FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
ヤクシマシャクナゲ
2006-06-13 Tue 09:46
石楠花ー3


   苦しみ  

   苦しみとは何だろう?
   苦しいとはどういうことだろうか
   事実がある
   その事実が自分にとって都合が悪いということだろうか
   自分の立場が危ういとか
   自分の思うようにならないとか
   自分にとって厳しいとか
   その時
   人は悩み もがき 嘆き
   苦しむのだろうか

   ただ事実がある
   でも 
   その事実は受け入れがたい
   だから苦しむのだろうか
   受け入れてしまえば
   苦しみは終わるのだろうか
   耐えがたい仕打ち?
   受け入れがたい屈辱?
   絶対許せない行為?
   そういう時に
   人は苦しむのだろうか

   苦しみとは何だろう?
   人はなぜ苦しむのだろうか
   事実がある
   その事実を受け入れられないということだろうか
   それは先入観であり
   固定観念であり偏見だろうか
   つまり思い込みだろうか
   こうあるべきだ
   こうでなければならない
   と思っているのに
   事実はそうではない
   その時
   人は苦しむのだろうか

   自分が思っているとおりに事が運ばない
   自分の予想と反したことが起きる
   その時
   人は苦しむのだろうか
   自分の将来を憂い
   暗い未来を予想して
   人は苦しむのだろうか

   それらはすべて思考の為せる技だろうか
   あれこれ思い悩むことによって
   苦しみが生じているのだろうか
   思い悩まなければ
   苦しみはないのだろうか

   苦しみの原因は何だろう?
   思いだろうか
   あれこれ先のことを心配するからだろうか
   あれこれ昔のことを悔いるからだろうか
   ああしなければよかった
   こうしとけばよかった
   これからどうなるのだろう
   この先大丈夫だろうか

   考えれば
   悩みは尽きない
   苦しみは
   いや増すばかり
   では考えなければいいのだろうか
   ただ事実と共に生きれば・・・

   必要以上に考えない
   余計なことは考えない
   先のことを思い煩わない
   わからないことは考えない
   ただ目の前の事実と共に生きる
   そのように生きれば・・・

   思い込みや先入観
   固定観念や偏見を
   転換する
   目の前の事実をベースに生きる
   思い込みや固定観念をベースに生きない
   先入観や偏見を前提にしない
   それらのものが事実と合わなければ
   それらのものを手放す
   思い込みではなく
   事実と共に生きる
   前提がなくなれば
   苦しみも消える
   ただ事実だけが残る

   思い込みや固定観念
   先入観や偏見
   それらと共に生きようとすると
   苦しみが付きまとう
   ただ目の前の事実と共に生きれば
   苦しみはない

   ただ事実があるだけ
   それを苦しいと思うこと自体が
   苦しみ
   それ以外に苦しみはない
   苦しみは自分がつくっているもの
   客観的苦しみというものはない
   苦しみは常に主観的なもの
   自分がつくりだしているに過ぎない

   目の前の事象を苦しみと捉えると
   苦しみになる
   目の前の事象を単なる事実と捉えれば
   苦しみはない
   苦しみとは思いがつくりだす幻想
   苦しみの実体はない
   ただそれを苦しみと思っているだけ
   思い込み
   それが苦しみの実体
   思いが紡ぎ出す幻
   それが苦しみというもの

   『現実を 苦しみとして 捉えれば 苦しみとなる ただの事実が』

                        >>無色透明 より


ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1




   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
| いのちの島=屋久島 |