手が悪いと、お互いに言い張っても埒(らち)があきません。
   お互いの快・不快を理解し、それらを見守るしかありません。

   自分を理解し、相手を理解する。
   両方を理解し、自分の偏った見方から距離を置く。
   自分だけの見方に固執すれば、不快の山となります。
   理解するしかありません。
   不快を超えていくものは、理解、そして、見守りです。
   愛だけでは超えられないかもしれません。
   深い理解がないと・・・

                                  (明日に続きます)

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
夕雲
2006-10-07 Sat 12:07
雲ー16


   快・不快 - 2   (昨日の続きです)
   
   自分が認められた時に、快を感じます。
   自分が認められないと、不快です。
   自分の思うようになった時に、快を感じます。
   自分の思うようにならないと、不快です。

   自分が肯定されると、快を感じます。
   自分が否定されると、不快です。
   赤ちゃんや幼児は、それがはっきりしています。
   それは人間に限らず、動物たちも同じです。
   ペットたちも、褒められると喜び、叱られるとションボリしています。
   自分の存在を肯定するエネルギーか、それとも否定するエネルギーか
   によって、出てくる反応は180度異なります。
   肯定されれば、喜び=快。
   否定されれば、悲しみ=不快。

   もちろん、それ以前に、肉体的、生理的な快・不快があります。
   赤ちゃんはオムツがおしっこで濡れると泣きます。
   それは不快だからです。
   自分が認められる・認められない以前の問題です。

   お腹が空くと泣き、満腹になると、やすらかに眠ります。
   それらは生理的な快・不快です。
   そういう肉体的な動物次元の快・不快が、まずベースにあります。
   その上に、心理的な快・不快が乗っかっています。

   お腹が空いた時に食べものにありつくと、満腹=快。
   美味しいものを食べると、満足=快。
   以前は美味しかったのに、今回は不味かったら、不満=不快。
   だんだん複雑になっていきます。

   みんなの前で褒められると、快。
   褒められすぎると、みんなから妬まれそうで、不快。
   単純ではありません。
   人生経験によって、微妙に快・不快の個人差が出てきます。
   しかも、それは一定せず、絶えず変化しています。

   愛に満ちた言葉でさえ、拗(す)ねて捻(ひね)くれている時は、不快に
   感じます。
   エホバの言葉を、イスラム教の人たちは不快に感じるでしょう。
   アラーの言葉は、ユダヤ教の人たちにとっては、これ以上の不快は
   ないかもしれません。
   愛に満ちているものですら、自分がそれを認めない限り、快とはなり
   ません。
   快・不快は、極めて主観的なものです。
   客観的な快・不快は、ごく一部の肉体的なものだけです。
   それさえ心理的なものが介入し、微妙に個人差が生じています。

                                  (明日に続きます)

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
輝く満月
2006-10-06 Fri 11:15
輝く満月ー13-m
  

   快・不快 - 1   
   
   快・不快は相対的です。
   状況や環境によって、コロコロ変わります。
   まるで心のように・・・

   それは過去の自分の経験から判断しているだけでしょうか。
   過去の記憶があって、それと比較するから、快となり不快となるのでしょうか。
   それもまた刻々に変わっているのかもしれません。

   そういう相対的な快・不快を超えた次元から、それらを見守ると・・・
   これまでは快や不快に思えたものが違ってくるかもしれません。
   快・不快という感じ方そのものが変わってくるかもしれません。
   快・不快という価値判断がなくなるのでしょうか。
   もっとニュートラルになる感じでしょうか。

   自分の過去=記憶=自我ベースで対応すれば、自分の快・不快が
   生まれます。
   それは個人によって異なります。
   お互いが個人的な快・不快で生きていれば、そのこと自体が、
   またお互いの快・不快を引き起こします。
   その次元にいる限り、違和感はなくならないでしょう。
   もっとも、違和感があるということは、共感もあるということになります。
   ほとんどは違和感。
   ごく希に共感。
   だからこそ、それが快感?
   という世界でしょうか。

   自我の世界にいる限り、快・不快の世界です。
   自我の次元を超えない限り、快・不快からは自由になれないでしょう。
   快・不快に振り回されて生きるのも人生です。
   それを超えて生きるのも人生。
   それぞれの人生です。            
                     (明日に続きます)

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
雲が湧く谷
2006-10-05 Thu 10:17
雲が湧く谷
  

