FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
オオゴカヨウオウレン
2006-05-28 Sun 14:02
   魂 - 1

   魂サイドから人間を見ると、どんな感じがするだろうか。
   人間の視点からアリンコを見ると、とても小さく見える。
   しゃがまなければ見えないくらいだ。
   人間から見ると、アリンコはほとんど二次元の平面を歩いているかのように見える。
   人間の感覚とは、まったく次元が異なる感じがする。
   人間と魂との関係も、こんな感じではないだろうか。

   人間の視点からアリンコを見ていると、行く手に障害物があるのがわかる。
   でも、アリンコにはわからない。
   そのまま行ったら危ないよ、と叫びたくなる。
   でも、アリンコにはその声は届かない。
   アリンコは自分のペースで進んでいく。
   そして、その障害物の前で立ち止まり、躊躇している。
   行くべきか、行かざるべきか・・・

   人間の視点から見ていると、そこは右へ行った方がいいよ、と言いたくなる。
   でも、アリンコは左へ行ってしまう。
   魂も同じような思いで人間を眺めているのだろうか。
   そっちへ行ったら苦労するのがわかっていても、どうすることもできない。
   テレパシーを送っても、人間はキャッチしてくれない。

   たまには、なんとなく閃いて右へ行くこともある。
   しかし、物質次元にのめり込んでいると、魂の信号をキャッチすることはできない。
   ただ目先の欲に囚われ、物質的富を追い求める。
   スピリチュアルに生きることは忘却の彼方。
   この世に生まれてきた目的も思い出せない。

   魂サイドから見ると、人間は物質次元の代理人。
   魂代表。
   魂の全権を委任され、この物質次元で魂の表現をするために派遣される。
   天にあるごとく、地にも調和された世界を創り出すのだ。
   そのためには、まず物質次元の体験をして、物質の特徴を学ぶ必要がある。
   ところが、その過程で物質次元の魅力に囚われてしまうのだ。
   思わぬ肉体の快楽に溺れてしまう。
   物質の悦楽に酔ってしまうのだ。
   肉体も物質も悪くはない。
   いや、最高かもしれない。
   スピリチュアルよりも波動が遅い分、確実に実感できる。
   そのため、物質世界を体験している途中で、物質世界にはまってしまうのだ。

   まあ、いいか。
   と、魂は思っているだろうか?
   少なくとも短期的な視点で見ていないことだけは確かだ。
   何回も何回も輪廻転生させて、物質次元を学んでいる。
   アリンコを取っ替え引っ替えして、この世というものを学習しているのだ。
   そして、やがてこの世に地上天国を創りたいと思っている。
   天を写したような地上にしたいのだ。
   つまり、宇宙の源の意志を反映したような地上だ。

   ただ、そこに至るまでに紆余曲折がある。
   三次元のドラマが展開している。
   魂代表を何回送っても、物質の魅力に呑み込まれてしまう。
   それでも別のアリンコを創造して送り出すのが魂の役目だ。
   これまでの地上での経験を踏まえ、更に強力バージョンにして地上に送り出す。
   それを延々と魂はやってきた。

   そして、最後の切り札が、あなたかもしれない。
   魂の最終代表バージョン。
   これで決めてくれよ!
   魂の声が聞こえる。
                     (明日に続きます)

                       >>無色透明 より    全文は >>こちら


オオゴカヨウオウレンー03

 

↓ポチっ☆”っとクリック ランキングにご協力くださるとうれしいです☆ <(_ _)>
ブログタグ1

ブログランキングに登録しています。
みなさまの一日1クリックに感謝です♪<(_ _)>


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
| いのちの島=屋久島 |