FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
ビオラ
2006-05-31 Wed 13:08
 ビオラー1

  
   真実を生きる - 1

   どのような状況にあっても、本当に自分の望む生き方をすることが
   できるだろうか。
   環境(まわり)のせいにしたり、他の人のせいにしたりしないで、
   真に自分を生き抜くことができるだろうか。

   本当に心の底から自分の望むように生きる。
   深い深い真実の自分を生きる。
   自分の真の望みを生きる。

   それは、できるだろうか。
   できない理由は、ない。

   環境や他の人のせいにしているのは、まだまだ真に望んでいないからだろうか。
   心の底から自分の願いを生きていないからだろうか。

   身近な人を心配させないために、自分の願いを生きない?
   それが自分にとっても、周りの人にとっても、幸せにつながるだろうか。
   自分の真実を生きないで、人は幸せになることができるだろうか。
   自分が幸せにならないで、周りの人を幸せにすることができるだろうか。

   自分の真実の願いを生きる。
   自分の心の奥深くにある真の願いを生きる。
   自分が自分の真実を生きる時、初めて他の人の真実もわかる。
   深い深い真の願いを生きる時、初めて他の人の真の願いもわかる。

   人生の密度というのは、いかに自分の深い願いを生きるかにかかっている。
   表面的な意識で生きれば、密度の薄い人生になってしまう。
   別にそれでも悪くはないが、人生の深さは体験できない。
   人生の密度は、いかに深い自分を生きるか。
   いかに真実の自分を生きるか。
   いかに深い深い真の願いを生きるかにかかっている。

   他の人がわかってくれるか、くれないかは問題ではない。
   いかに自分の真実を生きるか、それだけが問題なのだ。
   どれだけ他の人が評価してくれても、自分の納得のいかない人生では、
   ほとんど何の意味もない。
   自分の内なる真実を生きる時にだけ、真に満たされる。
   いかに自分の真実を生きるか、ただそれだけなのだ。
   
                      >>無色透明 より    全文は >>こちら


ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1




   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:6 | トラックバック:0
| いのちの島=屋久島 |