   運命  幸せ - 2   
   
   起きてくる事象に、あなたは感謝をするだろうか。
   それとも、黙って素直に受け入れるだろうか。
   あるいは、反発し抵抗するだろうか。
   その反応の仕方によって人生は変わってくる。

   感謝をして受け入れれば、感謝のエネルギーが輪廻する。
   「ありがとうございます」「ありがとうございます」の世界になる。
   事実を事実として黙って受け入れれば、クリアーな世界が広がる。
   思いの世界を超えた次元で生きるようになる。
   抵抗し、怒り、憎しみ、恨みなどで反応すれば、それらのエネルギーが
   輪廻する。
   延々と悲しみや苦しみの世界が続く。

   どれでも選択できる。
   選択は自由。
   しかし、選択には結果が伴う。
   そのプロセスを理解することだろうか。

   朝、今日という日に出会う時、あなたはどんな反応をするだろうか。
   初めての人に出会う時、あなたはどんな反応をするだろうか。
   初めての事象に出会う時、あなたはどんな反応をするだろうか。

   実は、今日という日も、人も、事象も、同じということはない。
   すべてが一期一会。
   瞬間瞬間が最初で最後の出会い。
   あなたは、今この瞬間にどのように出会うのだろうか。

   感謝で出会うのだろうか。
   事実ベースで出会うのだろうか。
   それとも、怒りや憎しみで出会うのだろうか。
   どのような反応であれ、あなたから発するものが輪廻していく。
   それが地球を包んでいく。
   それがあなたの運命を決め、人類の運命を決める。

   運命は、どこか遠くで決まる訳ではない。
   今のあなたの思いと行いが、運命を決めていく。
   どのような意識で現実と出会うか。
   その瞬間瞬間の出会いが、あなたの人生を決める。

   心して、今を生きた方がいい。
   心して、人と出会った方がいい。
   心して、事象と出会った方がいい。
   その出会い方が、あなたの運命を決めていくのだから・・・

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
夕陽のモッチョム岳
2006-10-04 Wed 12:53
夕陽のモッチョム岳


   幸せ - 1   
   
   幸せとは何だろう?
   それは自分の望みが実現することだろうか。
   人生の目的を達成することが幸せだろうか。
   しかし・・・

   人生の目的を達成した時、何が去来するだろうか。
   達成感と共に何が待っているだろうか。
   そこに待っているものは、満足感と共に虚無感ではないだろうか。
   目標を達成すれば、それで終わる。
   虚無感を克服するためには、次の目標を設定するしかない。
   それには果てがない・・・
   その先にあるものは?

   その先にあるものは、徒労感だろうか。
   けっして満足感や、間違っても幸福感ではない。
   幸せは、そんなところにはない。
   遠い遠い未来に幸せはない。
   では、どこに?

   人は感謝のエネルギーに満たされる時、幸せを感じる。
   人は愛のエネルギーに満たされる時、幸せを感じる。
   人はハートのエネルギーに満たされる時、幸せを感じる。

   幸せは遠くにはない。
   幸せがあるのは、ハートの中。
   自分自身の中に幸せの源がある。
   外に青い鳥をさがしに行っても、永遠に青い鳥を見つけることはできない。
   青い鳥は自分の中に住んでいる。

   ハートと共にいる。
   ハートベースで生きる。
   それが幸せをもたらす。
   但し、それは結果。
   けっして目的ではない。

   幸せを目的にすれば、幸せにはなれない。
   それでは、幸せを求める果てしない不幸せが続くだけ。
   幸せは追求する対象ではない。
   ただハートと共に生きる時、そこにあるもの。

   幸せを目的にすれば、苦しみが待っている。
   それは幸せを得られない苦しみを生み出すだけ。
   自分の幸せだけに目が行けば、周りの人は不幸になる。
   幸せになりたいためにハートベースで生きれば、御利益宗教になる。
   それは自我のパターン。

   何も求めない。
   ただハートベースで生きる。
   その時にだけ、幸せになる可能性がある。
   ギブ・アンド・テイクでは、幸せにはなれない。
   ハートベースで生きますから幸せをくださいでは、取引の幸せしかやって
   来ない。

   事実を理解する。
   この世の成り立ち、人の心の構造、そういうものを深く理解する。
   理解したら、自然な行為がある。
   作為的な行為は、人を幸せには導かない。
   自然な行為のみが、人を幸せに誘(いざな)う。
  
                                (明日に続きます)   

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
苔の雫
2006-10-03 Tue 10:58
苔ー38
  

   この感情の源シリーズは、『日常生活の中で自分の感情を見つめ
   感情が出て来たら、それがどこから出て来たかその根を見極めてください。  
   感情の元となる思い込みを突き止めてください』 というワークの、6人の
   方の実践報告へのkimiさんのアドバイスをアップしています。


   愛を求めること  感情の源 - 7

   先ずは、ありのままの自分を、良いも悪いもなく、そのまま認めましょう。
   自分自身の意識の有り様を深く理解し、静かに生きればいいのですよ。
   理解から自然な行為が生まれます。
   自分自身をわかることが、人をわかることです。
   自分をわかった分だけ、人も理解できます。

   自分をありのままにわかることができれば、人もありのままにわかる
   ことができます。
   自分をわからない限り、自分の色眼鏡で人を見ているだけです。
   その人自身ではなく、自分を投影した幻を見ているのですね。
   事実ベースではなく、思い込みベースです。

   すべては事実ベースから始まります。
   自分が理解されるにつれて、余計な感情は出てこなくなります。
   自分を守るための感情は、今ほど必要ではなくなるのですね。
   守ろうという意識が消えれば、また出てくる感情も異なってきます。

   自我を守ろうとしている限り、愛に満たされることはないでしょう。
   愛されたいと思っている限り、愛はやって来ません。
   愛を求めれば求めるほど、愛は遠くなるのですね。
   なぜなら、愛は内にあり、外に求めれば遠くなるしかないのです。

   先ずありのままの自分を見つめてみてください。
   そして、深く理解してください。
   自分の中に宇宙の始まりも終わりもあります。
   求めているものは、自分の外にあるのではなく、自分の内にあるのですね。

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:5 | トラックバック:0
ゲンペイクサギ
2006-10-02 Mon 10:55
ゲンペイクサギ
  

   この感情の源シリーズは、『日常生活の中で自分の感情を見つめ
   感情が出て来たら、それがどこから出て来たかその根を見極めてください。  
   感情の元となる思い込みを突き止めてください』 というワークの、6人の
   方の実践報告へのkimiさんのアドバイスをアップしています。


   愛を求めること  感情の源 - 6

   相手というのは、自分の意識の投影ですよね。
   本当の相手自身は兎も角、自分が推測する相手は明らかに自分の
   投影です。
   信じてくれていない、疑われている、嫌われている、拒否されている・・・
   それらは、みな自分の意識状態そのものです。
   自分の意識がそうだから、相手もそうだと思ってしまうのですね。

   ということは、結局、自分の意識状態が、自分の感情を導き出していると
   いうことになります。
   相手ではないのですね。
   相手が嘘をつこうとつくまいと、イライラしたり、悔しがったり、怒りや悲しみで
   反応しなければならないということはありません。
   静かに見守ることも可能です。
   イライラしたり、悔しがったり、怒りや悲しみで反応するのは、自分の中にも
   同質のものがあるからでしょうね。

   本当は人と近づきたい。
   周りから愛を感じる時は、ハートがジーンとする。
   本当は愛を求めている。
   しかし、心を開けない。
   心を開けば傷つくから。
   いつも望むような愛が与えられるとは限らないから。

   これまでたくさん裏切られてきたのでしょうね。
   望むような愛を得ることができなかった。
   手に届きそうなところにあるのに、最後の瞬間、どこか遠くへ去ってしまう。
   求めても求めても得られなかった・・・

   だから、それが不信感となり、人を信じることができなくなり、疑い深くなった。
   本当は心を開いて愛されたい。
   でも、怖くて、とてもそんなことはできない。

   愛を求めている限り、その繰り返しかもしれませんね。
   誰も望むような愛を与え続けてくれる人はいません。
   いつか必ず傷つきます。
   愛を求め続ければ、裏切られるしかないのです。
   周りの人はイエス・キリストではないのですから。

   事実と共に生きるしかありませんよね。
   ありのままの事実と共に生きる。
   自分の状態をありのまま認める。
   そこから逃げないで、そこからスタートする。
   それ以外に道が開ける可能性はありません。

                              (明日に続きます)   

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
| いのちの島=屋久島 | NEXT